takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

表丹沢周辺林道探索2  

さて、大山林道の探索を終えた後は、すぐ近くの浅間山林道に向かいます。
再び大山街道の旧道に出て、この赤い橋を渡ります。
Resize_IMG_0667.jpg


すぐに清水屋の前の丁字路に出ます。
Resize_IMG_0668.jpg


浅間山林道は、清水屋の駐車場の奥から入ります。初めての方は分かりづらいかと…。
Resize_IMG_0669.jpg


このゲートは今は使われていないようで、閉まってるところを見たことがありません。自己責任で進みます。このブログでは、こういった林道への侵入を紹介していますが、何かあっても怪我と弁当は自分持ちという事を前提としています。
Resize_IMG_0670.jpg


途中の見晴らしのいいコーナーでは先客がいました。
Resize_IMG_0672.jpg


あの伐採エリアのすぐ真下を日向林道が走っています。
Resize_IMG_0674.jpg


コーナーから見える遠望です。
写真では分かりづらいですが、肉眼では横浜のランドマークタワーが見えました。
Resize_IMG_0673.jpg


今日は天気も良くて大山もスッキリ見えています。
冬は寒いですが、澄み切ったこういう景色を眺めてると寒さも忘れてきます。
Resize_IMG_0675.jpg


コーナーから100mも走った所で浅間山林道と阿夫利林道との交差点にぶつかります。
浅間山林道は左折します。
Resize_IMG_0678.jpg


今日は開いていました。
Resize_IMG_0681.jpg


前方、浅間山の尾根上には某無線中継所の管理塔が見えます。
Resize_IMG_0682.jpg


伊勢原市と秦野市の市境まで来ました。写真右奥から走ってきました。
鋭角に折り返しながら登っていく道が大坂への入口です。伊勢原サーキットと呼ばれるこの先のヒルクライムは今のツルツルタイヤではとても登りきれそうにありませんので、逆ルートを辿るべく、一路春岳林道に向かう為、更に浅間山林道を進む事に。
Resize_IMG_0692.jpg


浅間山の管理塔が近づいてきました。
Resize_IMG_0696.jpg


この日は本当に天気が良く、林道からは富士山が綺麗に見えました。
Resize_IMG_0695.jpg


なだらかな連続カーブをいくつか越えると浅間山林道の秦野側ゲートに辿り着きます。
Resize_IMG_0697.jpg


こちらのゲートは閉まっていました。けど、ここは施錠してありません。
Resize_IMG_0698.jpg


ゲートを出てすぐ右側からが春岳林道になります。
ここは昨年までは入口からダートだったんですが、残念ながらご覧の通りコンクリ舗装になってしまいました...。
Resize_IMG_0699.jpg


しかし、100m程走ると舗装が切れて晴れてダートに。
Resize_IMG_0700.jpg


木漏れ日の中、気持ちよく走っていると、この辺でWR250Rの方とすれ違いました。
Resize_IMG_0701.jpg


春岳林道は左側。右側のゲートの道は某無線中継所に通じる道です。
Resize_IMG_0702.jpg


更に森深く突き進みます。すると今度はKLXの方が前方からフルスロットルで現れました。
中央のタイヤ跡はその方の紋章です。一瞬でしたが、お互い会釈を交わすと何事もなかったかのように森は静けさを取り戻しました。
Resize_IMG_0703.jpg


なかなか気持ちいい林道です。ついついスピードが出がちですが、ノーガードなので調子に乗っていると簡単に崖下へダイブする事が出来ます。
Resize_IMG_0704.jpg


春岳林道の終点が見えてきました。
Resize_IMG_0705.jpg


終点は、四輪でも余裕にUターン出来るくらいの広場があります。
本日は、横浜から真っ赤なレンジローバーのショートに乗ってやってきたという方が野営されていて、ちょうど朝食を拵えている様子でした。写真奥に写っている簡易ベッドの横で自炊されていて、少しお話させて頂きました。昨夜はここで一泊されたそうです。
Resize_IMG_0706.jpg


お食事中なのでお話もそこそこにして春岳林道の終点から再び某無線中継所のある分岐へ戻ってきました。
Resize_IMG_0707.jpg


ゲートを撮影していると先程すれ違ったWRの方が上から下ってきました。この先の路面状況とツルツルタイヤでも行けるかどうか確認すると、凍結はなく、こちらからなら大丈夫だろうとの事。まぁ、ある程度は事前に情報を調べていたのでこちらから上がる事に。
Resize_IMG_0711.jpg


木漏れ日が差す中、急勾配を登っていきます。
Resize_IMG_0717.jpg


路肩は少々荒れ気味ですが、ガードレールがある分だけ安心感が違います。
Resize_IMG_0718.jpg


新しく開設されたっぽい支線がありました。どこへ通じているのでしょうか...。
Resize_IMG_0719.jpg


支線の法面には霜柱がびっしりとついています。
Resize_IMG_0720.jpg


更に登って行くと先程下から見上げた無線中継所の管理棟が二つありました。
Resize_IMG_0723.jpg


ここでコーヒーブレイクの小休止。
写真左下から上がってきました。写真奥にもダートが見えます。
Resize_IMG_0725.jpg


という事で管理塔の脇からダート道を進んでみます。
Resize_IMG_0729.jpg


森の中に入っていきます。こういう道大好きなんです!
Resize_IMG_0730.jpg


ここは木々の間隔がほどほどあり、気持ちいい木漏れ日を浴びる事が出来ました。
Resize_IMG_0731.jpg


数100m進むと他の方のサイトで見覚えのある景色が!
Resize_IMG_0733.jpg


ここが有名な大坂です。とにかく傾斜が半端ない。
写真では分かりづらいですが、徒歩でも登るのが困難なほどです。
Resize_IMG_0734.jpg


大坂の脇には大山への迂回ルートがありました。
Resize_IMG_0736.jpg


セロー君を置いて歩いて大坂を登っていきます。
Resize_IMG_0739.jpg


昼前だというのにあちこちにまだ霜柱が残っていて歩きづらいです。
Resize_IMG_0738.jpg


急斜面の途中に通信ケーブルのマンホールがありました。
Resize_IMG_0740.jpg


少ししか登ってないのにセロー君がもうあんなに小さく見えます。
Resize_IMG_0741.jpg


更に登るとコンクリート製の蓋があちこちに散乱していました。ブーツを履いているのでただでさえ歩きづらいのに、この蓋の上を歩こうとしたら滑ってしまい転びそうになりました。
Resize_IMG_0742.jpg


それにしても見事な傾斜と荒れ具合です。
Resize_IMG_0744.jpg


やっとの思いで登りきりました。
ここをバイクで駆け上がって無事に登頂した強者がいたとかいないとか。
Resize_IMG_0756.jpg


大坂を登りきると緩やかな道になります。
浅間山の稜線に沿って登っていきます。
Resize_IMG_0757.jpg


道端には、神様が祀られていました。
Resize_IMG_0759.jpg


するとまた中継所の鉄塔が見えてきました。
Resize_IMG_0760.jpg


浅間山の鉄塔群の中では一番上にある中継所かな?
この鉄塔群は自宅からも見えるので一度来てみたかったんです。
Resize_IMG_0761.jpg


鉄塔の裏に回ると踏み跡は薄いですが、大山へのルートが続いているようです。
Resize_IMG_0764.jpg


ここまで来ると大山もすぐそこに見えます。
ここは標高600m程あり、湘南や相模湾が一望出来るかと期待していたのですが、木々に囲まれていて景色はほとんど見えませんでした。
Resize_IMG_0765.jpg


大坂まで戻ってくると、改めてその凄さに感動しました。
下るのも容易じゃありません。
Resize_IMG_0769.jpg


ようやくセロー君の所まで戻ってきました。
Resize_IMG_0772.jpg


さて、十分満足した...というか、疲れたところでトコトコと無線中継所まで下っていきます。
Resize_IMG_0775.jpg


中継所まで戻ってきました。
Resize_IMG_0778.jpg


左上から降りてきました。今度は、鋭角に曲がって写真奥に進みます。
Resize_IMG_0781.jpg


中継所の脇を下るルートです。
Resize_IMG_0782.jpg


するとまた中継塔が。ハイカーへのご挨拶も忘れずに。
指はご愛嬌という事で(^ ^;)
Resize_IMG_0785.jpg


こんな感じの道や
Resize_IMG_0790.jpg


こんな感じの道を稜線沿いに下っていきます。
Resize_IMG_0793.jpg


少し茂みに入りました。
Resize_IMG_0795.jpg


周囲の木々で景色は見えませんが、いい感じの道です。
Resize_IMG_0797.jpg


こんなドラム缶が所々に置いてあります。そういえば、大山林道にも同じようなのがありました。
Resize_IMG_0800.jpg


この辺りから傾斜が急になりだし...
Resize_IMG_0801.jpg


大きくえぐれた道の先は...下が見えない!!
Resize_IMG_0803.jpg


覗いてみると距離こそ短いですが、ここだけかなり急勾配です。
Resize_IMG_0804.jpg


脇には階段がありました。
Resize_IMG_0805.jpg


今降りて来た道を振り返ったところです。
Resize_IMG_0806.jpg


こう見るとかなりの傾斜ですね。ヒルクライム好きには堪らないでしょうね。
Resize_IMG_0807.jpg


昨夜の雨で足元がぬかるんでいる為、溝なしタイヤはすぐにこの有様となってしまいます。
Resize_IMG_0810.jpg


更に下ると鉄塔が見えてきました。
Resize_IMG_0811.jpg


鉄塔の脇にこの林道唯一の絶景が眺望出来る場所があります。
ちょうどハイカーの方が富士山を眺めていました。
Resize_IMG_0813.jpg


秦野市街から松田丘陵、遠く富士山を望む事が出来ました。
鉄塔のケーブルが邪魔ですが、この絶景はここに来た人の特権ですね。
Resize_IMG_0818.jpg


雄大な富士。いつ見ても感動します。特に冬の澄み切った富士はお気に入りです。
Resize_IMG_0820.jpg


林道は鉄塔の脇を下っていきます。
Resize_IMG_0814.jpg


ここでアクシデントが!
写真を撮り終えてバイクに戻ろうとした時に日陰でまだ霜が解けきれていないところで足が滑って思いっきり転倒してしまいました。
Resize_IMG_0823.jpg


まだこんなに凍っています。
霜が解け始めた所に尻餅を付いてしまった為、お尻がベチャベチャになってしまいました...。
Resize_IMG_1195.jpg


気を取り直して更に下っていくと林道のど真ん中にこんな大木が。
木が邪魔しているわけではありません。人間が造った道にたまたまあっただけ...。
Resize_IMG_0827.jpg


大木を避けながら更に進むと浅間山林道が見えてきました。
Resize_IMG_0828.jpg


写真奥から下ってきました。
先程通ってきた浅間山林道の大坂の入口です。
Resize_IMG_0829.jpg


伊勢原サーキット。ツルツルタイヤなので初回は下りコースを探索しましたが、そのうちタイヤを新調したら上りコースも走ってみたいです。全体的に眺望はあまりよくありませんが、なにより稜線沿いの広いコースは激坂区間を除いて走りやすいです。しかも左右が木々に囲まれているので、こんな高所にも拘らず、意外と安心感があったポイントが好印象でした。

さて、お次は古(いにしえ)のルート探索と行きましょうか!
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/18 Sun. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

この無線中継所は、ずっと気になっていました。

蓑毛のバス転回所から、浅間山林道に入って、春岳林道の終点まで行ったことはありましたが、ゲートの先にあれほど楽しそうな所があるとは、知りませんでした。
記事の更新ありがとうございます。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/01/27 19:21 | edit

No title

コメントありがとうございます。

よくご存知ですね。僕も春岳林道は何度か行った事はありましたが、浅間山はハイレベルな方達御用達のような勝手なイメージが強くて、自分のレベルじゃ周りの人達に迷惑になると思い自粛してたんですが、どーしてもこの目で見てみたくて行ってしまいました。
なかなか楽しかったですよ!

URL | かっき〜 #-
2015/01/27 22:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/15-a9577ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top