takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

富士山下道オンリーツーその1  

20150629194732e9d.jpg

〜8台で行く足柄峠〜


探索日:2015年06月13日


今回は、同じ会社の先輩方と年に数回開催されるツーリングに参加する事に。
梅雨も真っ只中の6月13日。天気もまずまずな感じ。

てっきり今回の旅案内人は、以前の南足柄周辺林道探索ツーで決死の滝壺ダイブを披露してくれたY先輩かと思っていたのでな〜んにも考えていなかったのですが、前日の軽い打合せで、なんとワタクシに任せてあるという主旨だったようで…急遽(!?)旅案内人を務めさせて頂く事に(-。-;

Y先輩のアドバイスもあり、得意!?の足柄近辺を散策して、富士山の白糸の滝まで行ってみようかという流れになりました。

そんな訳で、7時にいつも定番の会社の裏で集合です。
20150629184242e9c.jpg


M先輩のXJR1300。
あまりエンジンを掛けてなかったらしく、バッテリーが死んだ事もあったとか。
乗らないなら頂きますよー(^^)
20150629184243406.jpg


そして、南足柄周辺林道探索ツー6で数々の死闘を繰り広げたY先輩のトリッカー。
なんとあの時の滝壺修業の痛々しい血痕(泥痕!?)を残したままの参加です。決死のダイブを試みるも、あえなくビッグロックの手前に鎮座し、戦々恐々としながらも無事下山を果たしたまさに“九死に一生を得た”ツワモノです(^^;)
20150629184245b42.jpg


E先輩のバンディット1200。
黒が映えるボディには、ビックブロックが積まれています。ダブルバイザーが付いてなかなかカッコいいモデルです。
無類の単車好きで、以前はYBR250を乗られていました。
YBRはY先輩に譲りましたが、今となってはY先輩からも手離されてしまいましたね…。
201506291842463b3.jpg


H先輩のDトラッカー。
モタードで、私と同じRSVマフラーを装着されています。先日、サイレンサーのグラスウールを交換されたらしく、いい音を放っていました。本人曰く、“うるさいので近所迷惑”だそうですが…。
20150629184248a53.jpg


そして、Y先輩のバリオス250。
同じY先輩でも、こちらはエイトプリンス(八王子)のY先輩。格が違いますね(笑)
最近はご無沙汰しちゃってますが、以前の厳冬の奥多摩周辺林道ツーリングでお世話になりました。他にも沢山お世話になっておりますが…(^^;)
20150629184314a2c.jpg


そしてそして、N先輩のCB1300。
往年のCB。
確かこのCBは2代目でしたね。
100馬力!どんな加速を魅せてくれるのでしょうか(^^)
201506291843156eb.jpg


皆さん、早朝にも関わらず元気いっぱいの下道ツー。
リッターバイクには物足りないかな…。
20150629184317984.jpg


Y先輩の視線の先には“さとしゃぶ食べ放題”(笑)
先輩、まだ開店してないですってwww
20150629184318f90.jpg


ひぃ〜ふぅ〜みぃ〜…全員いますね!
今日は私が先頭なので、ハグレ者が居ないかなんて気になっちゃいます。
遠足は、帰宅する迄が遠足ですからね。ちゃんとお家に帰ってもらわないと(^^;)
20150629191951a9c.jpg


さて、8人目のゲストさんをお迎えにファミマ土屋橋店へやってきました。
2015062918434774f.jpg


Y先輩の3代目CB1300スーパーボルドール。
…ん?またY先輩!?こちらはフラットマウンド(平塚)のY先輩です。
今年のゴールデンウイーク前に新車で買われたそうでピカピカでした。
スーパーボルドールは、デザインが変わってカウルやサイドカバー、更にマフラーも小型化したことでよりシャープなデザインになりましたね。速そうです。いや、速いんだけど…!
2015062918434638b.jpg


8人の編隊は開成町へと入り…
20150629184349c4e.jpg


南足柄へやってきました。
20150629184350416.jpg


まずは足柄峠を目指します。
20150629184352495.jpg


リッターバイクには、小刻みなブラインドカーブはキツいようです。
201506291844138e3.jpg


足柄城址へ到着しました。
201506291844161d2.jpg


階段を上がり、展望エリアで休憩です。
20150629184417f06.jpg


澄んでいれば、ここからの富士山は裾野から綺麗に見えるんですが、ご覧の通り全く見えませんでした。
2015062918441958a.jpg


休憩を済ませ、お次は東名高速の足柄SAへ。
奥に続く道は、金時山へ続くダートの尾根道となりますが、今日はガマン(^^;)
201506291844412dd.jpg


県道78号線を下っていきます。
201506291844428ec.jpg


ここを鋭角に左折すれば、竹ノ下金時林道がありますが…今日はガマン(>_<)
20150629184444678.jpg


そんな訳で、あっという間に足柄SAに到着しました。
ここで、オフ車乗りには堪らないモノ(?)がっ!!
20150629184445e37.jpg
見逃せない足柄SAのモノとは!?
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/30 Tue. 19:04 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

木漏れ陽の西山林道を押し歩く  

20150629092446f58.jpg

〜自然溢れる西山林道へ〜


探索日:2015年06月07日


上秦野林道の崩落を確認後、水無堀山林道を経て西山林道へ辿り着きました。
ここからは、ハイカーの多い西山林道を押し歩きます。
20150626000042f3e.jpg


すぐに森の中の探索となります。
小鳥のさえずりが新緑の中に響き渡っています。
20150626000140f8f.jpg


排土板が幾つも設置されていました。
以前、まだ自由に入れた時にコイツにハンドルを取られて危うく転倒しそうになった事がありました…。
20150626000144d90.jpg


森林の中ですが、見通しの効くコーナーもあります。
20150626000144e25.jpg


緑がだいぶ茂ってきましたね。
20150626000145cc7.jpg


一部、舗装されている所もあります。
20150626000234e13.jpg


こちらのコーナーは、以前来た時は路肩が崩落していたのですが、ガードレールと法面処理がされ、綺麗になっていました。
20150626000236e4a.jpg


静かな林道の傍には、こんなお地蔵様もあります。
道中の旅人を優しく見守ってくれています。
20150626000238167.jpg


延々と続くフラットダート。
いやぁ〜走りたい!
でも、ハイカーが多いので、ここはガマン。まぁ、たまにはこうやって丹沢の秘境を練り歩くのもいいですね(^^)
20150626000320fb2.jpg


丹沢大山国定公園の石碑がありました。
この辺りで、鍋割山へ行ってきたハイカーの方からお声を掛けて頂き、一緒に話しながら林道を歩いてきました。

その方は御年80歳にして、荒天以外は毎週鍋割山へ登っているそうです。以前、オフ車に乗られていたそうで、この界隈の林道は総ナメしていたとの事。
「今のオフローダーは公に走れる所が少なくなっちゃって可哀想だね」なんて仰ってました。
20150626000322513.jpg


石碑を過ぎると、すぐに昨年設置されたゲートが現れます。
20150626000323bb1.jpg


ゲートの手前には、大倉バス停へ続くダートが…。
20150626000325ea2.jpg


バス停までは徒歩20分で行けるそうです。
20150626103513c61.jpg


西山林道のゲートです。
西山林道は、2014年4月に通行止めとなってしまいました。
20150626103516b20.jpg


ん〜たまにはこんなツーもいいかな。
エンジンを掛けなければ、自然界の音に色々気付ける事も多かったですしね。
まぁ、今やハイカー専用道と化してしまったのもあるし、押し歩いたのも全線に渡って緩やかな下り勾配だったのもあった訳ですが(^^;)
20150626103520102.jpg
そんな訳で、今回は“禁断の世界”をリポートしましたが、これにて終了(^^)
この後、秦野市街を抜けて帰宅しました。


〜完〜

Posted on 2015/06/29 Mon. 10:01 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

水無堀山林道で見る四十八瀬川の清流  

20150627103238597.jpg

〜四十八瀬川のせせらぎ〜


探索日:2015年06月07日


上秦野林道の落石により探索を余儀無くされてしまったので、水無堀山林道を探索する事に。
ここを左折して水無堀山林道を進みます。
ここからはハイカーも多くなる為、エンジンは掛けずにセロー君を押して歩きます。
20150625235931d5c.jpg


こんな感じのフラットダートを進みます。
20150625235932110.jpg


すぐに勘七橋(かんしちばし)が現れました。
20150625235934476.jpg


勘七橋の標識です。
20150625235937fa4.jpg


勘七橋が掛かる川は、四十八瀬川です。
四十八瀬川は、鍋割山稜を源にして、西山林道に沿って南流していきます。
20150625235937285.jpg


勘七橋を渡った所に、“平成の森”と彫られた碑があり、その脇に鍋割山への登山道が続いています。
この先には、旧登山訓練所があるようです。
20150626000003152.jpg


勘七橋を渡ると林道はすぐに右カーブとなり、その先はストレートとなります。
201506260000030d0.jpg


程なく、ゲートが現れました。
2015062600000551d.jpg


何か見られてるような気がするのは気のせいでしょうか。。。
201506260000065d2.jpg


ゲートを抜けると…
20150626000007ede.jpg


すぐに四叉路に出ました。
ここは、水無堀山林道と西山林道が交差しています。
写真左側のゲートがそのまま水無堀山林道。右側は、西山林道です。
20150626000038293.jpg


振り返れば、先程抜けてきた水無堀山林道のゲートと、右側に鍋割山へ続く西山林道が見えます。
20150626000038820.jpg


西山林道は、2014年3月までは規制がなく、この界隈では唯一、一般車両が乗入れ出来た貴重な林道でした。
以前は、この先の二俣まで車で行けたんですけどね。
20150626000039960.jpg


ここからは、水無堀山林道の後半部分となります。
20150626000042452.jpg


…が、今日は時間があまりないので西山林道を下る事に。
20150626000042f3e.jpg
あくまで、エンジンを掛けずに押し歩きですが…。

Posted on 2015/06/27 Sat. 14:06 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

上秦野林道の現状  

201506261040022b4.jpg

〜ハイカーの連続〜


探索日:2015年06月07日


三廻部林道の終点ゲートを抜けるとすぐに上秦野林道の起点が現れます。
青いフィットの裏に上秦野林道の起点看板があるのですが、ハイカーにジロジロ見られてるので撮りづらくてパスしてしまいました(>_<)
ここを左折して上秦野林道を登って行きます。
20150624143007fd2.jpg


進んでいくと、ハイカー達が歩いています。
超低速で挨拶を交わしながら登って行きます。
20150625235422b89.jpg


ここにもハイカーが…。
2015062523542955a.jpg


今日は天気が良い為、かなりの数のハイカーがいますね。
2015062523543056b.jpg


ゲート前の広場にもハイカーの車がびっしりと置かれていました。
20150625235430e41.jpg


上秦野林道の起点ゲートです。
ここは以前来た時に、ゲート前に居たら警察車両が数台登ってきて、このゲートを開けて遭難者の救出に向かうとの事でしたが、羨ましそうに閉めゆくゲートを見ていたら「閉めちゃうよ。早くして!」なんて超嬉しい言葉を掛けてもらい、なんと!!警察車両先導で、まるで箱根駅伝の如く、一緒についていきましたっけ(^^;)

本当についていって大丈夫なのか尋ねたら、「勝手にして!どうせ閉めたって走るんでしょ?そのバイク、ドコでも走れていいね。」なんて、皮肉とも思えるようなセリフを放ってましたねwww
20150625235431551.jpg


〜公認の上秦野林道へ〜


…という事で、公認!?自己責任!?の上秦野林道へ!
20150625235544644.jpg


ゲートからすぐにダートが始まります。
20150625235545f07.jpg


こんな感じのダートを登って行きます。
2015062523554505e.jpg


所々ガレている箇所もあり、楽しめます。
201506252355488a2.jpg


左コーナーの手前でコンクリ舗装に変わりました。
20150625235549ce6.jpg


左コーナーから水無堀山林道が分岐しています。
20150625235629912.jpg


上秦野林道はこのままコンクリ舗装を進む方向です。
2015062523562731c.jpg


水無堀山林道はこんな感じのダートです。
201506252356308e2.jpg


この分岐地点には、水無堀山林道の終点標識がありました。
2015062523562988d.jpg


とりあえず、上秦野林道を進んでいくと、再びダートに。
20150625235630b06.jpg


起点から1km地点まで来ました。
20150625235702a94.jpg


気持ち良くダートを登っていくと、再びコンクリ舗装に…(>_<)
201506252357042b7.jpg


すると、笹地の森や鍋割山などへの登山道とエリアマップがありました。
20150625235704b09.jpg


「この先土砂崩落」
まだ撤去してないのか!!?
201506252357064d7.jpg


エリアマップを見ると、この先で「崩落あり通行止」と書かれています。
201506252359055ee.jpg


〜まさか!?の上秦野林道〜


真相を確かめる為、進んでいくと…
20150625235703166.jpg


はい、通行止!
20150625235900f34.jpg


ガードレールまで落石がびっしりとありますね。
これでは歯が立ちません。
20150625235901c10.jpg


落石の上まで登って先を覗いてみます。
まだまだ先が続いているだけに実に惜しい…。
20150625235901e60.jpg


振り返れば、我がセロー君。
この崩落は2015年4月辺りに発生したようで、現在のところ復旧のメドはたっていないようです。
2015062523590479c.jpg


仕方ないので、水無堀山林道の終点地点まで戻ってきました。
20150625235931d5c.jpg
んじゃ、四十八瀬川(しじゅうはっせがわ)の清流でも見に行きますか(^^)

Posted on 2015/06/26 Fri. 11:46 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

三廻部林道支線の恐怖その2  

20150622221740f1f.jpg

〜本当の恐怖〜


探索日:2015年06月07日


三廻部林道の支線に来ました。
鳥獣対策用のフェンス沿いに下っていきます。
2015062414233844f.jpg


斜面が徐々に急になってきました。
20150624142432274.jpg


更に角度のついた急斜面の道を下っていきます。
どこへ続いているんでしょうか…!?
201506241424345bb.jpg


ようやく平な所に抜けました。
ここで、道が分岐しています。
20150624142435951.jpg


左へ続く道。
20150624142506681.jpg


右へ続く道…。
2015062414250867a.jpg


とりあえず右へ進んでいくと…行き止まり!?
20150624142510041.jpg


うっすらと道は続いています。
しかし、ここから再び急斜面を下る事に。
2015062414251431f.jpg


この下は、“崖”というに相応しい斜面です。
落ちたら一溜まりもないですね。
20150624142515512.jpg


いよいよここで終点か!?

…いえいえ、草を掻き分けた先にはうっすらと道は続いてるんですね〜(^^)
2015062414262554f.jpg


倒木が横たわっています。
ここは、急斜面の鋭角コーナーになっていて、この倒木を舐めるようにすぐ先を左側に下っていきます。
20150624142625ccf.jpg


更に下っていくと、路肩が崩落している箇所がっ!!
20150624142622f68.jpg


しかし、案ずる事なかれ。
辛うじて、バイク1台分が通れるスペースは残っています。
20150624142622410.jpg


崩落箇所をクリアすると、今度は右に折れる鋭角コーナーを下っていきます。
この辺りで、「これ、行き止まりだったら俺、戻れるのか?」という不安と恐怖に苛まれてきました。
20150624142623291.jpg


下っていくと…なんと予感は的中!!
20150624142707f33.jpg


道、ないやんけっ!!
2015062414270852f.jpg


目の前は崩落&急過ぎる斜面の恐怖!
道幅がなく、すぐ脇は崖!
地面は超フカフカな砂地獄!
スタンドを支点にしてターンも考えましたが、足場が悪い上に、急斜面で上手くいかず…。
故に、Uターンするスペースなし!
途方に暮れます…。

考える事10秒。
ターンする事10分。
20150624142709f50.jpg


なんとかUターンに成功したものの、急過ぎる斜面&フカフカな砂地に足を取られ、バランスを崩して崩落地へ吸い込まれそうになりました。
気を取り直して、登ろうとするとツーリストを持ってしてもリヤが食いつかず、空転の嵐。
こんな所で体力を消耗してしまった自分が情けない…。
20150624142709b3e.jpg


それもそのはず。
これじゃぁ、無理もないですね。
20150624142710443.jpg


ただ砂を掻くだけで全然進まない…。
20150624142750b54.jpg


そんな時は…彼に頼もう!


・・・・


ドラえも〜〜ん!

ん〜たしかアレがあったような〜

チャラララン♪
2015062417081878e.jpg


ディ〜ア〜ルシ〜
エア〜ゲ〜ジ〜(^^)/


かっき〜太君 、これを使って空気圧を落とすんだ。
20150624170821318.jpg


おぉ〜!なるほど!
ありがとう〜ドラえもん(^^)
2015062414274762e.jpg


とりあえず0.6kまでエアー圧を落としてみると…。
20150624142749620.jpg


は舞い降りた(^^)
201506241427530de.jpg


全然歯が立たなかった砂地もウソのようにスルスルと登っていくではありませんか!
2015062414275423a.jpg


やっぱりツーリストすんげぇ〜やぁ(^^)
20150624142901c98.jpg


〜第二の恐怖〜


安心したのも束の間…。
何とか砂地こそ脱出したものの、その先の排土板周辺が前日の雨でぬかるんでいて、さすがのツーリストも悲鳴を上げていました。
ココでもかなりの体力を消耗するハメに…。
20150624142901a96.jpg


更にその先でも難所は続き…
辛うじて平らな所ま登ってきた時には、全身汗でビッショリ。
堪らず、ジャケットを脱ぎ捨てて(ウソ!)休憩です。
ここにもう1本の支線があったけど…疲れたので今日は勘弁してやろう(^^;)
201506241428596fe.jpg


新秦野線38号鉄塔まで戻ってきました。
201506241429011da.jpg


後はもう今までの急勾配に比べたら屁でもありません。
無事に三廻部林道まで戻ってきました。
後悔するも、なんだかんだ脱出する方法や対策を練ってトライするのは楽しいですね。
いやぁ〜これだから支線探索はやめられません(^^;)
201506241429019aa.jpg


三廻部林道を進むと、ここにも支線がありました。
20150624142936cdc.jpg


支線の近くからは、この林道から唯一見る事が出来る秦野市街の景色が広がっていました。
20150624142934705.jpg


起点から3km地点の標識がありました。
201506241429375bb.jpg


標識を過ぎるとすぐに終点ゲートが見えてきました。
20150624142939a13.jpg


終点ゲートです。
ここで疑問に思ったそこのアナタ!大したモンです。
三廻部林道は延長6630mだと言ったのに、3kmちょっとで終点ゲート!?
201506241429401dc.jpg


そうなんです。
三廻部林道の秦野市側半分程は、通行規制がなく通れるんです。
その証拠に、ゲートを抜けた所にハイカーの車が停まっていました。
20150624143005c00.jpg


すぐに上秦野林道との分岐が現れます。
ここは、いつも丹沢山塊へのハイカーの車が沢山停まっています。
三廻部林道はこのまま右手に2km程下り、その先は源蔵畑林道へと接続され、みくるべ病院の脇を過ぎていきます。
20150624143007fd2.jpg
今回はせっかくなので以前発生した上秦野林道の崩落地点がどうなっているか確認しに行く為、上秦野林道を進む事に(^^)
さぁ!どんな光景が広がっているのでしょうか。

Posted on 2015/06/25 Thu. 15:09 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

三廻部林道支線の恐怖その1  

20150622221740f1f.jpg

〜三廻部に至る路〜


探索日:5015年06月07日


松田山の中央林道を走り抜け、国道246号線へ出ました。
なんと、三廻部(みくるべ)林道に支線が出来た!という情報を耳にしたので、行って見る事に(^^)

一路、国道246号線を厚木方面へ進路を取り、寄(やどりき)入口交差点までやってきました。ここを左折して県道710号線で三廻部林道を目指します。
20150624141815459.jpg


県道710号線をぐんぐん登っていき…
20150624141817cc8.jpg


みやま運動広場を過ぎると、左手に中津川の清流が見えてきます。
201506241418245a4.jpg


ここは、夏になるとバーベキューをしている人たちをよく見かけます。
201506241418242dc.jpg


三廻部林道の入口へやってきました。
20150624141849654.jpg


三廻部林道は、延長6630mの全線舗装林道です。
2015062414185598d.jpg


ゲートの前には、不法投棄監視用のカメラが設置されています。
20150624141853b71.jpg


〜禁断の世界へ〜


自己責任で入林すると、そこは新緑の世界。
しかし、前日の雨で路面は至る所が濡れていました。
201506241418558f0.jpg


ゲートから約500mの所に、鋭角に登って行く支線を発見!
まさかここが新たに出来た支線か!!?
20150624141919c39.jpg


いや、かなり前から存在していそうな雰囲気です。
ここではありませんね。でも、せっかくなので先の様子を見に行く為に、急勾配を登って行きます。
20150624141921f0f.jpg


鹿柵のフェンスが斜面に沿って走っていましたが、支線に差し掛かる扉は壊れてありませんでした。
20150624141923fee.jpg


更に物凄い急勾配を登っていくと、直角カーブの先に茶畑が見えました。
2015062414192290d.jpg


急斜面に広がる一面の茶畑。
見事ですね。
20150624141924d66.jpg


更に更に物凄い急勾配を登っていきます。
先程の鹿柵フェンスの先は…いよいよ終点か!?
2015062414195103e.jpg


終点です。
…が、フェンスに取り付けられた半壊した扉が開いていました。
20150624141956163.jpg


先を覗くと、急斜面に続く踏み跡がうっすらと残っていました。ハイカーのものでしょうか。
20150624141957759.jpg


6月だというのに、かなり汗だくです。
メッシュジャケットが欲しい今日この頃…。
休憩もそこそこに、“物凄い急勾配”を下っていきます。
201506241420000fc.jpg


リヤタイヤをロックさせながら三廻部林道へ戻ってきました。
20150624142020ee3.jpg


通年で一般車両通行禁止の割りには、それ程荒れている訳でもなく、普通に走れます。
しかし、油断するとこぶし大程の石が落ちているので、スピードの出し過ぎには要注意です。
201506241420218d6.jpg


新緑を気持ち良く走っていると、橋が現れました。
20150624142023b7b.jpg


稲郷沢(いなごさわ)橋です。
20150624142024643.jpg


新緑にばかり目を奪われていると、足元が疎かになるので危険です。
路面の一部が苔むしている箇所がありました。
20150624142025644.jpg


路肩は終始、こんな感じで落ち葉や落石があります。
201506241420476c2.jpg


法面からは、前日の雨で流れていた雨水が路面を覆っていました。
2015062414205064e.jpg


秦野市と松田町の市町境までやってきました。
20150624142053d19.jpg


ここには、寄バス停に至る階段ルートがあります。
201506241420560de.jpg


市町境の標識がありました。
201506241420548cf.jpg


市町境のコーナーの脇には、なんと最近敷いたと思われる比較的新しめな砂利道が続いているではありませんか!
最近出来たという三廻部林道の支線とはココですね(^^)
201506241422064ae.jpg


〜恐怖の始まり〜


早速入ってみましょう!
右奥から登ってきました。ここは、先程の寄バス停へ至る階段ルートと合流しています。
2015062414221179c.jpg


これはいい林道ですね!
ちなみに、左脇はすぐ崖になっています。
20150624142204642.jpg


雰囲気のいい支線林道を緩やかに下っていきます。
20150624142215f38.jpg


進んでいくと、鉄塔へ至る道(左)と、寄バス停へ至る道(右)が分岐していました。
2015062414221590d.jpg


寄バス停へのルートはバイクでは行かれそうもないので、左のルートをチョイスします(^^)
20150624142336cdc.jpg


分岐からすぐに、東京電力の新秦野線38号鉄塔が現れました。
20150624142339b77.jpg


39号鉄塔へ伸びる高圧ケーブルが山深い三廻部の谷間へ落ちていきます。
こんな景色に出会えるのも、オフ車ならではですね。
20150624142340925.jpg


鉄塔から先もまだまだ道は続きます。
どんどん行きますよ〜(^^)
20150624142344e27.jpg


三廻部林道支線の恐怖その2へ続く

Posted on 2015/06/24 Wed. 20:30 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

松田山の中央林道探索  

20150620195610648.jpg

〜あじさいの里〜


探索日:2015年6月7日


梅雨入り直後の6月7日。天気は快晴!
貴重な晴れ間を有効的に活用するべく、今日も楽しんじゃいますよ〜(^^)
まずは、開成町のあじさい祭りを楽しみ、以前から何度も通った事のある松田山の中央林道へ向かう事に。
松田山は丹沢山地最南部に位置し、標高568mの低山ながら、頂上から眺める足柄平野は絶景なんです。


という事で、開成町のあじさい祭りに立ち寄ってみました。
20150622111151c45.jpg


梅雨入りしたというのに綺麗な青空が広がっています。
ここから見える金時山や明神ヶ岳などの山々をいつも走ってたんですね。
201506221111498b2.jpg


朝7時のあじさい祭りは人が居なくて静か。
あじさいとセローのツーショットを撮る為に、家を早く出てきました(^^)
2015062211115707c.jpg


沿道には、5000株のあじさいが植えられています。
鎌倉のあじさいも有名ですが、ここ開成町のあじさいも意外と有名なんですよ。
2015062211115375c.jpg


農道の脇に咲くあじさいは、様々な品種があります。

あじさい通りには、紫のクラウン。
したしみ通りには、白のアナベル。
ふれあい通りには、赤系で中心部が緑のグリーンシャドー。

天候や湿度であじさいの濃淡が変化するので、同じ花でも日によって色の違いが楽しめるようです(^^)
201506222025134f0.jpg


もう一つ。
あじさいには関係ありませんが、足柄茶も栽培しています。
20150622111309641.jpg


よく見れば、開成町にも今や大変貴重なダートが!
って言っても50m程ですが・・・
20150622111157ec3.jpg


舗装路に出て、滞在時間20分のあじさい祭りに別れを告げます。
20150622111313566.jpg


〜低山ながらの魅力〜


ところ変わって、松田山へやってきました。
おじさんが何やら路肩を掃除しています。
201506221113199b8.jpg


東名高速に沿って松田山を登っていくと…
20150622111324279.jpg


ここでも、おじさん達が清掃活動をしています。
20150622111324625.jpg


傾斜が安定したところでダートに変わりました。
昔は、もっと下からずっとダートだったんですけどね…。
このすぐ先でも、清掃している人たちが沢山いました。
20150622111353a55.jpg


軽く会釈しながら低速で通過。
ところが、ある2人のおじさんが声を掛けてきました。

おじさんA「何処まで行くの?」
かっき〜「このまま登って中央林道を通ってチェックメイトCCからの道に抜ける予定です」
おじさんA「チェックメイトの道までは、今は利用する人がいないから通れるかわからねぇよ」
おじさんB「いやぁ〜このバイクなら行けんべよ。俺も昔、こーゆーので走ってたんべ、よーく知ってるしよ」
おじさんA「でも、もう何10年も前の事だろよ。今は通るヤツいねぇよ」
かっき〜「じゃ、行けるところまで行ってみます」
20150622111401b7e.jpg


…という事で、急勾配を登っていくと景色が開けた場所に出ました。
足柄平野が広がっています。
20150622111406423.jpg


米山農道に接続する丁字路へ辿り着きした。
20150622111410218.jpg


急勾配の米山農道を登っていきます。
ここはコンクリ舗装ですが、土や葉っぱなどで半ダートのような感じで、林道っぽい雰囲気が出ていてなかなか面白いです。
ちなみに以前、Vツインマグナで来た時はタイヤがスリップしてしまい、登り切れず引き返しました…。
201506221114129c8.jpg


急勾配の米山農道を登り切ると、横山農道(左)と中央林道(右)の分岐に出ました。
20150622111437ef0.jpg


右の中央林道を進むと、このような標識が現れます。
2015062211151043c.jpg


ここからは、松田町や大井町の奥に小田原市が続く街並みと、相模湾が一望出来ました。
20150622111458580.jpg


特にゲートなど無く、そのまま進みます。
201506221115097f3.jpg


中央林道に入って約300mでダートに変わります。
20150622111454328.jpg


確かにあまり使われている感じではない林道…。
倒木があったり、草丈も伸び放題で荒廃した感じです。
201506221115381ed.jpg


しかし、この辺りはダブルトラックが露出した走りやすい道。
201506221115417d0.jpg


…かと思ったら、舗装されたと同時にこんな感じに…。
車線を半分以上の草が覆ってしまっています。
201506221115423e7.jpg


舗装路にガッカリしていると…
20150622111542f84.jpg


再びダートに(^^)
2015062211154464b.jpg


木漏れ日に、小鳥のさえずりが響く中央林道。
落ち着く雰囲気がたまりませんね。
20150622111609b58.jpg


舗装路に変わると、前方に道を塞ぐワゴンRが停まっていました。
お爺さんとお婆さんが車から出てきたので話しかけてみると、ここの土地の所有者との事で、これから路肩の草刈りをやるところだそうです。
ご苦労様です。こういった方々のお陰で今日も楽しく林道を通らせてもらってるんですね(^^)
201506221116168ea.jpg


下り勾配に差し掛かると、程なくして国道246号線から登ってくるチェックメイトCCへの道が見えてきます。
201506221116214b0.jpg


チェックメイトCCへの道に合流しました。
中央林道はここで終わりです。ここが起点なのか、終点なのか…看板が一切無く、不明です。
201506221116254be.jpg


国道246号線へ向かって下っていきます。
20150622111618e49.jpg


国道246号線へ出ました。
さて、どっちへ向かうかな〜(^^)
201506221116401d5.jpg

Posted on 2015/06/22 Mon. 21:25 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

続☆久々の曽我山周辺探索ツー完結編  

探索日:2015年06月06日


完結編〜日が暮れるまで遊ぶ〜

チェッチェッチェローさん先導による曽我丘陵の探索に終止符を打ったかと思われましたが、実は続編があったのです。
2015060811280402e.jpg


私は、近くの実家に寄って行くにはやや早い時間…。この後もう一本行く事にし、ヤスさんにその話を持ち掛けると快諾。
チェッチェッチェローさんと別れ、続編として“ある場所”へ移動します。
20150608061337cef.jpg


向かうは正面に見える大野山。
先日も走った熊山林道と八丁神縄林道のセットでございます(^^)
20150608061655bea.jpg


大野山林道を走り…
201506080932036ca.jpg


イヌクビリへのグネグネ道を駆け上がって行くと、イノシシの親子に遭遇しました。
20150608093205cc5.jpg


もうすぐ山頂です。
2015060809330079b.jpg


大野山は、牛が放牧されています。
20150608093301f07.jpg


山頂手前のイヌクビリへ到着しました。
20150608093304863.jpg


イヌクビリからの夕景を撮影するヤスさん。
20150608093303dad.jpg


ここから見る足柄平野もいいですね。
雲が多くなってきましたが、相模湾上空は陽が差しており、幻想的な風景でした。
20150608093502dfa.jpg


さて、日没も近いので先を急ぎます。
まずは、イヌクビリから分岐している熊山林道に突入です。
2015060809350481b.jpg


すぐにダートになり…
20150608093506abb.jpg


このカーブを曲がると…
2015060809350726e.jpg


以前から続く法面処理の工事中です。
…と、ここまでは先日の続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編と何ら変わらず。
しかし…
20150608093509ce7.jpg


その先には丸太が…。
これは先日のツーの時にはありませんでした。
20150608093541291.jpg


先日、発見した新たな作業道から切り出された丸太ですね。
本日も時間が限られているので、ここはまた見送る事にしました。
20150608093542fba.jpg


この法面処理された所も先日のツーと何ら変わらず。
20150608093544d90.jpg


…と思いきや、こんな所に簡易トイレがwww
ずいぶんと中途半端な所にありました(^^;)
20150608093545f45.jpg


そして、これも先日のツーと変わらず。
当たり前か…(^^;)
20150608093547511.jpg


さぁ!
ここからが八丁神縄林道です!
2015060809382965a.jpg


ここからは、ヤスさん先導で逝きます!
20150608093830180.jpg


ヤスさん…結構ペース速いですね( ̄O ̄;)
2015060809383116e.jpg


新秦野線23号鉄塔の前でパシャッ!
20150608093833ef2.jpg


ここは、いつ来ても落ち着きますね。
吸い込まれそうな崖にノーガードの切り崩した斜面。
山深い秘境から見える遠くの足柄平野。
20150608093834ddd.jpg


やっと追いついたヤスさんとツーショット(^^)
20150608094302d92.jpg


ここからも山深い景色が堪能出来ます。
20150608094304c25.jpg


ここまで来ると、八丁神縄林道も半分程が過ぎました。
ここからは基本的に緩やかな下り勾配となります。
2015060809430673f.jpg


進んでいくと、2頭の鹿が突然我々の前を横切りました。
201506080943073e3.jpg


コーナーを曲がった先でまたもや鹿が!!
崖下に向かって走り去って行くと思いきや…
201506080943096ca.jpg


こちらへ向かってくるではありませんか!!
201506080943295eb.jpg


左側の1頭は、私の目の前まで来てジタバタして山の方へ去っていきました。
20150608094330e39.jpg


もう1頭は切通しの斜面へ駆け上がっていきます。
この後、次のコーナーの辺りにも3頭程の鹿の群れと遭遇し、全部で10頭程の鹿と戯れる事が出来ました(^^;)
20150608094332255.jpg


この小屋が見えればもうすぐ舗装路です。
20150608094452f9f.jpg


舗装路になりました。
20150608094453831.jpg


舗装路を下っていくと…
201506080944542e3.jpg


程なくして、八丁側のゲートに辿り着きます。
20150608094456c57.jpg


今日は、カモシカセロー君もビックリの10頭もの鹿と戯れる事が出来ました。大収穫です(^^)
2015060809445899e.jpg


東名高速の橋脚をくぐり…
20150608094553e37.jpg


国道246号線に抜けて、いつものサークルK山北店を過ぎ、松田町へ向かいます。
20150608094555577.jpg


ここで、ヤスさんとお別れ。
時刻は19時を少し回っていました。
今日も日が暮れるまで遊びましたね(^^;)
20150608094556079.jpg
ヤスさん、初参加なのにたっぷりと付き合ってもらい、ありがとうございました〜
懲りずにまたお願いしまーす(^^;)


〜完〜

Posted on 2015/06/17 Wed. 22:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

久々の曽我山周辺探索ツーその⑥  

探索日:2015年06月06日


Vol.6〜セローの悲劇〜

さてさて、白笹うどんでたらふく美味しいうどんを食べ、匠に硬くコシのある家造りの基本を伝授頂いた後は、午後の部へと突入します!
再び震生湖公園まで登ってくると、脇道へ…。
2015060806005684b.jpg


ここは、夏になるとよくクワガタを採取しに来る所です。
20150608060059705.jpg


浄水場の脇を過ぎると…
20150608060100049.jpg


こんなダブルトラックになります(^^)
201506080601012c4.jpg


あまりにも楽しい森林コースは、あっという間に終わりを告げ、舗装路へ…。
201506080601023f6.jpg


住宅街を進むと、また脇道へ入っていきます。
20150608060153464.jpg


ここにも先程の栃窪無線中継所の手前にあった看板がありました。
20150608060155c7d.jpg


進んでいくと分岐がありました。
次なる進行方向はもちろん左ではありません(笑)
20150608060157f67.jpg


ん?
んんん…?
…看板をよく見ると“栃窪無線中継所までは行けます”?
20150615111942379.jpg


間違いじゃないよな…。
うん!やっぱり逝けるようです♥︎
2015061511194350b.jpg


ならば逝くしかないでしょう!
20150608060315fec.jpg


進んでいくと、なんと階段がっ…!!
20150608060317736.jpg


この状況にヤスさんがもがいています。
先導を切って走っていたチェッチェッチェローさんが見えません…。
どこまで逝ったんでしょうか?
20150608060318ea8.jpg


本日、2度目のチュルチュルにさすがのヤスさんもUターンします。
201506080603193c8.jpg


すかさず自分もUターンしました。
2015060806043819d.jpg


この状況ですからね…。
さすがにこれじゃ…(^^;)
20150608060439073.jpg


少し待っていると…
2015060806044171c.jpg


チェッチェッチェローさんが戻ってきました。
この状況でだいぶ先まで行かれたようです。さすがチェッチェッチェローさん。新調タイヤでしっかりとトルクを路面に伝えた走りをされたんですね。
20150608060443387.jpg


分岐まで戻ってきました。
栃窪無線中継所、登頂ならず…ザンネン!!(>_<)
20150608060445f25.jpg


泣く泣くごく普通の農道を走っていきます。
201506080605549e6.jpg


広域農道に出ました。
20150608060556011.jpg


東名高速の高架を渡り、先程通ってきた中井PAの脇を過ぎていきます。
20150608060556c93.jpg


やまゆりラインへ抜けました。
ここを右折します。
20150608060558e30.jpg


交差する県道77号線を右折して…
201506080607274b0.jpg


以前、トンネル上を走った鴨沢隧道を通過します。
20150608060731920.jpg


もしや、ここを右折して鴨沢隧道の上を逝くのか!と思いきや、左折でした…(笑)
2015060806073232c.jpg


左折後、すぐの分岐を上がっていきます。
20150608060734848.jpg


ここの急勾配も路面が荒れていてなかなか面白いセクションです。
201506080607367f4.jpg


稜線に出ると、両サイドには畑が広がります。
20150608060827949.jpg


ここでアクシデント発生!!!


先を走っていたヤスさんが荒れたガレ道にハンドルを取られ転倒!!( ̄O ̄;)
そのすぐ横を私が通過するも、ガシャッ!!という音と共に衝撃が伝わりました。
ヤッちまったかっ!!?
201506080608292eb.jpg


ヤスさんを救出し、ふと地面を見るとウインカーレンズが…。
2015060806083259c.jpg


先程の衝撃でレンズが取れたんですね。
でも他に損傷はありません。
201506080608327fb.jpg


何はともあれ、ヤスさんもセローもケガもなく良かったです。
20150608060834ae7.jpg


…と、ここで今度はチェッチェッチェローさんに悲劇がっ…!!
なんと愛用のヘルメットが落下!!それもコンクリート路面に( ̄O ̄;)
(この画像は、避難後です)
20150608060907564.jpg


安心したのも束の間。
今度はセローが倒れてきたではありませんかっ!!!!
慌てて皆で支えて難を逃れました。ふぅ…。
前日の雨で地面がぬかるんでいたんですね。
2015060806093045a.jpg


最後に緩い1本逝ってみましょう!との事で、走り出します。
20150608061133941.jpg


こんな所をグングン登っていくと…
2015060806113485c.jpg


足柄平野と相模湾が一望出来る所へ出ました。
午後は雲も薄くなり、陽も差して気持ちが良かったです。
20150608061135bc1.jpg


こんな林道チックな道を下っていくと…
20150608061138888.jpg


下り切った所にバリケードが見えてきました。
2015060806113864f.jpg


何かと思ったら造成地のようです。
201506080612223a4.jpg


住宅地にでもなるのでしょうか。
20150608061224723.jpg


ダンプが何台もひっきりなしに入っていました。
2015060806122662f.jpg


長閑な農道を下り…
20150608061227250.jpg


いつものブルックスカフェに着きました。
2015060806130107b.jpg


KLX250の方も来られているようです。
201506080613036b9.jpg


今日も大盛況ですね。
20150608061332a34.jpg


今日はたっぷり汗をかいたので、甘いココアラテをチョイス♪
201506080613332f5.jpg


火照った体に冷えたココア。
いいですね(^^)
2015060806133485d.jpg


チェッチェッチェローさん愛用の手帳を見せて頂きました。
いつも事前の下見ツーの際に、ドコを曲がる。とか、曲がる所の建物など…克明に記録されていました。
又、私と走った時の記録で、“プリウスαに追い越された”という詳細な情報まで残されており、見ていて当時を思い出させてくれるそんな一冊でした(^^)

いつも影でこんな苦労をなさっていたとは、ある意味本当の“匠”ですね(^^)
お陰で、我々は毎回楽しませてもらっている訳です。
そんな訳で、本日も楽しい一日を過ごさせて頂きました。

チェッチェッチェローさん、そして初参加のヤスさん、お疲れ様でした〜(^^)
またご一緒しましょうね(^^)/
201506080613360ce.jpg

Posted on 2015/06/16 Tue. 19:39 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

久々の曽我山周辺探索ツーその⑤  

探索日:2015年06月06日


Vol.5〜読み間違えられた看板〜

さて、そろそろお腹も空いてきた頃…
曽我丘陵の探索を終えた一行は、秦野市にある“白笹うどん”へ向かいます。
20150607193146220.jpg


でも、そのまま向かってもつまらないもの。
せっかくなので、渋沢丘陵を堪能させてもらえる事に。
こういった随所随所にチェッチェッチェローさんの粋な計らいを感じます(^^)
2015060719314722e.jpg


セローって、農耕車ですよね…?
だって、リヤタイヤで畑を耕す事だって出来ちゃうんですも〜ん♥︎
201506071932104c6.jpg


では、早速行ってみましょう!
20150607193211bdf.jpg


急勾配を登って行きます。
2015060719321320a.jpg


森の中を通り抜け、展望の効く所に出ましたが、この後、再び森のコースとなります。
20150607193214966.jpg


そして、森の中から出てくると、渋沢丘陵に建つ栃窪無線中継所が見えてきました。
前回来た時は工事中で入れなかったのですが、果たして今回は通れるんでしょうか!
20150607193406bcc.jpg


栃窪無線中継所への入口に辿り着きました。
20150607204646257.jpg


えっ!?
工事期間が平成30年まで!!?
この時は誰も気付かず、先に進むと…
201506072046485fb.jpg


バリケードで引き返すチェッチェッチェローさん。
そりゃ、そうですよねー(>_<)
てっきり都合良く平成27年までかと思ってました…(^^;)
20150607204650b89.jpg


仕方ないので引き返す事に…。
20150607204651c9b.jpg


再び県道77号線に出て…
201506072046524e8.jpg

東名高速のガード下を左折します。
20150607204905f93.jpg


中井PAに着きました。
でも、ここには立ち寄らず…
20150607204907c1a.jpg


そのまま震生湖までやってきました。
201506072049091e1.jpg


震生湖公園の脇を過ぎていきます。
20150607204911659.jpg


なんという事でしょう♪(劇的ビフォーアフター風)


今まで渋沢丘陵に邪魔されて見れなかった向こうの世界。
渋沢丘陵から見た秦野市街と雲の上にひょっこり頭を出している大山です。
匠は、この素晴らしい景色を手に入れる為、こんな粋な計らいを用意していました。
201506072049541d8.jpg


更に匠が用意した物とは…
201506072049560c7.jpg


住宅街に突如現れる古民家を改装したかのような門構え。
20150607204957ff3.jpg


白笹うどんです。
20150607204958eba.jpg


コシのあるうどんで有名だそうです。
20150607204959f3b.jpg


店内には、築100年はくだらないと思われる間柱や昔ながらの剥き出しの鎹(かすがい)、更には現在ではなかなか見れなくなった鴨居や漆喰の京壁…。
20150607205036a38.jpg


匠は、硬くコシのある家造りの基本に、こんな素晴らしい場所を提供してくれました。
20150607205038ed1.jpg


すると匠が席を立ち、何かをつまみ始めました。
20150608055612e3b.jpg


それは…おでんでした。
20150608055710df2.jpg


卵や厚揚げのような軟弱な住宅でも、芯が通れば硬くコシのある家造りが出来ると匠。
20150608055711905.jpg


そこで、家造りの基本とも言える多種に渡るメニューを見せて頂くと…

なんという事でしょう!
コシのある家造りの為に用意された10を上回るメニュー。
2015060805571414b.jpg


そして、匠がオススメの季節に応じたスペシャルまで用意されているではありませんか!
20150608055716ae2.jpg


そして依頼者がお願いしたのは、硬くコシのある麺の上に重量増の肉味噌をトレンドしたその名も肉味噌うどん。

その様子は、まるで免震設計されたツーバイフォーのコシのある住宅に重量増のソーラーパネルを載せ、イナバ物置の“100人乗っても大丈夫”的な発想を思い立たせる匠の想いがたっぷりと注がれたうどん。家造りも麺作りも変わらないのですね(^^;)
20150608055716b02.jpg


匠は、ヤスさんにも家造りの基本を語るのでありました。
ツーリングマップルで新たな土地を見つけようとしているヤスさん。
林道に家を構えたら是非誘って下さいね(^^;)
20150608055746aca.jpg


久々の曽我山周辺探索ツーその⑥へ続く

Posted on 2015/06/15 Mon. 19:39 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

久々の曽我山周辺探索ツーその④  

探索日:2015年06月06日


Vol.4〜曽我丘陵の楽しみ方〜

秘密のニュルニュルを楽しんだ後は、古怒田(こぬた)地区へ向かいます。
201506071925499be.jpg


山を登って行くと…
20150607192551492.jpg


途中の見晴らしの効くコーナーで小休止。
2015060719262459d.jpg


先程よりも雲が薄くなってきました。
20150607192626028.jpg


房総半島も綺麗に見えてきています。
20150607192623286.jpg


ここでチェッチェッチェローさんから思わぬ言葉が!
「秘密のコース行きましょうか!」
…ん?今、行ったばかりなのに、どういう事か???

疑問に思い聞いてみると、どうやらこの近くに“ある”との事。
チェッチェッチェローさんの後ろ姿が頼もしいですね(^^)
20150607192649af4.jpg


早速、向かいましょう!
20150607192723472.jpg


おっと!
ヤマト運輸のおばちゃんも参戦予定でしょうか!?
20150607192725f16.jpg


民家の脇道を進み…
20150607192727bc5.jpg


想定内のこんな農道を走り抜けて行くと…
201506071927285bf.jpg


着きました!
えっ!?ドコに道があるのかって…?
201506071928206c7.jpg


ありますとも!
こんな立派なガレ道が(^^)
201506071928228d0.jpg


大小さまざまな砕石が敷き詰められた道を下っていきます。
20150607192823622.jpg


程なく、展望の効く所に辿り着きました。
20150607192825d89.jpg


そこは採石場でした。
素晴らしい景色を堪能します。
2015060719282572f.jpg


そして、恒例の!?ショーが始まりました。
なんと!今回はウルトラマンとゴレンジャーのコラボではありませんか(^^;)
20150614175146239.jpg


セロー君たちもショーに夢中です(^^)
20150607192907db1.jpg


肉眼では、スカイツリーや新宿の高層ビル群が遠望出来ました。
201506071929106a4.jpg


関東ローム層の赤土で硬く絞まった岩盤から採掘された石です。
20150607192913370.jpg


たっぷりショーを見て満腹になった一行は、採石場を後にします。
20150607192954bb0.jpg


曽我丘陵を更に登って行くと…
20150607192956952.jpg


見覚えのある十字路に出ました。
20150607192957ff0.jpg


左側を見ると…
あっ!秘密のトレーニングコースの出口じゃん!!
2015060719302850a.jpg


そうなんです。
前章でクリアならなかった秘密のトレーニングコースを制覇すると、ここに出てくるんです。
そぅ!こんな看板もありました。
20150607193030f98.jpg


十字路を北に向かって進みます。
2015060719302621b.jpg


おぉ〜!
これは、ラオさん呼んでこなければ(笑)
20150607193031e57.jpg


写真を撮っていたらいつの間にか自分独りの世界に…。
急いで先に進むと、電波塔の脇でチェッチェッチェローさんとヤスさんが待っていてくれました。
すいませ〜〜〜ん(^^;)
201506071930322be.jpg


ここからいこいの村あしがらまでは道なりの為、私が先導する事に。
20150607193109e74.jpg


うひゃー!
両足開脚で通過したものの、ブーツがしっかり濡れました(^^;)
2015060719311182b.jpg


曽我丘陵の稜線を約2kmに渡って快走します。
20150607193113147.jpg


いこいの村あしがらを通過し、更に北上します。
20150607193114550.jpg


風光明媚な場所に出ました。
20150607193140b1d.jpg


東名高速のガードをくぐり…
20150607193142390.jpg


県道77号線へ出ます。
20150607193144a2d.jpg


お次は、渋沢丘陵を探索…!!?
20150607193146220.jpg


久々の曽我山周辺探索ツーその⑤へ続く

Posted on 2015/06/14 Sun. 18:41 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

久々の曽我山周辺探索ツーその③  

探索日:2015年06月06日


Vol.3〜秘密のニョロニョロ〜

やまゆりラインからよるべ沼代という社会福祉法人施設を通り過ぎ、更に登っていくと六本松跡へ辿り着きます。
20150607191449fe0.jpg


記念碑と一緒に記念撮影♪
201506071914476f2.jpg


更に農道を上がっていくと…
2015060719145044d.jpg


チェッチェッチェローさんのホームグランドである秘密の練習場へ辿り着きました。
20150607191451d58.jpg


チェッチェッチェローさんのXT250X仕様セロー。
果たして、新調したタイヤで秘密のルートは抜けられるのでしょうか!
20150607191452922.jpg


ヤスさんの等高線グラフィック仕様セロー。
オーリンズのサスを入れられ、リンク回りへの泥除けの自作フラップ追加など、随所に自ら手を入れられ、モディファイされています。
タイヤは若干減り気味のようですが、クリアなるでしょうか!
20150607191809cf7.jpg


そして、自分のトライアル仕様セロー。
2月にツーリストを新調したものの、舗装路率が高く、既に山が減りつつあるツーリストでクリアなるか!!
2015060719181087c.jpg


ジャ〜〜〜ン!!
チェッチェッチェローさんの秘密のトレーニングコースです。
20150607191812578.jpg


雨上がりの為、地面はこんな感じ。
かなりマディな所もありました。
201506071918141ea.jpg


少し先まで歩いて行ってみますが、オフブーツでも滑るくらいマディ。
コレ、大丈夫か…!?
20150607191815ee7.jpg


チェッチェッチェローさんに続き、ヤスさんもこの森に吸い込まれていきました。
20150607191916a38.jpg


少し様子を見てから私も吸い込まれていきますヨ!
20150607191918f26.jpg


すると、視界に入った所でヤスさんがもがいているではありませんか!!
20150607191920a42.jpg


なるへそ。
並行してこんな丸太が設置してあるとは…。
雨でツルツルになった丸太によりスピードが殺されてしまったようです。
20150607191921526.jpg


それでも果敢に攻めるヤスさん。
リヤを空転させながら登っていきます。
2015060719192329a.jpg


しかし、今日のトレーニングコースはマディ過ぎた為、残念ながらここで引き返す事に。
チェッチェッチェローさんがUターンしています。
…と、次の瞬間何かが弾けました!!!
201506071920546cf.jpg


そぅっ!!
我らがチェッチェッチェローさんが転倒〜!!!( ̄O ̄;)
慌ててセローを引き起こすチェッチェッチェローさん。

そのすぐ下で慣れた手つきでUターンを試みるヤスさん。フロントタイヤをグネグネさせながら意図も簡単にUターンをやってのけたかと思いきや、さすがに狭過ぎ&地面のマディさに観念したのか、ここで諦め…
20150607192055d5d.jpg


チェッチェッチェローさんがUターンした場所まで再度、リヤを空転させながら登っていきました。
20150607192056179.jpg


華麗なUターンさばきを見せて頂きました。
201506071921532a9.jpg


さて、私は…
せっかくトラタイヤ履いてるんだし…と、粋がって登ってみたところ、井戸がある開けた所まで問題なくクリア(^^)v
20150607192156494.jpg


先日の柏さんの教え通り、アクセルを開けずにしっかり路面を捕らえて登ってみました。
201506071921567c6.jpg


この先も行きたい!と思いましたが…
201506071921584ae.jpg


ヤスさんとチェッチェッチェローさんを残して行く訳にはいきません。
20150607192159061.jpg


素直に引き返します。
20150607192257370.jpg


皆さんのいる所まで下り切り、タイヤの様子を覗くと…。
コレでは、さすがのツーリストもグリップ力を大幅に失ってしまいますね。
2015060719225961a.jpg


ヤスさんのタイヤも見事に溝ナシタイヤに変化。
20150607192301065.jpg


チェッチェッチェローさんの新調タイヤだってこうなりゃ〜ウ◯コタイヤですね。
うっ!汚ったねぇ〜(>_<)
20150607192302ce2.jpg


転倒による痛恨の泥パック状態。
泥濘成分100%配合の泥パックは、このまま一日漬けておくと色素沈着によりパックが落ちにくくなるそうです。セローさんのみならず、オフ車をお乗りの方、アンチエイジングにいかがでしょうか?(^^;)

ところで、心配されたアルミミラーは損傷を免れた様で何よりでした(^^)
201506071924314dd.jpg


秘密のトレーニングコースを後にした一行は、来た道を引き返し、再び六本松跡まで下ります。
20150607192433c2e.jpg


六本松跡から違う農道を辿っていくと、お弁当を広げたハイカーの方々がいました。
挨拶を忘れずにゆっくりと横を通過させて頂きます。
20150607192434e5a.jpg


その後、路面はダートに!
20150607192436895.jpg


しかしすぐにコンクリ舗装に…(>_<)
20150607192437182.jpg


鬱蒼とした森の中や…
201506071925134a9.jpg


こんな大きな水溜まりを抜けていくと…
2015060719251727b.jpg


トラックの荷台を利用したニワトリ小屋がありました。
ニワトリの足元には新鮮な卵が…!
20150607192517f25.jpg


ニワトリ小屋の近くには、ライトエースの廃車が…!
こういう廃車を見ると、つい中に死体とかが無いか気になってしまいます( ̄O ̄;)
ちなみに、ナンバーはありませんでした。
201506071925183d0.jpg


更に進んでいくと、採石場に出ました。
20150607192519365.jpg


採石場の脇を抜けていくと…
2015060719254565a.jpg


やまゆりラインへ出ました。
ここを左折します。
20150607192547a8e.jpg


次なるステージ“古怒田(こぬた)”に向かいます。
2015060719254883d.jpg
さぁ!チェッチェッチェローさんは、どんな体験をさせてくれるのでしょうか!


久々の曽我山周辺探索ツーその④へ続く

Posted on 2015/06/13 Sat. 23:51 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

久々の曽我山周辺探索ツーその②  

探索日:2015年06月06日


Vol.2〜幅員1mの道〜

チェッチェッチェローさんさんと2月に初めてお会いした際に、いきなり驚愕させられた急勾配の“幅員1m程の道”へ辿り着きました。
20150607190713642.jpg


ヤスさんは微動だにしません。
道の細さと急勾配を目の前にして驚きの余り動けなくなったのか、余裕のよっちゃんなのか…。
ヘルメットの奥に潜む甘いマスクの変化を捉える事が出来ませんでした。
20150607190715bdb.jpg


今日は雨上がりという事もあり、落ち葉や枝などの障害物によるスリップが無ければいいのですが…。
ここは、一度停まってしまうと再スタートが厳しいのであります。
20150607190715470.jpg


まずはチェッチェッチェローさん。
さすが地元ホームグランド。
走り慣れた感がプンプンします。「こんなの朝飯前だよ」なんて声が聞こえてきそうですね(^^;)
20150607190717f62.jpg


続いて、ヤスさん。
おぉ〜!ヤスさんも何の躊躇もなく登っていきます。
この排水路と言っても過言ではない狭隘区間を余裕で登っていきます。やはり、「こんな道、屁でもねぇ」と罵っていたんですね(^^;)
20150607190818f52.jpg


私も登りますよ。この写真の奥から登ってきました。
途中で捨て身の片手運転での撮影に試みましたが、見事にブレブレ&ピントズレによりお蔵入りとなりました。ご愁傷様です…。
20150607190819315.jpg


登り切ると、チェッチェッチェローさんとヤスさんがマッタリ中♪
201506071908204b8.jpg


さて、次なるステージへ向かいます。
20150607190822d00.jpg


ここからは、小田原の街並みや相模湾がとても綺麗に見えました。
三ツ石海岸や伊豆半島まで見渡せます。
20150607190823c4c.jpg


さて、急勾配を上がったら急勾配を下る。
これ、山の鉄則ですね。
ニーグリップをしっかり効かせながら枯葉などで滑りやすい急勾配を下っていきます。
201506071909186f5.jpg


こんな農道を下っていきます。ブレーキを強く掛けてしまうと、砂や枯葉などでタイヤが簡単にロックしてしまいます。
20150607190945788.jpg


下り切った所には、五國峠農道が接続されていました。
今度は写真奥に向かって進みます。
20150607191007951.jpg


農道というよりも、林道の雰囲気が出てますね。
でも、ここは農道なんです。
20150607191031c3b.jpg


右に回り込むように道を進むと、チェッチェッチェローさんとヤスさんが停車しました。
20150607191032abb.jpg


まだ雲こそ多いものの、ここからは相模湾や二宮町の景色が一望出来ます。
2015060719103478e.jpg


この下は…
そぅ!ここは、やまゆりラインのトンネルの真上です。
2015060719103547c.jpg


景色に見とれるチェッチェッチェローさんとヤスさん。
お互いのバイクの話などを話していました。
20150607191037fe2.jpg


更に農道を進みます。
20150607191119812.jpg


五國峠農道の完成記念碑の前でパシャリ★
201506071911204df.jpg


この辺りは軽トラ一台分しか通れませんね。
20150607191120bb0.jpg


ここは…?もちろん左でしょう(^^;)
20150607191122493.jpg


左下に見えている農免農道まで急勾配を下っていきます。
20150607191209b0f.jpg


農免農道まで辿り着きました。
ここを左折して一度山を下っていきます。
20150607191210dad.jpg


ここは、片側一車線の安心して走れる農道です。
20150607191211256.jpg


農道の途中には農免農道の看板がありました。
20150607191212de2.jpg


東海道新幹線の脇を下っていきます。
20150607191232aee.jpg


民家の合間を縫って進み、ここを左折していきます。
20150607191234bc4.jpg


小田原厚木道路の橋脚下をくぐると…
20150607191236981.jpg


農道らしくなってきました。
20150607191237c30.jpg


薄暗い森の中を抜けると…
20150607191239821.jpg


明るく広々とした空地に出ました。
20150607191335aba.jpg


チェッチェッチェローさんと2月にも同じルートでここへやってきました。
再びここを走れるとは…。しかも今回は新メンバーのヤスさんまでご一緒とは…夢のようです(^^)
201506071913376bd.jpg


ここは、企業誘致に失敗し、しばらく空地になっているそうです。
区画整理されているだけの雑草が生え放題な広大な敷地です。もったいないですね。
201506071913385b2.jpg


小休憩後、再び山に向かって走り出します。
20150607191414a6a.jpg


法面のブロックが一部崩れていました。
201506071914160e5.jpg


やまゆりラインに出ました。
ここを二宮方面に右折します。
20150607191417d12.jpg


このすぐ先を左折し、“よるべ沼代”というよく分からない社会福祉法人施設を過ぎていくと…
2015060719141945a.jpg


また農道チックな道になりました。
20150607191420f21.jpg
お次はどんな道が展開されるのでしょうか!


久々の曽我山周辺探索ツーその③へ続く

Posted on 2015/06/12 Fri. 09:55 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

久々の曽我山周辺探索ツーその①  

探索日:2015年06月06日


Vol.1〜原点に還る〜

梅雨入り目前の6月6日。
前日までの予報では曇りのち雨のところ、当日朝の予報ではなんと曇りのち晴れに変わり、梅雨入り前の最後(?)のツーリングに出掛けてきました(^^)

今回は、いつもお世話になっているチェッチェッチェローさんと、先日のセローミーティングで初顔合わせとなったヤスさんと走る事に。チェッチェッチェローさんから、曽我山周辺を走りませんか?とのお誘いを受け、ちょうど久々に走りたいなぁ…なんて思っていた事もあり、快諾(^^)

曽我山と言えば…
2015年2月1日にチェッチェッチェローさんと初顔合わせした際に、梅の里曽我丘陵周辺探索で連れてってもらった場所です。

そんな訳で本日の待合せ場所である中井町のブルックスカフェに向かいます。
…と、その前に少しだけ時間に余裕があるので、1本行っちゃいますか(^^)

国道246号線から逸れて、矢倉沢往還へ来てみました。
20150607172104f81.jpg


脇には、アジサイが咲いていました。
もうそんな季節なんですね。
20150607172106a38.jpg


ここは、左側に吾妻山へ登るルートが分岐しています。
ここを直進して鬱蒼とした森林へ突入します。
20150607172107eef.jpg


新緑は気持ちがいいですね。
20150607172109538.jpg


森を抜けると、以前はダートが続いていたはずなんですが、何故かこの部分だけコンクリ舗装されていました。
201506071721107e4.jpg


少し進むとしっかりとダートが残っていました。
右手に竹藪がありますが、以前冬に来た時よりもかなり鬱蒼としています。
201506071724042ba.jpg


矢倉沢往還の案内看板です。
この先20mを左折しますが、この看板を見落とすと、左折場所に民家があって分かりづらいんです。
20150607172405c66.jpg


無事に左折して行くと、再び森林コースへ突入します。
20150607172407937.jpg


ここは、右側へ行くと国道246号線へ出てしまうので直進します。
しかしどうも、矢倉沢往還のルートは、ここを右側へ行き、一度、現在の国道246号線へ出て、善波峠から旧善波トンネルを進むルートだったそうです。
20150607172408483.jpg


しかし、現在の国道246号線はイヤ!って程通っているので、ダートを直進します。すると、ラブホ街が見えてきました。
20150607172409ebf.jpg


あとはもうこの坂を登り切れば…
20150607172431766.jpg


ラブホ街に突入です。
201506071724320b0.jpg


写真の左側から登ってきました。
20150607172434576.jpg


“サービスタイム!!ゆとりの時間を提供します”
ありがとうございます。ゆとりのダートサービスを提供頂きました(笑)
20150607172436591.jpg


セロー君とラブホ。ミスマッチな組合せですね。
早朝から何やってんだか…(^^;)
201506071724373e2.jpg


人っ子一人居ないラブホ街を抜けて秦野市街へ下り、待合せ場所のブルックスカフェへ向かいます。
201506071726012ad.jpg


ブルックスカフェに到着すると、既にチェッチェッチェローさんが待っていました。
既にブログでは拝見していましたが、白蛇もビックリのXT250X仕様に様変わりです!
お会いするのは先日のセローミーティング以来…と言っても、たったの2週間前ですが…。
20150607172603510.jpg


外装は全てXT250X仕様。
まさに縁起のいい白蛇に巡り会って幸運を授かったかのような気分です(^^;)
2015060717260307d.jpg


これもブログで拝見していたスクーター用のアルミミラー。
さり気なくカーボン調を誇張しているポイントがチェッチェッチェローさんらしいですね(^^)
201506071726060c6.jpg


タイヤも前後、ブリジストンのTW-302に新調されていました。
201506071859437a6.jpg


ん?ブリジストン〜〜?
思わず、語尾が上がってしまいます。
ご本人曰く、「ペイントが垂れちゃった」そうです。このロゴなら、チェッチェッチェローブランドとして、商標登録出来る…カモ!?(笑)
201506071859453a2.jpg


そして、今回参加される事になったヤスさんもやって来ました。
20150607190513582.jpg


ヤスさんは先日のセローミーティングの時に出会ったのですが、お近くに住まわれており、以前よりチェッチェッチェローさんや私のブログを見て下さっていたそうで、話もトントン拍子で盛り上がりました。
20150607190514c09.jpg


フロント周りが軽くなったチェッチェッチェローさんのセローを体感するヤスさん。
ハンドル周りが軽くて、クイックな動きが可能です。
20150607190516214.jpg


そして、いきなり軽さを体感しちゃおう〜!コーナーに突入!
なんと!私がチェッチェッチェローさんのセローを運転させて頂ける事に!!
チェッチェッチェローさん、私のセロー重くてスミマセン…。。。
20150607190518992.jpg


んで、辿り着いたのがココ。
通称やまゆりライン(正式名称は広域農道小田原中井線)で田島峠を越えて下る途中の支線に入った所です。
201506071906264a3.jpg


ここからは、足柄平野が見渡せます。
今日は、伊豆大島もハッキリと見えました。
201506071906270a7.jpg


残念ながら、箱根連山に雲が掛かっており、富士山も見えませんでした。
しかし、天気予報では雨だったにもかかわらず問題なさそう。
201506071906280e5.jpg


ここを右折して早速、第1ステージに突入です!
2015060719063115a.jpg


急勾配を登っていきます。
2015060719063299b.jpg


どんどん登っていきます。
20150607190712a76.jpg
さぁ!辿り着いた所は!!?


久々の曽我山周辺探索ツーその②へ続く

Posted on 2015/06/11 Thu. 09:25 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その④  

探索日:2015年05月17日


北郭の現代の姿を後にし、お次は西郭に向かって突き進みます。
201506090447436c5.jpg


しかし、西郭までの道のりも階段を下ったり登ったり…と、ちょっとハードなルート。
あのオジサン、よくこんな道をバイクで“逝ける♥︎”とか言ったな…(-_-)
20150609044744bbf.jpg


当然、荒らさないように超スローペース&押しもプラスしながらの探索です。
20150609044745ecc.jpg


ようやく着きました。
ベンチの脇には…
20150609044747919.jpg


西郭の標柱がありました。
2015060904474874b.jpg


その先にもまだまだ階段は続きますが、さすがに富士山周辺林道を一日走った後の急斜面&急階段は体力的に厳しさを感じた為、ここからは歩いて様子を見に行く事に…。
201506090448512f5.jpg


森林セラピーによる効果や効能について書かれた看板がありました。
森林浴をすると心拍数が上がってどーのこーのというグラフがありましたが、もう十分心拍数上がってマス…(ー ー;)
201506090448539b2.jpg


階段を上がっていきますが、こちらオフブーツなもんで大変歩きづらい+体力消耗によりまもなく充電切れです。
しかし、読者の方のために…(^^;)
20150609044854e4c.jpg


歯を食いしばって登り切ると、道が分岐していました。
20150609044855845.jpg


現在地はここ。
北郭、西郭と進み、馬出郭外周路への分岐にいます。
20150611013538128.jpg


この看板、この先を示しているのではなく、どうも今来た道の方向を指しているようです。
まったく紛らわしい…。
20150609044857278.jpg


馬出郭方向は、再び急階段を登らなければならなかった為、パスして直進方向に進む事に…。
しかし、このまま進むと河村城址公園とは違う方向へ進んでしまいそうなのと、日没が迫っていた為、残念ながらここで引き返す事にしました。
2015060904495303f.jpg


青丸が現在地。
河村城址公園まではあと少しだったばかりに惜しい事をしましたが、またいつの日か…。
201506090449543e9.jpg


当然、来た道を戻らなければなりません。
201506090449552e2.jpg


階段の右側は崖です。
バランスを崩せばそのまま崖下まっしぐらですね。
20150609044956978.jpg


ようやくコンクリ舗装まで戻ってきました。
登る時は撮れなかった急斜面の折り返し地点です。ここは、1m程度の道幅に急斜面の折り返し地点。
う〜〜ん、セローミーティングで基本を学んでいて良かった〜(^^)
201506090449583c8.jpg


そして、幅員1mの道を下っていきます。
20150609045053750.jpg


比較対象があった方が分かりやすいので…セロー君と幅員1mのコラボです。
20150609045054e05.jpg


急勾配の狭隘区間をなんとか降りてきました。
20150609045055f3c.jpg


いやいや、セラピーロード…恐ろしい道でした。。。
でも、セラピーロードって…直訳すると治療の道?
林病は“富士”の病だからなぁ…治りませんネ(^^;)
20150609045056beb.jpg


今回は、大久保農道から河村城址公園まで辿り着けるか探索してみましたが、断念せざるを得ない状況でした。
まぁ、こんな事もありますね。
20150609045057d4f.jpg


〜完〜

Posted on 2015/06/11 Thu. 09:18 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その③  

探索日:2015年05月17日


急勾配の大久保農道を登って行くと、分岐に辿り着きました。
左側の道は急勾配が続いていますが、河村城址公園方面へ向かっています。
20150609044021508.jpg


右側の道は、セラピーロードだそうです。
201506090440239cb.jpg


とりあえず左側の道を進んでみると、すぐに行き止まりでした。
はい!という事で、「左側」と答えたスーパーひとし君を掛けたラオさん、大正解です(^^)
2015060904402594f.jpg


ん?行き止まり…かと思いきや…
201506090441292da.jpg


シングルダートが続いています。
ちょっと怪しかったので、歩いて先を見に行くと…
201506090441306e8.jpg


木製の角材を3本ほど並べただけの橋が掛かっており、その先は明らかにバイクでは行けなさそうな雰囲気に…。
ここはヤバそうなのでパスします。
2015060904413208a.jpg


先程の分岐まで戻ってきました。
20150609044133a8a.jpg


今度は、右側のセラピーロードを進んでみます。
201506090441340c3.jpg


急勾配が終わった所に転回場所があり、少し広くなっていました。
20150609044333ed6.jpg


その先ももう少し農道は続きます。
2015060904433407c.jpg


セラピーロードのコースが書かれた看板がありました。河村城跡や県の名水百選にも指定されている酒水(しゃすい)の滝へのルートもセラピーコースだそうです。
201506090443354be.jpg


ここからは、さっきまで居た大野山と、その下にさっきくぐってきた東名高速の立派な赤い橋脚が見えました。
20150609044432c7c.jpg


大久保農道を更に進むと、道がどんどん細くなりガードレールも終わってしまいます。
20150609044434dea.jpg


徒歩で進んでみると、右側の崖にコンクリートが半分浮いてしまっている所もありました。
20150609044436def.jpg


もう少し進んでみると、舗装が終わり、遊歩道のような感じになりました。しかし、道幅もない上にすぐ右側が崖になっており、とてもバイクで行けるような所ではありません。
ちなみに、崖下には二葉建設の採石場があり、更にその先には皆瀬川と酒匂川の合流点があります。
ここは本当に逝けそうな気がしたのでパスする事に…。
20150609044437b20.jpg


ならば、振り返った所にあるこの分岐を登っていくしか道はありません。
20150609044550fc8.jpg


探検心に駆られて、いざ出発です!!
20150609044552d1b.jpg


道幅1m程のコンクリ道を登っていきます。
20150609044553ab9.jpg


1ヶ所、折り返すような急勾配を登っていくと、こんな所に辿り着きました。
案内看板には、左手方向に河村城址と書かれています。やはりこのルートで間違いなさそうですね。
20150609044555cab.jpg


コンクリ舗装が終わり、ここからはダートへと変わりました。
20150609044556ebe.jpg


少し進むと、“河村城址植栽”と書かれた標柱があり、脇には桜の木が植えてありました。
20150609044625420.jpg


シングルダートはどんどん登っています。
果たして、本当に河村城址公園まで行かれるのでしょうか!
2015060904462631c.jpg


なんと!急勾配には、階段がありました!
さっきの畑のオジサンは、こんな所をバイクで逝けと?
まぁ、バイクで逝ける♥︎って言うし。
ハイハイ、逝けばいいんでしょ(^^)/
20150609044628f09.jpg


階段を登り詰めると、一定の間隔で丸太が勾配を横断しています。
20150609044629094.jpg


今、登ってきた急階段です。
急階段のすぐ下は、崖になっており、注意しながら登ってきました。
2015060904463155d.jpg


さて、本当に“逝ける”のか!
恐る恐る先に進んでみます。
20150609044703385.jpg


すると、今まで登り勾配だったものが、今度は下り勾配に変わりました。
20150609044705515.jpg


しかし、下りきった所で再び急階段の登り勾配が待っており、登り詰めるとこんな標柱が…!
20150609044706df4.jpg


ここが河村城の北郭があった場所のようです。
20150609044707cd7.jpg


赤丸が現在地。
右下から大久保農道を上がってきました。
2015061016055570b.jpg


どんな城郭だったんでしょうかね。
201506090447094cb.jpg


続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その④へ続く

Posted on 2015/06/10 Wed. 22:27 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その②  

探索日:2015年05月17日


ここまで大野山からダートをかなり走ってきました。
いよいよ、八丁神縄林道も終盤を迎えます。
20150609043602c86.jpg


この小屋を過ぎると…
20150609043605626.jpg


すぐに舗装路になります。
20150609043608d15.jpg


青い丸が現在地。
ここが、ダートから舗装に変わる場所です。左側から右側へ向かって走ってきました。
20150609043609cb5.jpg


大野山のイヌクビリから県道725号線に至るまでの林道経路はこんな感じ。結構入り組んでますね。
ダート•舗装境界の位置が現在地です。もう少しで八丁側のゲートへと辿り着きます。
20150610054746d4b.jpg


舗装路を下っていくと…
20150609043631649.jpg


直角コーナーの脇に…
20150609043632dcd.jpg


この林道が八丁神縄林道だという唯一の証拠が残されていました。
2015060904363421d.jpg


さり気なく“八丁神縄林道”と書かれていますね。
20150609043635b0f.jpg


看板の右奥からは、皆瀬川沿いに続く獣道があります。
ここは、途中からガレガレな道になり、最終的には道と呼べるものは無くなり終点となります。位置的には、すぐ上に秦野峠林道が走っているので、山歩きの方のサイトでは、ここから秦野峠林道へ抜けられた方がいましたが、岩登りなどを繰り返すかなりハードなルートのようです。
2015060904370013f.jpg


更に下っていくと…
20150609043701a3c.jpg


程なくして、八丁側のゲートに辿り着きます。
201506090437038bd.jpg


八丁神縄林道は、大野山からの熊山林道とセットで走れば景色も堪能出来て楽しいルートです。
お気に入りのルートになりました。
20150609043704303.jpg


さてさて、ここからは県道725号線を皆瀬川沿いに下っていきます。
20150609043706e92.jpg


この皆瀬川は、夏になるとキャンプ客がよく訪れています。
20150609043731209.jpg


人っ子一人いない県道725号線。
ここ皆瀬川地区には、数軒の民家がありますが、人の姿を見る事は稀ですね。…ってか、いつも来るのがこんな時間ばかりだから???(^^;)
20150609043733899.jpg


静かな誰ともすれ違う事のない県道725号線を下っていくと、狭隘区間が現れました。
交通量が少ないので、滅多に狭隘区間での鉢合わせはありませんが…この県道、意外と狭隘区間は長いんです。
2015060904373496e.jpg


東名高速の立派な赤い橋の下をくぐり抜けると…
20150609043737299.jpg


県道76号線に出ます。
ここを左折します。
20150609043830e36.jpg



…ココでまっすぐ帰るかっき〜だと思いますか?(^^;)



読者の期待に応えるのがtakatan blogの使命。
県道76号線のココを右折しちゃいます(^^;)
201506090438319fb.jpg


せっかく山北町まで来たので、以前から気になっていた大久保農道にちょっくら寄り道してみます(^^)
20150609043833e8b.jpg


民家の脇を進んでいくと、なんと!アトレーワゴンが道を塞ぐように停まっているではありませんか!しかも、エンジン掛かってるし…。
201506090438346e5.jpg


ふと、横を見ると畑仕事中のオジサンが…!
201506090439431dc.jpg


オジサン「あ〜そこ、通るの?」
かっき〜「はい。ここから河村城址公園に抜けられますか?」
オジサン「あ〜行ける!逝ける!」
かっき〜「ちなみに、このバイクでも逝けますかね?」
オジサン「問題ないよ。1、2分待ってね。ここ、俺の畑なんだ。今、水やりするからもう1、2分待っててくれる?いい?」
かっき〜「あ、分かりました。いいですよ〜」

こんな会話が続きましたが、1、2分経ってもまだ水やりは終わる気配もなく…結局、10分くらい待たされました。
なんなら、私がクルマを動かしてもいいですか?と、言っておけば良かったかも…。そーすればそのまま公園まで…(^^;)
20150609043944f7b.jpg


…という事で夕暮れ迫る中、軽く足かせになってしまいましたが、オジサン曰く“バイクでも逝ける♥︎”との事なので、事の真相を探りに行ってみますか!
2015060904394660a.jpg


急勾配の大久保農道を登っていきます。
201506090439484bc.jpg


ちょうどこの下辺りが、国道246号線の浅間山隧道です。
201506090440187a0.jpg


分岐が現れました。
どっちに行きましょうか…!?
20150609044019b38.jpg


続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その③へ続く

Posted on 2015/06/10 Wed. 15:03 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その①  

探索日:2015年05月17日


“ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー”シリーズも楽しかった一日を終え、無事に帰宅したかと思われましたが、実は続編があったのであります(^^)
…と言っても、マスツーからソロツーへと変わってしまいましたが…。

忘れもしない5月17日。
それはそれは楽しかったブロ友さん達との富士山周辺の林道三昧な一日を過ごした時間。これは、紛れもなく自分にとって大きな財産となりました(^^)

皆さんとお別れし、チェッチェッチェローさんとラオさんとブルックスコーヒー大井松田店へ向かいましたが、残念ながらこの日はメンテナンスの日で臨時休業でした(>_<)流れ的に、これで解散という事になったのですが…。
2015060811280402e.jpg


気が付けば、大野山のイヌクビリに居ました(^^;)
2015060904310988a.jpg


そんじゃ、まだ陽もあるし走りますか(^^)
201506090431341b0.jpg


左側から続くのが熊山林道。
ここ数年の開設工事で八丁神縄林道(はっちょうかみなわりんどう)と接続されて間もない林道です。
2015060904313601c.jpg


では行ってみましょう!
2015060904313726a.jpg


熊山林道は、入口の舗装以外は全てダートです。
そんな林道を進んでいくと、工事中の看板が…。
20150609043139ec8.jpg


法面の補強工事中でしたが、今日は休工のようです。
20150609043140352.jpg


更に先を進むと、以前は土色むき出しの地面から砕石敷きに変わっていました。
2015060904320177b.jpg


…と、左手を見ると、なんと!新しく開設した作業道が出来ていました。
森の香りがプンプンしています(^^)
20150609043202763.jpg


ご丁寧に入口には、チェーンゲートに丸太のサービス。
20150609043204564.jpg


歩いて覗いてみると、結構下の方まで続いていて探索のし甲斐がありそうです。時間的に余裕がないので、今回はパスする事に。。。
201506090432052cf.jpg


ガードレールやL字側溝が新設され、法面もコンクリ処理こそされていないものの、きちんと整備されていました。
20150609043206a5a.jpg


看板が無いので真相は不明ですが、熊山林道はこの幅員減少部分までかと思われます。
20150609043254f1b.jpg


ここには新たにゲートが設置されていました。
20150609043256b72.jpg


見た目は神奈川県特有のゲートですが、左脇のガードを固めた仕様になっています。
このような形状をしたゲートは初めて見ました。
20150609043257288.jpg


このゲートは、まだ鍵がありませんでした。何れ施錠されてしまうでしょうね。
20150609043259fb4.jpg


ここからが八丁神縄林道と思われます。
八丁神縄林道は、山北町八丁地区と大野山の神縄地区を結ぶ林道で、数年前から熊山林道と八丁神縄林道を接続する工事がされていました。計画では約10kmの開設工事となります。
201506090433003a6.jpg


真新しいガードレールが開設して間もない事を教えてくれます。
開設してまだ半年程でしょうか。
20150609043352baf.jpg


フラットダートは走りやすいですね。
201506090433537c9.jpg


この先で鹿の群れを発見しました。
こちらに気付くとあっという間に崖下に去ってしまいました。
2015060904335532f.jpg


更に進むと高圧鉄塔が見えてきます。
20150609043356ec7.jpg


東京電力の新秦野線23号鉄塔です。
20150609043358d1b.jpg


この八丁神縄林道は山深い所にある為、天候に恵まれれば足柄平野を望む事が出来ますが、今日は残念ながら霞んでいます。
20150609043421e5b.jpg


高圧線が邪魔ですが…これで景色が良ければいいんですけどね。
2015060904342321b.jpg


ここにはガードレールが無く、崖スレスレまで寄って雄大な自然を堪能する事が出来ます。
奥に見える山の中腹を走ってきました。
20150609043424cf9.jpg


小休止を終え、更に先を進みます。
20150609043426d10.jpg


この先には、今から走る所が見えていますね。
20150609043427fd4.jpg


そんな訳で、この八丁神縄林道は山の形状に沿って林道が走っています。
2015060904345760f.jpg


立派な切通しです。
実はこの林道、開設中にも訪れています。
熊山工区側と神縄工区側の両方向から工事を進めてきていたのですが、この辺りの岩盤を切り崩すのに苦労したのでしょう。ここが貫通するまでに時間を要していました。
201506090434567c7.jpg


おっと!
こんな所に林道開設時の標柱杭がありますね。
2015060904345946c.jpg


平成23年度に林道開設工事を再開した際の起点のようです。
そう。この林道、以前から途中まで出来ていたピストン林道だったんですが、財政難の影響か、しばらく放置されていました。
しかし、林業の効率化に於いて必要不可欠な林道だと認められた事で、何とか予算がついて実行に至ったようです。
20150609043500764.jpg


この林道もいつか全線舗装路に化けてしまうのでしょうか…。
20150609043502676.jpg


あるサイトで、神奈川県知事の黒岩さんのコメントとして、「林道を舗装する為には億単位の拠出が必要だが、財政の苦しい状況と地球温暖化防止の観点から、林道を通れるように維持する費用こそ捻出するが、路網の舗装については必要以上に行わない。」という方針を固めたという記事を見ました。
201506090435335b5.jpg


まぁ、都合良く解釈すれば、このままダートのままなんでしょうけど、実態は反しているように思えます。
“必要以上に”というところがキモなんでしょうね。

そうそう。秦野市の四十八瀬川(しじゅうはっせがわ)を走る水無堀山林道も財政難から事業中止に陥りましたね。水無堀山林道は、丹沢山脈の下をトンネルで貫通させ、北側の道志みちへ繋げるなんて壮大な計画があったのも、既に忘れ去られた話となってしまいました…。
20150609043535437.jpg


先程まで居た大野山が右奥に見えていますね。
20150609043536d52.jpg


山歩きの方のサイトで見た事がありますが、右手の階段を上がっていき、尾根を越えて行くと丹沢湖方面へ降りられるそうです。
20150609043538c79.jpg


山の影に入るとさすがに暗く感じますね。
そろそろサンセットが近づいてきました。
201506090436023a7.jpg
この辺りから八丁神縄林道は下り勾配になります。


続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー大野山編その②へ続く

Posted on 2015/06/09 Tue. 11:16 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

セローミーティング行ってきました!その⑤  

探索日:2015年05月24日


Vol.5〜最後のお仕事〜

セローミーティングを無事に終えた一行は、県道71号線から県道72号線を経て…
20150605130302365.jpg


先週のブロ友さんと走る富士山周辺林道ツーで通った国道469号線で帰路につきます。
2015060513030389a.jpg


ここは、先週ブロ友さん達と走った林道高尾線の起点ですね。早いもので、もう一週間前…。
また走りたいです(^^)
20150605130304ad2.jpg


ブロ友さん達と集合したサークルK裾野須山店で小休止です。
201506051303056e1.jpg


ちょうど、ワイザックス平塚店の店長さん率いるメンバーが通過しました。店長さん、今回はセローミーティングの申込みして頂き、本当にありがとうございました。
20150605130640e8d.jpg


そして、最後のお仕事…山崎精肉店での馬刺購入です!
先週も立ち寄りましたが、その時は何も買いませんでした。
20150605132221afe.jpg


駐車場には、自衛隊の軽装甲機動車が3台(自分の後ろにもう1台)も停まっていました。
ごっつい形ですね。愛称は、ライトアーマーだったかと思います。
隊員さんに「勝手に撮っちゃってすいませんね〜」なんて、心にも無い事を話すと、「バシバシ撮っちゃって下さい。」との返事が(^^)
ならばと、撮りまくります。
20150605132226a56.jpg


隣りのエスクワイアと比べてもごっついのが分かりますね。
201506051322234ba.jpg


ピントルフックが付いてますね。牽引能力高そうです。
201506051322243dc.jpg


窓は、ガスダンパーが付いているので、恐らく排煙窓のような半開きにしかならないのでしょうね。夏は暑そうです。
201506051322267bf.jpg


タイヤは…ブリジストンのL302って…トラック用のタイヤですね!
2015060513225896b.jpg


後ろはこんな感じ。
小松製作所製で、後方両サイドには発煙弾を装備しています。
201506051322559c3.jpg


すっかり軽装甲機動車ミーティングになってしまいましたが、忘れてはならない馬刺を買いに店内へ。
店員の方たちが忙しそうに切り盛りしていました。
20150605132301fd9.jpg


チェッチェッチェローさんのご紹介で先週初めて立ち寄ったんですが、結構有名人の方も立ち寄るお店で有名みたいですね。
20150605132303c6c.jpg


駐車場に戻ると、今度はメガクルーザーベースの愛称ジャンビーで親しまれる高機動車が車庫入れするところでした。
よく見ると、4WSなんですね。リヤタイヤが舵を切っています。
20150605132304a90.jpg


国道469号線には、73式大型トラックが今まさに山崎精肉店の前を通過していくところでした。
プチ自衛隊ミーティングにここでもワクワクドキドキです!
2015060513233103c.jpg


18時も回り、楽しかったセローミーティングと御殿場の夕陽に別れを告げて帰路につきます。
201506051325012d6.jpg
本当に充実した一日でした。

えっ!?馬刺のネタは?…って?
プチ自衛隊ミーティングで写真撮るのをすっかり忘れてました。
もう撮れません。だって…胃袋の中なので(笑)

Posted on 2015/06/06 Sat. 02:57 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

セローミーティング行ってきました!その④  

探索日:2015年05月24日


Vol.4〜前代未聞の超特別講習会〜

さて、セローミーティングも午後に入り、柏さんによるライディングスクールも中盤を迎え、ノリにノリまくっていた頃…それは突如として起こりました。
それも私の目の前で…。
201506050556191e7.jpg


ん?…ん?……んんん???
柏さん、バイク乗り換えたのかぁ…。
さっきまで30thアニバーサリーモデルを乗られていたけどなぁ…。
20150603061130946.jpg


…って、右を振り向くと、柏さんのセローと何故かチェッチェッチェローさんが!
えっ!?どーなってるの!!?この時はホントに???でした。
20150603061132bb2.jpg


なんと!!!!
柏さん自らがチェッチェッチェローさんのセローを乗られていたんです!
イヤイヤイヤイヤ、何かの間違えだ!!俺は夢でも見ているのか!?そうだっ!きっとコレは夢に違いない(>_<)

何度も目をこすりながら、再び目を開けるとソコにはやはりチェッチェッチェローさんのセローにまたがっている柏さんが!!!
20150603061133da1.jpg


いやぁ〜コレは、皇太子さまが庶民の大衆車“カローラ”をお乗りになるくらいすんごい事でしょ!
(あ、チェッチェッチェローさん、すいません。決して、チェッチェッチェローさんのセローをカローラに例えている訳ではありませんので…(^^;) )
まぁ、もちろんチェッチェッチェローさんだけ講習料12000円払ったハズですですが…(爆)

アクセルの遊びがあるとか、アイドリングが低い(!?)などと話されていましたが、後は聞き取れませんでした。
しかし、ビックリでした。度肝を抜かれるとはこういう事を言うんですね。
20150603061135eca.jpg


さて、ビックリこいた後は、セローオーナーによるパレードランのお時間です。
201506030613044e8.jpg


柏さん先導によるパレードラン。
10あるコースをほぼ一周する形で走りました。
2015060306130746c.jpg


走り終えた後は、最後のイベントである記念撮影タイム。
自分達のセローを並べます。自分のセローは、中央やや左側の緑おんぶセロー。中央の同じおんぶセローの方とお話させてもらうと、何と!お近くに住まわれている方で、自分と同じ時期にタイヤを新調されたそうです。
20150603061418db3.jpg


会場入りしてすぐにお会いしたレディー3人組の方達がカメラ目線に合わせてくれました。
20150603061307191.jpg


記念撮影も無事に終わり、セローミーティングも終了です。
会場を見渡していると、消防セローと白バイセローの撮影をしている記者が。
題して、「セローを撮る人を撮る」(^^)
201506030614192b8.jpg


iPhoneで綺麗に撮影するにはこれが限界ですが、一眼は綺麗に撮れますよねぇ。
嗚呼…一眼欲しいなぁ。
201506030614218d3.jpg


消防セロー、なかなかいいですね。
試乗してみたいです。どこかに消防セロー仕様にされて乗ってられる方とかいないんですかね(^^;)
20150603061423813.jpg


コレでツーリングしたら目立つでしょうね。
もちろん赤色灯にはカバーを掛けないと公道は走れませんが…(ー ー;)
201506030615295e2.jpg


まぁ、コレもコレで目立ちますね(^^;)
20150603061535a45.jpg


群馬から来られたというレディが洗車をしていました。
2015060306153665f.jpg


ワイズギヤの配慮で、無料洗車場を用意してくれていました。
20150603061537216.jpg


この水、何とミネラルウォーター!
何とも贅沢な洗車ですね(^^;)
201506030615368df.jpg


今日の洗礼を浴びたセロー君を高圧洗浄機で綺麗にしてあげます。
2015060306165357f.jpg


洗車を終えて振り返ると、なんと!先程の群馬レディにラオさんとチェッチェッチェローさんがナンパしてるじゃないですかぁ〜( ̄O ̄;)
これだけ走ったのにまだそんな元気があったとは…(笑)
20150603061657a4d.jpg


ラオさんとチェッチェッチェローさんがナンパしてる間に、私はこっちのおねーさんと遊んでこよっと(笑)
笑顔が綺麗ですね♥︎
201506030616552be.jpg


初代セローを移動するスタッフについていくと…
201506030616553c1.jpg


雑誌記者達が撮影していました。
隙を見てワンショット。うん、富士山とツーショットいいですね(^^)
スタッフの方に窺うと、初代セローはヤマハにもこの1台しか残ってないそうです。エンジンは掛からないとの事。本当に現存するピカピカの1台なんですね。
2015060306175182e.jpg


さて、帰ろうかという時にどこからともなく現れたのが、このガチャピンセロー(笑)
XT250X仕様?ホンモノか?…でした。
20150603061753fe7.jpg


ガチャピンさんは、自由気ままに走り終え、会場を後にされていました。
20150603061753890.jpg


さぁ、全ての工程を終えていよいよ帰りますよ〜(^^)
…って、いや、まだ一つだけ残ってました。
20150605130302365.jpg
それは…?
次回のお楽しみ!


セローミーティング行ってきました!その⑤へ続く

Posted on 2015/06/05 Fri. 13:10 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

セローミーティング行ってきました!その③  

探索日:2015年05月24日


Vol.3〜柏さんの教え〜

午前中の部を一通り見終わり、お腹を癒す為にラオさんに事前に申し込みして頂いた昼食を食べる事に。
20150603060441e14.jpg


お店の方達が炊き出しをしてくれています。
20150603060602957.jpg


美味しそうなステーキですね。
香ばしい匂いが風に乗ってこちらへ。。。ぅ〜ん、美味しそう♪
20150603060602ae9.jpg


ジャーン!これが、名物のステーキ丼です。豚汁とサラダもセットでした。
201506030605568df.jpg


いやぁ〜美味しかったー( ^ω^ )
肉質も良く柔らかめで、秘伝(いや、分からない…)のタレと相性も良く、まさに絶品でした(^^)
…という事で、あっという間に完食です。
午後はライディングスクールもあるし、腹が減っては何とか…って言いますもんね(^^)
20150603060557ad0.jpg


お昼ご飯を食べ終えると、ちょうどヤマハの開発者の方達によるトークショーが始まりました。
右側に座る2人がセロー225を担当、左側に座る2人がセロー250を担当された方だそうです。225の開発メンバーは、定年を迎えられた年の方達で、時代背景から、自ら走って転んで体感して作り上げたというお話をされ、225の開発経緯や改善に至る経緯など、225を世に生み出してきた熱意が伝わりました。

250の開発者の方達は、40歳代くらいでしょうか。225の開発者の方曰く、225の設計時は250なんてあり得なかった!とか、ライダーに改良点を聞く前に自分で実際に乗ってみて欠点を探せ!…など、若手の開発者に色々とアドバイスしていました。
いつの時代も、先輩から後輩へと引き継がれていくものなんですね。
20150603060640a9c.jpg


そして、途中から柏さんが急遽参加される事に。
おもむろにヤマルーブのオイル缶の上にあったスプレー缶をどかし、オイル缶の上に座る柏さん。持ち前のトーク力を活かした会話が飛び交います。
今後、新しいセローが出た時は、「まずは俺にそのセローを乗セロー!」なんてジョークも言ってましたっけ(^^;)
20150603060644a3a.jpg


最後に、セローの30年間に渡る変遷をチャートシートにした物を見せて下さいました。この30年でのセローの販売台数は、なんと1万○千台!?(…だったかな?)忘れましたが、とにかく凄い台数だったと思いました。それだけセローは愛されてきたんですね。
ここでも柏流ジョークが一言。
「これだけのテロリストがいたら怖いけど、セロリストならいいね」と。…もう芸人でも食っていけますね(笑)
201506030606460bb.jpg


その後、各ブースのスタッフが自社商品の販売促進活動をされていました。
この会社と言えば…チェッチェッチェローさんがフロントにクロモリシャフトを入れた企業ですね。
201506030606475aa.jpg


トークショーも終わり、ふと後ろを振り向くとこんなセローが。
20150603060749c05.jpg


mixiで“serowと風景★”というトピをやっているそうです。
セローで山に行った時の秘蔵写真などあれば、アップしてみましょうかね(^^)
あ、ヤマハでも募集してましたね…。
20150603060741422.jpg


さて、そろそろ柏さんによるワンポイントライディングスクールの時間です。
準備を始めていると、さりげなく会場入りする珍客が…!
20150603060745453.jpg


お客さん、セローミーティングは入場料無料ですが、ライディングスクールは有料ですヨ。
20150603060745269.jpg


そしてついに始まりました。
本日のメインイベント、柏さんによるライディングスクール!
201506030607463bf.jpg


まずは、手首の位置や姿勢についての基本講座です。
手首は下げずに、上から抱え込むように…。
2015060306083042b.jpg


そして、ギャラリー前の180度ターン手前の砂地を攻略するテクニックを披露する柏さん。
ここは、スロットルを一瞬でも戻してしまうと即失速してしまうので、逆にスロットルを開け気味に…。
20150603060832e8f.jpg


おぉ〜!難なくクリアしてますね。
201506030608365b9.jpg


そして、公道を綺麗に華麗に走るコツも教えて下さいました。
車線を端から端まで全て使ってタイヤの角を丸くするような走り方はNGとの事。“センターキープメソッド”と言って、センターラインのある道は車線の中央をひたすらキープして走るというもの。ストレートでもコーナーでも中央をキープすれば綺麗な軌跡を描けるとアドバイス下さいました。

又、センターラインの無い道では、左側の白線から1mが基本だそうです。これをL1(エルワン)と言うそうです。レフト1mという意味でしょうか。ちなみに、R1という走り方もあるそうですが、基本はセンターキープメソッドとL1だそうです。
20150603060832700.jpg


いやぁ〜いい勉強になりましたね。
今までは、公道を余す事なく使ってましたからね…(^^;)
さてさて、いよいよトレッキングランの始まりです。ミラーは山中での破損防止の為、取り外すか折り畳みます。
20150603060836d39.jpg


皆さん、思い思いに10用意されたコースを堪能しています。
20150603060920985.jpg


おっ!おんぶセローが2台順番待ちしてますね。なかなか見れない光景です。
2015060306092191b.jpg


ここはプチヒルクライムで、程々の勾配の途中に木の根が横断していたり、前日の雨でぬかるんでいる所もあって楽しかったコースです。
しかし後に、ここのぬかるみで痛い目に!!
201506030609223c4.jpg


おっ!セロー渋滞ですね。
こんなひと時も何故か面白くて堪りませんwww
201506030609237e0.jpg


あ、この方は午前中も走っていた上手い方ですね。
20150603060924127.jpg


サスを変えて足が長くなった上に、250用のホイールを履かせていました。跳ね上げマフラーは程よくいい音を出しています。よく見ると、純正リフレクターを取り外していますね。
201506030610388e6.jpg


お〜キレのあるいい走り!
…ってよく見るとこの方、なんと!!
ヤマハの225の開発者の方じゃ〜ありませんかっ!!!
20150603061039c7a.jpg


さっきまでトークショーで話していたこの方!
ビックリです!!「225は、血と汗と涙の結晶だ」と言ってられた開発者の方の走りが目の前で見られるなんて…
しかも同じフィールドを走れるなんて…
しかもしかも、私と同じおんぶセローを乗られているとは!!!…いや、これはこの方の方が先に乗られていたであろうが。。。
20150605050452062.jpg


ラオさんも難なくヒルクライムを下ってきます。
ここは最初の頃は問題なかったんですが、何台ものセローが走った事により、下り坂がドロドロ&グチャグチャな道に化けてしまいました。
20150603061033b33.jpg


そしてヤッちまいました(>_<)
下り坂ヌメヌメエリアで垂直に下るも、ついフロントのブレーキングを強めに操作してしまい、タイヤが垂直方向から水平方向に持って行かれるではありませんか!
見事に転倒し、ヤマハのスタッフの方のお世話になるハメに…。
20150603061221758.jpg


まぁ、これもいい経験でしょう。…と、何事もプラス思考で捉える事にします(爆)
201506030612208df.jpg


こんな感じで、転倒時はそこら辺で見守ってくれているヤマハのスタッフがすぐに駆けつけ、助けてくれます。
他人様の転倒シーンを勝手にネタにしてしまい、すみません…。
201506030612206f8.jpg


その後、こんな所や…
2015060306103421e.jpg


こんな所…
20150603061130eb8.jpg


こんな所なんかも走っちゃいます。
20150603061302aa6.jpg


チェッチェッチェローさんが、こぶコースに突入していきます。
ここは簡単にジャンプ出来ました。
2015060306103649c.jpg


ラオさんも果敢に斜面を責めています。
20150603061304e16.jpg


ギャラリー前の砂地コースを連続で走る方も何名かいらっしゃいました。
私も何度か走りましたが、何ともギャラリー達の熱い視線が気になってしまい集中力に欠けるというか…何と言うか…こう見えても恥ずかしがり屋さんなんですね、きっと…(^^;)

けど、ギャラリーコーナーでワザとリヤタイヤをスピンさせて抜けて見せたら、どこかの雑誌の記者が写真をパシャパシャ撮りまくってましたっけ。それはもうパパラッチの如く(笑)

もしかして、雑誌載るの?それはそれでうれぴー(>▽<)
フフフ…これで俺も有名人だな(ニヤリ)
…けど、恥ずかぴ〜(ー ー;) キャー!やっぱり恥ずかしがり屋デス…
何言ってんだ、コイツ!と思われた方…すいません(^^;)
2015060306121673c.jpg
そんなこんなでこの後、変化に富んだコースを本気で堪能した為、しばらく写真はありません(^^;)
という事で…


セローミーティング行ってきました!その④へ続く

Posted on 2015/06/05 Fri. 05:54 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

セローミーティング行ってきました!その②  

探索日:2015年05月24日


Vol.2〜多種多様なセロー軍団〜

ようやく会場入りした我々は、早速、どこを見てもセローだらけの異様(!?)な空間に飲み込まれていきました。
20150603001949e05.jpg


セローセローセローセロー!
皆さん、リヤボックス付けられている方も結構いますね。
20150603001952516.jpg


こちらは、ヤマハが用意したレンタルセロー。
なんと!無料で貸し出していました。
20150603001950ffb.jpg


こちらのセローは、3人のレディーが乗ってこられました。
20150603001952d62.jpg


おっ!
私と同じおんぶセローですね。
…って、かなり使い込まれているようですが、よく見るとサスが変わり車高アップしていたり、250用のゴールドリムのホイールを装着していたり、マフラーも跳ね上げが装着されており、いかにも走り込んでいそうな感じです。
後に、このオーナーがもの凄い方だという事を知る事に…。
201506030019500dc.jpg


ワイズギヤのブースで無料のコーヒーを頂いたり…
20150603002223b28.jpg


セロー30thに合わせたTシャツを購入したりしました。
20150603002225833.jpg


受付を済ますと、緑の蛍光色のゼッケンを渡されました。
午後からは、コース内をライディングします。コレって、チェッチェッチェローさんの蛍光色と同じですね…。
20150603002320fc0.jpg


ここにもセローがいっぱい♪
2015060300222682a.jpg


デカボックスを搭載されたセロー。
201506030022282ea.jpg


パニアケースも装着されたツーリングセローですね。
201506030022249f3.jpg


こちらのセローは、独特なカラーリングが施されています。
チェッチェッチェローさんとラオさんはこの方のブログを見た事があると言ってましたが、私は知りませんでした。どんな方なんでしょうかね。
20150603003147479.jpg


自分と同じおんぶセローを見かけると、ついつい声を掛けたくなってしまいます。
20150603003148d11.jpg


またもやおんぶセロー発見!
でも、なかなかオーナーがいらっしゃらない…。
20150603003149406.jpg


トコトコ歩いていると、今度は自分と同じツーリストを履かせたおんぶセローを発見!
しかも、湘南ナンバー!
もし、このブログを見られていましたら、お近くなので是非ご一緒させて頂ければ嬉しいです(^^)
201506030603266d8.jpg


中には、セローに混じってトリッカーもいました。真ん中の車両は、正真正銘(?)のXT250Xです。
20150603003149f17.jpg


この方は、ジュラルミンケースのようなボックスをサイドに装着されています。どうやって取り付けしているのでしょうか。
20150603060326112.jpg


自作と思われるステーにGPSロガーや計器類、ナビをボックスに入れて防水仕様に仕立てた加工などを施していました。
皆さん、色々と工夫されてますね。
201506030603200b3.jpg


この日は、雑誌各社にテレビ局まで来ていました。
201506030026318e3.jpg


取材を受ける人その①
20150603060444078.jpg


取材を受ける人その②
201506030605592a6.jpg


屋内展示ブースには、初代セローと最新式セローの2台が並んでいました。
201506030023228c5.jpg


このオレンジカラーは、トリッカーのイメージが強かったんですが、意外にもセローにも合いますね。
20150603002323433.jpg


今や、全く見なくなった初代セロー。
程度が良く、きちんと走れる初代セローが日本に何台現存するのでしょうか。
201506030023241c2.jpg


消防セローと、白バイセローまで展示されていました。
20150603002326df1.jpg


こんな白バイセロー、実際に目撃した事はありませんが、林道で赤色灯焚かれて追いかけられたらイヤですね。
消防セローは、3.11の東日本大震災の際にガレキの中で活躍されたようです。
201506030026286b1.jpg


ブースやセロー達を一通り見終わったところで、午前中のライディングスクールを見学します。
20150603002631682.jpg


登り坂の途中がフカフカな砂地になっており、皆さんもがきながら進んできます。
20150603002633e33.jpg


フカフカな砂地をクリアすると、180度ターンしてコースへ戻っていくというルートですが、この180度ターンが見学者達の目の前という事もあり、参加者の緊張感が漂います。
20150603002634800.jpg


一番最初に発見した跳ね上げマフラーを装着したおんぶセローの方です。
上手いですね。一体どんな方なんでしょうか。。。
201506030031444ea.jpg


プチヒルクライムでもがいている方に指導している方は…
20150603060436f2f.jpg


なんと!あのライディングスクールを開講している柏 秀樹さんでした。
2015060306043888c.jpg


柏さんは、クラッチ操作とアクセル開度のポイントを的確に指示しながら参加者を指導しています。
20150603060439fda.jpg
ライディングスクールを見学して、自分達がこの後走る時のイメトレをしました。
さて、上手く走れるでしょうか。
…その前に、そろそろお腹も空いた事だし、お昼にしましょうか(^^)


セローミーティング行ってきました!その③へ続く

Posted on 2015/06/03 Wed. 15:23 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

セローミーティング行ってきました!その①  

探索日:2015年05月24日


Vol.1〜ミーティング前のウォーミングアップ〜

毎回、掲載が遅れているかっき~です。
早いもので、もう1週間前の事ですが…行ってきましたよ、セローミーティング(^^)
正式には、「セロー30th アニバーサリーミーティング」。
今回は30周年という事で、全国8ヶ所でイベントが行われます。
初回の5月24日は静岡県の朝霧高原のイーハトーブの森での開催です。

こういったイベントは初参加なので、緊張もありーの、楽しみもありーのでワクワクドキドキでこの日を待ち構えていました(^^)

早朝のガソリンスタンド。
ガソリン満タンで、気分も上々です。
20150602225149ab1.jpg


国道246号線はガラガラで更に気分上々…と行きたいところですが、天気がイマイチ…。
今日は、曇りのち雨という予報ですが、今のところ雨の降る気配はなさそう。富士山も少しだけ顔を出してくれています。
20150602225149542.jpg


いつものメンバー、チェッチェッチェローさんとラオさんといつものサークルK山北店で待ち合わせです。今日は一番乗りでした。少し待つと、ラオさん登場です。
20150602225151f77.jpg


チェッチェッチェローさん?ん?
いや、セローの方々です。今日のセローミーティングに行かれる方かなぁ…。なんて思っていたら、ラオさんが歩み寄っていくではありませんか!
へ?知り合い???どうやら、ラオさんがセローを購入されたワイザックス平塚店の店長さん率いるメンバーだったようです。軽く挨拶をしてまた現地でお会いしましょう!という事になりました。
20150602225152635.jpg


やがてチェッチェッチェローさんも登場です。
201506022251542ec.jpg


3人揃っていざ、朝霧高原へ向けて出発です。
しかしこの時、恐れていた雨がポツポツと降り出しました。



国道246号線から国道139号線で篭坂峠を越えて山梨県へ入りました。
そのまま国道139号線をひた走り、富士見公園前交差点を左折すると…



富士見公園に到着です。



この頃には、ウソのように晴れてきて富士山もバッチリ見えました。
誰が晴れ男なんでしょうか…?



富士見公園でトイレ休憩を済ませ、新緑の木立の中を進んでいきます。



東富士五湖道路の側道を走り、富士レイクサイドCCの脇を抜けて、とある林道入口に辿り着きました。



今回は、チェッチェッチェローさんの粋な計らいから、国道139号線をショートカットする形でこの林道を通っていきます。ミーティング前のウォーミングアップってやつですね(^^)



四輪で離合可能な道幅のダート林道を進んでいくと、ログハウスがありました。この辺りは別荘地のようで、このような建物が点在しています。



基本的にはフラットダートなので走りやすいです。



開けた場所からは、富士山が綺麗に見えました。
雪解けもだいぶ進みましたね。



森林コースへと変化すると、V字谷の底を走るように進んでいきます。



ほどほどの距離もあり、フラットダートでスピードも乗り楽しめました。
ふじてんスノーリゾートの少し手前へ抜けてきました。ここを折り返すように右折して国道139号線へ向かって下っていきます。



下っていく途中で、ハーレーの大集団に会いました。今日は、ふじてんスノーリゾートでハーレーのイベントがあるようです。



途中を左折して再び森の中のダートを進んでいきます。
しかし、行く手を遮るのは…



ゴルフ場でした…(>_<)
フォレスト鳴沢CCの敷地内のようです。ちょうど、コンペの方たちが居ました。



さすがにここを突っ切る訳にはいかないので、来た道を引き返します。
20150603001701e49.jpg


引き返した道から逸れ、思いっきりフォレスト鳴沢CCのクラブハウスの前をオフロードバイクで通過しちゃいました。ゴルフ場の方が不思議そうな顔してましたね…(^^;)
20150603001701811.jpg


再び国道139号線に出て、富士ヶ嶺方面へ進んでいきます。
20150603001701f98.jpg


ひばりヶ丘交差点を左折して、県道71号線を進んでいきます。
20150603001702752.jpg


気持ちのいい開けた県道を進んでいくと、精進湖や本栖湖が見渡せる展望広場がありました。
201506030017089d7.jpg


富士山も顔を出してくれて、天気も快晴です。
20150603001730b71.jpg


ここを左折していくと…
2015060300173204b.jpg


ヤマハの幟が出迎えてくれました。
20150603001733b6f.jpg


進んでいくと、イーハトーブの森への案内看板がありました。
201506030017386d4.jpg


迷う事はないですね。
沢山の幟に歓迎されて気分もウキウキです(^^)
201506030017392d0.jpg
次回、いよいよセローミーティング会場内へ突入します!


セローミーティング行ってきました!その②へ続く

Posted on 2015/06/03 Wed. 09:11 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー6  

探索日:2015年05月17日


あの楽しかったブロ友さんと行った富士山周辺林道ツーも早2週間が過ぎてしまいましたね。
もう既に新鮮味はなく、むしろ腐ってきてしまった記事と化してしまいました…。。。

いや、何だか最近、FC2ブログがオカシイんです。
画像を載せる際に弾かれてしまいます。時々、調子良くいくも、また弾かれると、今までせっかく苦労して載せた画像や文面が一瞬にして全て消えてしまったり…。PCでもアプリでも同じ症状。
早く改善してもらいたいものです(>_<)

さてさて、こんな事を何度も繰り返しながら何とか編集が出来上がったVol.6です…。


Vol.6~WRの殺人的加速に魅了された漢~

お昼ご飯を済ませた一行は、“林道ネットワーク網午後の部”へ入ります。
なんと、ここで中性脂肪600さんから「WR乗ってみます?」とのお誘いを受け、前々から試乗をしたかった事もあり、バイクを交換させて頂く事に!
20150531062906955.jpg


しかし、しかしですよ。
もし、万一の事でもあったら…70万円もするバイクにダメージなんて与えてしまったものなら、、、
きっときっと…

優しそうな甘いマスクの中性脂肪600さんでも、さすがに鬼の形相を浮かべるんじゃないか!って…。
ん~でも乗ってみたいし、チェッチェッチェローさんからも足付きが良かったって言われれば、そりゃもう…

「乗るしかないっしょ!」

という事で、気が付いた時にはWRにまたがってました(笑)
確かに思っていたよりは足付き性がいい。それでいて、サスの感触もシックリくる感じで乗りやすそう(^^)

んじゃ、早速行きましょ~!って時にそれは起こりました!



なんと、有ろう事に… 立ちゴケ!!! Σ(゚д゚lll)
※写真はイメージです。



麻呂もビックリ!!
左側に少し掘られた轍があり、足を出すも届く気配なし。
そんで、そのままあれよあれよと言ううちにコケてしまいました(>_<)



あっちゃ〜(>_<)だから言わんこっちゃない( ;´Д`)
恐る恐る中性脂肪600さんに謝ると「大丈夫ですよ。」と大変大変有難いお言葉を頂き、再び試乗させてもらいました。

その後、高塚線終点→岩倉線起点→大淵線舗装路区間→一番最初に走った大淵線ダート区間を走り抜け、それはそれは楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
20150529062144f1a.jpg


ムコ殿さんの動画に大変貴重な中性脂肪600さんと私のやり取り、更にはラオさんの試乗したいお気持ちを察するに相応しいシーンが記録されておりましたので、ワンカット頂きました。
20150601013613b5d.jpg
-ムコ殿さんの動画より拝借-


実は試乗の間、始めはWRのアクセルをやんわり開けていたのですが、お手並み拝見という事でグワッと開けてみたところ、「ひょえぇぇぇ〜〜!!」の加速力でカッ飛んでいくではありませんかwww

こ、これが最高出力31馬力なのか!?

130kg程度の車体をグイグイ引っ張ってくれる2.4kgf•mのモリモリトルク感が、もう楽しくて面白くて…

ハッキリ言います。

病みつきになります!!!

いやぁ、こんなに楽しいオフロードバイクがあったなんて。
中性脂肪600さんは、ラオさんにも試乗を勧めていました。…が、ラオさんは乗りたそうでしたが、自分のセローのハンドル周りが高身長用にセッティングされているので中性脂肪600さんが乗りづらいのでは?と、気にされていて結局乗りませんでした。

さすが、ラオさん。
目の前に“どうぞご自由にお乗り下さい”と貼り紙がされたフェラーリが置いてあったとしても、“乗らない”という頑なな精神を貫くであろうラオさん。
素晴らしいですね。
私なら、「あ、フェラーリ乗れるの!?やったー!」って言って、
「カッ飛ばせー、林道!」なんて、誰かが(テツ○ん!?)言ってたように乗り回すでしょうね(^^;)

あ、WRネタ引っ張り過ぎましたね…。。。


自分のセローに乗り換えて、再び大淵線を下っていきます。
…って、俺のセローってこんなに遅かったの!?ってなりました。まぁ、分かってはいたんですけどね(^^;)
20150601061804ac6.jpg


その後、岩倉線起点から再びダート区間を走ります。
20150601061808178.jpg


一部舗装区間がありましたが、すぐにダートへ。
2015060106180866d.jpg


ここは、右側から高尾線の終点が接続されています。
20150601061809585.jpg


数百m走っていくと、林道十字路へ出ました。今日3度目の同じ十字路。
向かって左側が大峯線起点、右側が高塚線終点、直進はそのまま岩倉線が続きます。
20150601061810f0d.jpg

直進方向の岩倉線を進み…
20150601062234377.jpg


雰囲気のいい林間コースへと突入すると…
201506010622340e2.jpg


岩倉線の終点へ着きました。
左右に通る舗装林道は、双ツ山線です。ここを左折していきます。
20150601062235277.jpg


緩やかな勾配を登っていくと伐採地に出ました。
これだけの密林地帯にこれだけの林道を通して管理するのも大変ですね。
20150601062239a92.jpg


お次は、双ツ山線の途中に接続されている笹塚線の終点で右折して、下っていきます。
20150601062239bb8.jpg


下りのストレートなので、かなりのスピードが出ます。みんな頑張ってペースに付いていきます。
20150601062451ba9.jpg


開けた場所も度々ありました。
2015060106245384b.jpg


笹塚線の起点まで下ってきました。
左右に通る舗装林道は、板小屋線です。今度はここを右折し、更に下っていきます。
20150601062458b09.jpg


すぐに丁字路へ出てきます。
ここが、板小屋線の起点です。
20150601062454794.jpg


板小屋線の起点を右折して国道469号線を走ります。
20150601062457f68.jpg


県道24号線との交差点を国道469号線へ進み…
2015060106274210b.jpg

しばらく走ったところで、中性脂肪600さんが左折しました。
20150601062745f9d.jpg


林道中富士本線です。
201506010627472ff.jpg


さて、どん林道なんでしょうか。
2015060106274811a.jpg


鬱蒼とした林道コースを抜けていきます。
20150601062748e8e.jpg


国道469号線からは全線下り勾配ですが、キツいカーブもなく走りやすいです。
20150601063028e93.jpg


あっという間に舗装路へ出てきました。
ここを左折します。
20150601063033c31.jpg


いよいよ後半戦も残り少なくなりました。
201506010630309a5.jpg


ここを左折します。
林道名は分かりませんでした。
20150601063030c94.jpg


林道入口脇には車庫のような建物があり、CR-Zが置いてあります。林道内の土地の所有者でしょうね。
20150601063032cce.jpg


国道469号線を下ってきた分、今度は登り返します。
この林道は所々で少し荒れていて楽しい林道です。
201506010634077d3.jpg


ストレートゾーンを抜けると…
20150601063408756.jpg


終点です。
みんないい汗をかいて楽しまれたようです。
2015060106341060b.jpg


さてさて、休憩もそこそこにラストステージに出発します。
20150601063411d31.jpg


再び国道469号線へ出て、最後の林道へ向かいます。
20150601063413866.jpg


国道469号線に面して口を開けている高尾線の起点です。
ここを右折して登っていきます。
20150601132239d07.jpg


綺麗な植林地帯を過ぎていきます。
気持ちがいいですね。
20150601132241f0d.jpg


林道十字路へ出ました。
もう何度も同じ場所を通っているのですが、毎度毎度、不思議な気持ちになります。
左側が、富士本道場線終点、右側が横道下線起点です。
ここは曲がらず、そのまま高尾線を直進します。
20150601132245e0c.jpg


アクセルを開け気味に、登り勾配を進んでいくと…
20150601132242d82.jpg


高尾線の終点が現れました。
ここも先程、左右に通る岩倉線を通りましたね。もう方向感覚も記憶もグチャグチャになりつつ、ここを右折します。
2015060113224477b.jpg


ちょうどこの辺りでオフローダーの方(セローだったかな?)とすれ違いました。
こういった林道内でもきちんと左側通行ですね。日本人の心がそうさせているのでしょうか。侍魂ですね、テツさん(笑)
20150601132500e0b.jpg


岩倉線を進んでいくと、また林道十字路が…。
ここも先程通りましたよね。皆さん、覚えてますか?
えっ!?誰も分からない?んもぅ、記憶力無いですねぇ(笑)
いいですか。左側が大峯線起点、右側が高塚線終点です。覚えといて下さいYO!
201506011325046b1.jpg


先程の林道十字路を左折し、大峯線へと入林した一行はいよいよ泣いても笑ってもこれが最後の林道となりました。XR400Rの太いトルクにより跳ね飛ばされた砕石が私目掛けて飛んできます。何故か、もう笑いが止まりません(笑)
201506011325059f2.jpg


登り勾配の途中に、教植線の終点がありました。教植線はバーゲートにより閉じられていました。
2015060113250197f.jpg


程なく、大峯線の終点へ着きました。
20150601132502bbc.jpg


左右に通る舗装林道は、富士山麓線(広域林道)です。ふりだしに戻り、一番最初に富士スカイラインから降りてきた道がこの富士山麓線でしたね。
ここを右折します。
20150601132707abf.jpg


富士山麓線の気持ちいいストレートが続きます。
2015060113270260e.jpg


十里木CCの脇を抜けて国道469号線へ出てきました。
ここを左折して、本日の集合場所のサークルK裾野須山店へ戻ります。
2015060113270342c.jpg


サークルK裾野須山店へ戻ってきました。
楽しい時間もここまで。
あっという間の一日でしたが、楽しいひと時をくれた中性脂肪600さん他、皆さんに感謝です(^^)

2015060113270692c.jpg


今回の林道ツーではこんなルートを通りましたが、この界隈にはまだまだ林道が沢山あるようです。またいつの日か探索出来る日を楽しみに帰路に着きました。
皆さん、楽しい一日を本当に有難うございました(^^)
2015052622175582a.jpg


自分のブログでは紹介しきれなかった部分もありますので、ぜひ参加された皆さんのブログもご覧になってみて下さい。
あ、コレじゃなくて…(^^;)
fc2blog_201505281918327ac.jpg


こっち。
アッパレ(^^)/
20150601151041c37.jpg


《参加された皆さんのブログ》
①albireoSZさんのブログ albireo外伝
②チェッチェッチェローさんのブログ serowでお散歩
③中性脂肪600さんのブログ 中性脂肪600のページⅡ
④ぱるさんのブログ Road To Nowhere CB1300SB & セロー250
⑤ムコ殿さんのブログ 思い立ったが吉日的なオヤジの日記Ⅱ
⑥テツさんのブログ momo太のページ
⑦ラオさんのブログ ラオのブログ

Posted on 2015/06/01 Mon. 15:22 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top