takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

表丹沢周辺林道探索3  

伊勢原サーキットで十分満足したところで、ここから下るルートを考案中。
浅間山林道は何度も通っているので、このまま秦野側に抜けても面白くないし、ヤビツ峠周辺の林道も探索済みだし...。

・・・ん〜 悩む事30秒。古(いにしえ)のルートを探索する事に。
古のルートとは、今はその役目を終えた旧県道701号線、つまり廃道です。江戸時代には、大山への参拝に訪れた人々が通っていたとされる大山道。各地から大山へ通じる街道が何本かあったようですが、県道701号線の前身もその大山道の一つだったようです。

さぁ!興味が湧いたでしょ!?という事で、早速向かいます。
Resize_IMG_0829.jpg


先程の大坂の入口から秦野側に向かうと、カーブを2つ程過ぎた辺りにこのような支線入口が見えてきます。
Resize_IMG_0830.jpg


ここを左折します。
Resize_IMG_0831.jpg


冬枯れのコンクリート道を下っていきます。
Resize_IMG_0832.jpg


以前、夜にここを通った時にこの辺でイノシシの親子が右側から勢いよく飛び出してビックリした事がありました。
急ブレーキで何とかなりましたが、、、まさに猪突猛進とはこの事ですね・・・。
Resize_IMG_0833.jpg


そのまま下っていくと、三叉路に出ます。
Resize_IMG_0834.jpg


真っ直ぐは不動越や高取山へ通じるルートです。ここが、今はほぼ廃道と化してしまった旧県道701号線です。
ちなみにここを真っ直ぐ進むと、不動越を経由して先程の大坂の入口まで行けるのですが、高取山や念仏山へのハイカーの熱い視線がワタクシにはとても耐えられない為、あえて紹介はしません。
Resize_IMG_0835.jpg


今来たルートを振り返ったところです。
写真右奥から下ってきました。そして、左下に下る道も旧県道701号線です。
Resize_IMG_0836.jpg


三叉路からはグリーンが見えます。ここは東京カントリー倶楽部です。ちょうどゴルフを楽しんでいる方たちが見えました。
Resize_IMG_0840.jpg


三叉路を折り返すように旧県道を下っていきます。
そう!ここからは、古のルート、その名も「幻の県道701号線」の探索となります。
Resize_IMG_0841.jpg


枯れ葉でフカフカな急勾配を下っていくと、右に左に九十九折りが続きます。
Resize_IMG_0844.jpg


枯れ葉の絨毯でリヤタイヤを滑らせながらトコトコ下っていきます。
Resize_IMG_0845.jpg


これが旧とはいえ、県道だったとは誰も思いませんよね。
Resize_IMG_0846.jpg


低スペック過ぎる元県道です。
Resize_IMG_0847.jpg


これだけ枯れ葉が盛られていると、もう滑り下りるしかありません。
Resize_IMG_0848.jpg


枯れ葉の隙間からは、大小さまざまな石がゴロゴロしています。
Resize_IMG_0849.jpg


竹林地帯に入ると、あちこちに竹が倒れかかっています。
通れない程ではありませんが、ちょうど目線の高さにあり邪魔でした。
Resize_IMG_0850.jpg


竹やらシダやら椎の木やら森の中は多種に渡る植生植物が生えています。まさに自然の宝庫です。
Resize_IMG_0851.jpg


九十九折りでどんどん高度を下げていきます。何度も言いますが、ここは元県道です。
Resize_IMG_0852.jpg


明らかに県道のスペックを満たしていませんね。
Resize_IMG_0857.jpg


そうこうしていると、左側に塀が現れました。
水平に組まれている塀に注目頂きたい。それなりの勾配の凄さがお分かりになると思います。
Resize_IMG_0858.jpg


軽トラでも厳しいであろう道幅は、もはや県道としてのスペックはおろか、ここを好き好んでくるような人は私のような同業者か廃道の名に食らいつく物好きしかいないでしょう。
Resize_IMG_1197.jpg


昔の人はこんな低スペックな道を通っていたんだなと思うと、この時代に生まれてきてよかったと思ってしまいます。
Resize_IMG_1198.jpg


今下ってきた旧県道を振り返りながら、江戸時代や明治時代にここを自足や馬を率いて通った方達の汗を流す後ろ姿を想像してしまいました。
Resize_IMG_0863.jpg


今はこんな馬・・・いやいや、カモシカが通る時代なんですねぇ。
Resize_IMG_0865.jpg


塀はそう長くは続かず、突然途切れます。
Resize_IMG_0866.jpg


塀が途切れると、今度はネットが張られていました。県道は、ゴルフ場のすぐ脇を通過していきます。
Resize_IMG_0868.jpg


キャディさんを盗撮していると、プレー中のおじさん達が物珍しそうな顔をしてこちらをジ〜っと見ています。
よほど、カモシカが美味しそうに見えたのでしょうか・・・。
Resize_IMG_0867.jpg


プレーの邪魔をしない様、エンジンを止めて惰性で下っていきます。
先程の塀を過ぎた辺りから路面は舗装されていました。
Resize_IMG_0869.jpg


写真奥から下ってくると、道端に祠がありました。
Resize_IMG_0870.jpg


江戸時代の案内標識である道標石です。道標石には、「右大山道」と彫られており、この道標石の右が大山道だという事を意味しているようです。道標石の側面には「文政五年庚辰七月吉祥日」とあるので、江戸時代末期(西暦1822年)に建立された模様。道標石上部の風化した観音坐像が相当の年月を見守ってきた事が窺えます。
Resize_IMG_0871.jpg


たしか道標石の前には簡易的な鹿柵があったはずと以前の記憶を頼りに周囲を見渡してみると・・・
Resize_IMG_1200.jpg


脇に落ちていました。以前来た時よりかなり劣化していますが、このネットには開けたら閉めてねという文言が書かれていた表示があったのですが、見当たりません。ここから下った所には数件の民家が点在しているので、動物に畑の農作物を荒らされない為の柵だったはず。一応閉めておこうと思い、ネットを引っ張ったところ、尋常じゃないくらいに絡まっていたので、スルーしてきちゃいました・・・。
Resize_IMG_0874.jpg


鹿柵から更に下るとすぐに民家があります。
Resize_IMG_0876.jpg


中丸沢に掛かる久保橋を渡った先には・・・
Resize_IMG_0877.jpg


豊富に湧き出る湧き水がありました。
Resize_IMG_1201.jpg


ここで喉を潤しました。結構な量が常時流れています。
次回、この辺りに来た時は、ここの水を汲んでラーツーをしたいと思います。
Resize_IMG_0882.jpg


十分休憩を取って更に下っていきます。
写真は、振り返ったところで、左側の鉄塔辺りから中央に見える東京カントリー倶楽部の脇を下ってきました。
Resize_IMG_0883.jpg


更に道なりに下ると、このようなY字路に出ます。
Resize_IMG_0884.jpg


旧県道701号線は、ここを左側に下っていきます。
Resize_IMG_0885.jpg


軽トラなら余裕で通れる幅があります。
Resize_IMG_0887.jpg


昨日降った雨のせいで未舗装部分はドロドロ状態になっていました。
Resize_IMG_0888.jpg


なかなかの狭幅区間が続きます。
Resize_IMG_0889.jpg


恐る恐る狭幅区間を通過していくと、突如として高スペックな道にぶつかりました。
Resize_IMG_0890.jpg


ここが現在の県道701号線となります。地図上でも県道701号線はここまでしか表記されていません。
昨年に拡幅工事が完成し、現在は以前の狭さを感じさせない程、広々とした道になっています。
Resize_IMG_0892.jpg


綺麗な県道を進んで行くと、ヤビツ峠へ通じる県道70号線に合流します。
Resize_IMG_0893.jpg


合流地点からは、ヤビツ峠や大山、浅間山の稜線が綺麗に見えました。
さっきまで、右側に見える中継塔にいたんですね。
初めての伊勢原サーキット、そして古のルート探索となかなか楽しめたルートでした。
Resize_IMG_0894.jpg


スポンサーサイト

Posted on 2015/01/18 Sun. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 5

コメント

初めまして

意外や関東にも楽しそうな林道有りますね!

URL | フォンセ #-
2015/01/29 06:18 | edit

落ち葉の道ですね。

セローには、たまらない道ですね。
Googleマップで見てみました。
下りだけでも行ってみたいです。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/01/29 09:57 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/01/29 14:12 | edit

Re: 初めまして

> 意外や関東にも楽しそうな林道有りますね!

コメントありがとうございます。
探せばこういう所が残ってるんですよ。神奈川はゲート封鎖が多い中、こういう道は貴重な存在です。

URL | かっき〜 #-
2015/01/29 22:43 | edit

Re: 落ち葉の道ですね。

> セローには、たまらない道ですね。
> Googleマップで見てみました。
> 下りだけでも行ってみたいです。

こういう道、たまらないですよね〜
ここは距離は短いですが、なかなか楽しいですよ。
ぜひ下りだけでも行きましょう!よければ次のプランで。

URL | かっき〜 #-
2015/01/29 22:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/16-7b35000a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。