takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

扨首子(さすご)林道(作業路扨首子路線)探索3  

さて、半原中央林道の終点まで徒歩ではあるものの、繋がっているという確たる証拠を手に入れ、ひとまずその実態に達成感を抱きながらも、扨首子林道の途中分岐がどうしても気になり、分岐まで下る事にします。
Resize_IMG_5472.jpg

半原きずなの森と彫られた看板のある分岐まで下ってきました。
Resize_IMG_5529.jpg

秋葉山(あきはさん)・仏果山(ぶっかさん)と書かれた方向に進んでみます。
Resize_IMG_5453.jpg

数10m進むと分岐が見えてきました。
Resize_IMG_5530.jpg

道標には、今来た道の方向は上細野・国道412と書かれています。
ここにも細野造林組合の管理番号が書かれた杭がありました。
Resize_IMG_5531.jpg

分岐の右手が仏果山・秋葉山方面になるようです。
Resize_IMG_5533.jpg

ここから道幅はかなり狭くなっています。
Resize_IMG_5532.jpg

しかもかなりの急勾配・・・
Resize_IMG_5535.jpg

勾配に加えて、太い木の根が道を横断していたり、50cmくらいの段差があり、バイクで行けるような道ではありません。
Resize_IMG_5537.jpg

5mほど登ってみましたが、たった5mでこの高さです。
Resize_IMG_5538.jpg

ここは諦めて、分岐を真っ直ぐに進む道を行く事にしました。
Resize_IMG_5539.jpg

この先はどこまで行けるんでしょうか。
Resize_IMG_5540.jpg

少し走ったところで落葉や枝などが散乱しており、もはや踏み跡すら見えなくなってきました。
Resize_IMG_5541.jpg

何となく薄い踏み跡を辿ると、倒木が道を塞いでいました。
Resize_IMG_5542.jpg

写真では細い木に見えますが、実際は意外と太い木で、しかも左側にあった鹿柵は手前で切れており、すぐ崖という状況だったので、ここは無理をせず引き返す事に。
Resize_IMG_5543.jpg

道はまだ先に続いているだけに残念です。
Resize_IMG_5545.jpg

振り返って撮影です。
ここは、扨首子林道の途中の枯れ沢で休憩した所を真上に上がった付近に位置します。
Resize_IMG_5544.jpg

扨首子林道途中分岐からのルートです。


今来た道を戻ります。
Resize_IMG_5548.jpg

確か、佐久間東幹線390号鉄塔はこの急斜面の上辺りに位置するはず。
Resize_IMG_5546.jpg

写真では見にくいですがありました!佐久間東幹線390号鉄塔です。
半原中央林道からは、反対側から見えていた鉄塔です。
Resize_IMG_5547.jpg

先程の仏果山・秋葉山登山道入口の分岐まで戻ってきました。
ここから扨首子林道を下ります。
Resize_IMG_5529.jpg

下り始めた際にふと上を見ると、隣山の尾根付近にガードレールが見えました。
熊谷沢林道のガードレールだと思われます。あんなに高い所を通っているとは思いませんでした。
Resize_IMG_5551.jpg

起点ゲートまで戻ってきました。
今回の扨首子林道の調査目的であるトンネルの存在は確認出来ませんでしたが、登山道で扨首子林道と半原中央林道が繋がっているという事実が分かり、次なる林道を目指す事にします!
Resize_IMG_5552.jpg
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/01 Sat. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

扨首子(さすご)林道(作業路扨首子路線)探索2  

扨首子林道の終点まできましたが、終点手前の法面沿いに半原中央林道にアプローチするであろう道を発見!
Resize_IMG_5474.jpg

ぜひその存在を確かめるべく、セローとしばしお別れし、この階段を降りていきます。
Resize_IMG_5475.jpg

少し降りた所で振り返ってみます。法面が切れた所から階段になっています。
Resize_IMG_5476.jpg

その階段は沢に向かって降りています。
Resize_IMG_5477.jpg

タイヤが捨てられていました。不法投棄やめてほしいものです!
Resize_IMG_5478.jpg

今来た道を振り返ったところです。
急勾配ですが、しっかり組まれた階段は歩きやすいです。
Resize_IMG_5479.jpg

歩みを進めると枯れ沢に出ました。
Resize_IMG_5480.jpg

枯れ沢沿いにあった木にはしっかりとピンクリボンが括り付けてあります。
Resize_IMG_5483.jpg

この沢は長い期間枯れているのでしょう。
Resize_IMG_5484.jpg

沢の先にも道は続いています。
Resize_IMG_5485.jpg

落葉で踏み跡は薄いですが、木で整備された道なので迷う事なく、そのまま進みます。
Resize_IMG_5487.jpg

下った分、今度は登ります。
Resize_IMG_5488.jpg

途中で倒れかかった木がありましたが、まいて通過します。
Resize_IMG_5489.jpg

倒木を過ぎると急勾配のジグザグ道になりました。
Resize_IMG_5490.jpg

ジグザグ道を登ると再び倒木が...。これもまいて難なくクリア。
Resize_IMG_5491.jpg

振り返ったところです。
Resize_IMG_5492.jpg

扨首子林道終点からここまでは沢下り&沢登りの道なので景観のいい場所はなく、唯一半原の街並みを見下ろせる場所が一カ所だけありました。
Resize_IMG_5493.jpg

少し歩いたところで道が左右に分岐していました。
Resize_IMG_5494.jpg

ここでGPSを確認すると、左の登る道はこの先にある鉄塔までのルートのようです。
Resize_IMG_5495.jpg

手元の地図では、この分岐を右に少し下れば半原中央林道の終点に出れそうです。
Resize_IMG_5496.jpg

そのまま行くと左上には佐久間東幹線389号鉄塔が見えました。この鉄塔は2014.02.01 扨首子林道(作業路扨首子路線)探索1で紹介した扨首子林道の途中で見えた鉄塔です。
Resize_IMG_5497.jpg

”89”という表示しかなかったので、見た時は89号鉄塔かと思ったのですが、帰宅し調べてみると佐久間東幹線389号鉄塔だという事が分かりました。私は鉄塔マニアではないので詳しい事はよく分かりませんが、3桁目の表示はしないルールになっているのでしょうか。
Resize_IMG_5498.jpg

そのまま少し歩いていくと・・・
Resize_IMG_5499.jpg

おっ!あの標識は!!!
Resize_IMG_5500.jpg

ついに来ました!半原中央林道の終点です!!
これは今来た道を振り返って撮影しました。
Resize_IMG_5501.jpg

扨首子林道終点〜半原中央林道終点までのルートです。


しかしここで林道を終えてしまった理由は何故でしょうか。扨首子林道終点からここまではたったの15分程度(撮影時間含む)だった事もあり、こんなに近い所まで伸ばしておいてもったいないなぁと思います。
延長1708mじゃなくて1908mだったら、もしかしたら扨首子林道まで届いていたかもしれません(笑)
Resize_IMG_5502.jpg

半原中央林道の終点の景色です。冬なので枯れ草でいっぱいでした。
Resize_IMG_5504.jpg

休憩もそこそこに、今来た道を戻ります。
Resize_IMG_5503.jpg

半原中央林道の終点付近からは先程登ってきた扨首子林道の上に位置する佐久間東幹線390号鉄塔が見えました。
Resize_IMG_5505.jpg

佐久間東幹線389号鉄塔への鉄塔ルート分岐まで戻ってきました。せっかくなので389号鉄塔を見に行く為、右に進みます。
Resize_IMG_5507.jpg

このような道を進みます。
Resize_IMG_5508.jpg

少し歩くと開けてきた所に佐久間東幹線389号鉄塔がありました。
奥に見える鉄塔は、佐久間東幹線388号です。
Resize_IMG_5516.jpg

扨首子林道終点〜半原中央林道終点ルート途中から分岐する佐久間東幹線389号鉄塔までのルートです。


鉄塔から振り返ると景色が広がっていました。
手前は半原の街並みです。奥の方に都心もうっすらと見えました。
Resize_IMG_5509.jpg

橋本新都心も見えます。
Resize_IMG_5510.jpg

田代方面です。
Resize_IMG_5511.jpg

佐久間東幹線390号鉄塔の下には、先程走ってきた扨首子林道のガードレールも見えます。
さっきは向こう側からここを見ていました。
Resize_IMG_5512.jpg

ちょうどあのガードレールの辺りからここが見えていました。
Resize_IMG_5514.jpg

鉄塔の真下に入ります。人間が造った幾何学模様です。
Resize_IMG_5518.jpg

鉄塔のアースです。高圧線なのでやっぱりアース線も太いですね。
Resize_IMG_5523.jpg

鉄塔の柱には塗装した際の記録が手書きで記載されていました。ペックコートMIOという防錆塗料で塗ったようです。
Resize_IMG_5524.jpg

この鉄塔から北西に延びる佐久間東幹線388号鉄塔を見ていると・・・
Resize_IMG_5520.jpg

鉄塔の下に半原中央林道が見えました。と、同時に姿は見えませんが人の声が聞こえてきました。
Resize_IMG_5521.jpg

狩猟のおっちゃん達だと誤射される危険があるので、足早にセローを残した扨首子林道の終点まで戻ってきました。
Resize_IMG_5525.jpg

扨首子林道を下ろうとした際に、終点から僅か10mほどの所に作業道がありました。
Resize_IMG_5526.jpg

佐久間東幹線390号鉄塔へ続くルートのようです。
Resize_IMG_5527.jpg

行ってもよかったのですが、扨首子林道を登ってくる時に見つけた分岐が気になっていたのでここはパスし、下る事にしました。
Resize_IMG_5528.jpg

2014.02.01 扨首子林道(作業路扨首子路線)探索3へ続く

Posted on 2014/02/01 Sat. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

扨首子(さすご)林道(作業路扨首子路線)探索1  

今日は以前から気になっていた愛川町半原にある扨首子林道(作業路扨首子路線)を探索することに。
何が気になっていたのかというと、国土地理院の地図では扨首子林道と半原中央林道がトンネルで繋がっているように描かれているが、その存在を示すブログや記録は存在しない。これは是非調査しなければと思い、国道412号線を宮が瀬方面に向けて走りました。
Resize_ピクチャ 2

まずは国道412号線を厚木から宮ヶ瀬方面へ向かい、田代運動公園を右手に過ぎてトンネルをくぐるとすぐに画像のような信号のある交差点があります。ここを左折します。
Resize_IMG_5412.jpg

いきなり10%の坂が待っています。
Resize_IMG_5413.jpg

カーブを過ぎるとこのようなストレートな道になります。前方に見えるのは秋葉山でしょうか。
Resize_IMG_5414.jpg

道なりに行くと右カーブに差し掛かった所に塚原橋があります。
Resize_IMG_5415.jpg

この塚原橋を渡った所の交差点を左折します。
Resize_IMG_5416.jpg

するとすぐにこのような丁字路があるので、ここも左折します。
Resize_IMG_5417.jpg

丁字路を左折するとすぐにまた丁字路が現れます。

Resize_IMG_5418.jpg

左手方向は、言わずと知れた半原越えへと続く法論堂林道と南山林道となります。
Resize_IMG_5419.jpg

・・・が、以前すでに調査済みなので、今日は真っ直ぐ進みます。
Resize_IMG_5420.jpg

緩やかな坂を登るとこのような分岐に出ました。
Resize_IMG_5421.jpg

左折方向には、秋葉山、仏果山と書かれた道標があります。
Resize_IMG_5423.jpg

扨首子林道に行くには、この分岐を左折します。
Resize_IMG_5424.jpg

左折するとすぐ右側では重機で何か掘削していました。
Resize_IMG_5426.jpg

するとすぐにこのようなゲートが現れました。
Resize_IMG_5425.jpg

国道412号線〜扨首子林道起点までのルートです。


ゲートの左側はスカスカ・・・
Resize_IMG_5427.jpg

右側もスカスカ・・・
あまりゲートとしての意味がありません。
Resize_IMG_5428.jpg

しかし、この林道は珍しく交通規制の標識がありません。
又、ここが扨首子林道だという看板もありませんでした。
Resize_IMG_5429.jpg

ので、左側から躊躇なく失礼させて頂きました。この先はあくまでも自己責任という事で。。。
Resize_IMG_5430.jpg

この林道は、杉林に囲まれていて起点から鬱蒼とした感じです。
路面はコンクリート舗装です。所々に苔が生えていました。
Resize_IMG_5431.jpg

斜度は15%程度でしょうか。このような上り坂を登っていきます。
Resize_IMG_5432.jpg

えっ!?ちょうど狩猟の期間じゃん!
まぁ、こっちはバイクだし、エンジン音で獣ではない事くらい分かるでしょう(汗)
Resize_IMG_5433.jpg

法面の苔の生え方がこの道の寂しさを物語っていますね。
路面には落葉こそあるものの、走るには申し分ない程度です。
Resize_IMG_5434.jpg

民家が近い為か、右側には鹿柵が設置してありました。
Resize_IMG_5435.jpg

走っていると、左側に細野造林組合の森林管理の番号が記載された杭がありました。
ここが扨首子林道だという事を物語っています。
Resize_IMG_5436.jpg

少し走ると右カーブした所に沢がありましたが、枯れ沢のようです。
Resize_IMG_5437.jpg

カーブの手前は湿っていて、落葉で滑りやすい状態でした。
Resize_IMG_5438.jpg

沢に掛かる橋を渡った所で小休止。
Resize_IMG_5439.jpg

左側には車1台分程度のスペースがありました。
Resize_IMG_5440.jpg

そのスペースの奥は枯れ草が塊のような状態になっていました。
Resize_IMG_5441.jpg

ふと見上げると法面の上には先程の細野造林組合と書かれた看板がありました。
Resize_IMG_5442.jpg

材木育種見本林 平成3年4月と書かれています。詳しくは分かりませんが、この扨首子林道は森林林業に一躍かっているのでしょうか。
Resize_IMG_5443.jpg

休憩もそこそこに先に進みます。
Resize_IMG_5444.jpg

すぐに「半原きずなの森」と書かれた看板の奥に、鋭角に登る分岐道がありました。
地図で確認すると、鉄塔ルート
Resize_IMG_5445.jpg

Resize_IMG_5446.jpg

振り返ったところです。奥に踏み跡が続いています。
Resize_IMG_5447.jpg

この分岐の傍らに、作業路扨首子路線と書かれた標柱が立っていました。
Resize_IMG_5449.jpg

この分岐の先は秋葉山や仏果山に向かうようです。秋葉山が近そうなので後で行ってみる事に。
Resize_IMG_5450.jpg

楽しそうな道が続いていますね。
Resize_IMG_5453.jpg

でも、ここは焦らずひとまず扨首子林道の終点を目指す事にします。
Resize_IMG_5454.jpg

再び扨首子林道を登っていきます。
道が左にカーブしたところで山の北側に位置するようで日差しがなくなってしまいました。
Resize_IMG_5455.jpg

すると隣の山の方に佐久間東幹線389号鉄塔とその下に半原中央林道の終点付近と思われるガードレールが見えてきました。
Resize_IMG_5456.jpg

あんなに近い所を走っているのに、この扨首子林道とは林道同士で繋がっていません。
Resize_IMG_5457.jpg

あの半原中央林道が繋がっていればいいのになぁ...などと考えながら走っていると周囲にはススキが多くなってきました。
Resize_IMG_5458.jpg

するとすぐに舗装路が終わり、ダートとなりました。
Resize_IMG_5459.jpg

ダブルトラックで道幅もあるのですが...
Resize_IMG_5460.jpg

落葉が多い上に、ここは山の北側の為、日差しが当たらず落葉が凍っています。
Resize_IMG_5461.jpg

ここでガードレールが途切れてしまいました。
路面は落葉&凍結の為、慎重に走行します。
Resize_IMG_5462.jpg

少し走ると土砂崩れにより片側が盛り上がっていました。
すぐ右は崖。落ちないように...
Resize_IMG_5463.jpg

土砂崩れ現場を過ぎた所はすぐに終点でした。
Resize_IMG_5465.jpg

終点手前には2本のポールが立っていました。
Resize_IMG_5466.jpg

扨首子林道起点〜終点までのルートです。

もう少し先まで行ってみましたが...
Resize_IMG_5467.jpg

終点の先にはトンネルどころか道らしきものは何も無く、急斜面が続いているだけでした。
国土地理院の地図ではこの先は右にカーブし、右下にある沢を渡った先にトンネルがあり、その先は半原中央林道に繋がっていますが、実際は違いました。
Resize_IMG_5469.jpg

実際は、マピオンの地図にあるように、この地点で扨首子林道は終わっています。
Resize_ピクチャ 3

終点から右側を見てもこのような木々に囲まれていて半原中央林道は見えませんでした。
この林道を造る当初は扨首子林道と半原中央林道は繋げる計画だったのでしょうか。にしても、この木々のすぐ先には半原中央林道の終点があるはず。
Resize_IMG_5473.jpg

今度は、終点から左側の斜面を見上げてみます。
実は地図ではこの斜面の先に熊谷沢林道の終点がすぐそこまできています。
Resize_IMG_5471.jpg

残念ながらこの林道は熊谷沢林道にも先ほど見えた半原中央林道にも繋がっていません。直線距離では、どちらの林道にも僅か200m程度を残した所まで来てるのに何故繋げなかったのか...。
そもそも繋げる計画だったのか?疑問だけが残ります。

せっかくここまで来たので半原中央林道の存在だけでも確認したいと思い、この終点からアプローチ出来る道はないだろうかと、終点から振り返って撮影していると・・・
ん?ピンクリボン!!?
Resize_IMG_5472.jpg

やっぱり・・・ありました!
Resize_IMG_5474.jpg

恐らくこの階段の先が先ほど見えた半原中央林道に繋がっているのでしょう。
まだ時刻も10時半を回ったところ。ここはぜひ確認しなくては!
Resize_IMG_5475.jpg

2014.02.01 扨首子林道(作業路扨首子路線)探索2へ続く

Posted on 2014/02/01 Sat. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。