takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

続☆ブロ友さんと走る富士山周辺林道ツー完結編その④  

探索日:2015年05月17日


北郭の現代の姿を後にし、お次は西郭に向かって突き進みます。
201506090447436c5.jpg


しかし、西郭までの道のりも階段を下ったり登ったり…と、ちょっとハードなルート。
あのオジサン、よくこんな道をバイクで“逝ける♥︎”とか言ったな…(-_-)
20150609044744bbf.jpg


当然、荒らさないように超スローペース&押しもプラスしながらの探索です。
20150609044745ecc.jpg


ようやく着きました。
ベンチの脇には…
20150609044747919.jpg


西郭の標柱がありました。
2015060904474874b.jpg


その先にもまだまだ階段は続きますが、さすがに富士山周辺林道を一日走った後の急斜面&急階段は体力的に厳しさを感じた為、ここからは歩いて様子を見に行く事に…。
201506090448512f5.jpg


森林セラピーによる効果や効能について書かれた看板がありました。
森林浴をすると心拍数が上がってどーのこーのというグラフがありましたが、もう十分心拍数上がってマス…(ー ー;)
201506090448539b2.jpg


階段を上がっていきますが、こちらオフブーツなもんで大変歩きづらい+体力消耗によりまもなく充電切れです。
しかし、読者の方のために…(^^;)
20150609044854e4c.jpg


歯を食いしばって登り切ると、道が分岐していました。
20150609044855845.jpg


現在地はここ。
北郭、西郭と進み、馬出郭外周路への分岐にいます。
20150611013538128.jpg


この看板、この先を示しているのではなく、どうも今来た道の方向を指しているようです。
まったく紛らわしい…。
20150609044857278.jpg


馬出郭方向は、再び急階段を登らなければならなかった為、パスして直進方向に進む事に…。
しかし、このまま進むと河村城址公園とは違う方向へ進んでしまいそうなのと、日没が迫っていた為、残念ながらここで引き返す事にしました。
2015060904495303f.jpg


青丸が現在地。
河村城址公園まではあと少しだったばかりに惜しい事をしましたが、またいつの日か…。
201506090449543e9.jpg


当然、来た道を戻らなければなりません。
201506090449552e2.jpg


階段の右側は崖です。
バランスを崩せばそのまま崖下まっしぐらですね。
20150609044956978.jpg


ようやくコンクリ舗装まで戻ってきました。
登る時は撮れなかった急斜面の折り返し地点です。ここは、1m程度の道幅に急斜面の折り返し地点。
う〜〜ん、セローミーティングで基本を学んでいて良かった〜(^^)
201506090449583c8.jpg


そして、幅員1mの道を下っていきます。
20150609045053750.jpg


比較対象があった方が分かりやすいので…セロー君と幅員1mのコラボです。
20150609045054e05.jpg


急勾配の狭隘区間をなんとか降りてきました。
20150609045055f3c.jpg


いやいや、セラピーロード…恐ろしい道でした。。。
でも、セラピーロードって…直訳すると治療の道?
林病は“富士”の病だからなぁ…治りませんネ(^^;)
20150609045056beb.jpg


今回は、大久保農道から河村城址公園まで辿り着けるか探索してみましたが、断念せざるを得ない状況でした。
まぁ、こんな事もありますね。
20150609045057d4f.jpg


〜完〜
スポンサーサイト

Posted on 2015/06/11 Thu. 09:18 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

コメント

夕暮れですね。

写真に、ライトの光がはっきりと写り込んでいますね。
日が暮れるまで遊んでいたいのは、子供の頃から変わらないでしょうか?
林病と併発すると重症を引き起こします。
対策としては、光量の少ないトライアル車にするしかありません。
しかしながら、トランポ病を併発する恐れもありますので、うかつにはおススメできません。
実家へのトラ車保管委託も処方箋としてお出しします。

楽しんでいるのはセローかも?

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/06/11 12:37 | edit

Re: 夕暮れですね。

チェッチェッチェローさん

コメントありがとうございます。

> 日が暮れるまで遊んでいたいのは、子供の頃から変わらないでしょうか?
そうですね。小さい頃、よく門限の5時を回っても帰ってこなかったので、親から怒られましたね(笑)

チェッチェッチェロー先生、処方をして下さりありがとうございます(^^)
なるほど。光量の少ないトラ車なら否応なしに下山するしかないですね。しかし、林病特有の症状であるHID化症候群が併発した場合は、深夜営業も可能になってしまうとお聞きしましたが…(笑)
ちなみに処方箋のトラ車は保険で3割負担で宜しいでしょうか?(^^;)

URL | かっき〜 #-
2015/06/11 21:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/112-a94027d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top