takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

寄地区周辺林道探索2  

探索日:2014年5月18日

さて、シダンゴ山目前まで登り詰めた後は、急勾配を一気に下り、宮地林道の分岐まで戻ってきました。
Resize_IMG_1015.jpg


宮地林道からもシダンゴ山へ行けるようです。
Resize_IMG_1016.jpg


こちらは舗装してありますが、相変わらずの急勾配です。
Resize_IMG_1017.jpg


急勾配の上に松の葉が大量に落ちています。
Resize_IMG_1018.jpg


ここは一気に上がらないと松の葉地獄に陥ります。
Resize_IMG_1019.jpg


急勾配を登り詰めると、三叉路のような所に出ました。
Resize_IMG_1020.jpg


左下から上がってきた所には、今走って来た宮地林道の看板があります。
Resize_IMG_1021.jpg


三叉路の直進側は、シングルダートが続いています。
Resize_IMG_1022.jpg


今来た道を振り返ったところです。
右奥から上がってきて、折り返すように尾根沿いにダブルトラックが続いています。
Resize_IMG_1023.jpg


ダブルトラックは、宮地山を案内しています。
Resize_IMG_1024.jpg


まずは、直進方向のシダンゴ山を目指してみます。
いい感じの道です。
Resize_IMG_1025.jpg


木の根が目立ってきましたが、まだそこまで走行には支障はありません。
Resize_IMG_1026.jpg


しかしだんだん怪しい雰囲気に・・・。
Resize_IMG_1027.jpg


これはもう私のレベルを越える勢いか...!?
Resize_IMG_1028.jpg


ここは、左側が崖のようになっている為、無茶をすれば真っ逆さまです。
もちろんUターンなど出来る幅などなく、今来た道を20m程バックしてきました。
こうなるといつも後悔するんですが、懲りずにまた同じ事を繰り返してしまうんですよね・・・。
image(1).jpg


まぁ、ここは登山道とかいう道でしょう(汗)
Resize_IMG_1030.jpg


先程の三叉路に戻り、コーヒーを沸かして休憩中です。
GPSを確認すると、木の根地獄に悩まされたあの道は、もう少し上がると先程、寄地区周辺探索1で紹介した宮地林道から分岐した先の鬼坂の脇(鉄塔下)に通じている事が分かりました。
image(2).jpg


さて、休憩もそこそこに、今度は宮地山方面に続くダブルトラックを逝ってみます!
Resize_IMG_1032.jpg


いい感じの尾根道が続きます。
Resize_IMG_1033.jpg


ん〜やっぱり杉林とセロー君のコラボが堪まりません。
Resize_IMG_1034.jpg


ダブルトラックはいつしかシングルトラックに・・・。
しかもここからは上り基調となります。しかも結構上ってる。
行くのか・・・!?逝くのか・・・!?
Resize_IMG_1035.jpg


写真も撮れるはずもない急勾配をリヤを滑らせながら登り詰めると、今度は下りになり、再び何事もなかったかのようにシングルトラックは尾根を走っています。
Resize_IMG_1036.jpg


今の急勾配が嘘のようですね。そんな暑かったわけでもないのに、一気に汗が吹き出してきました。
Resize_IMG_1037.jpg


尾根道沿いの木には、宮地山への看板が括り付けてありました。
宮地山まであと何m程なのか、気になります。
Resize_IMG_1038.jpg


看板を過ぎると勾配は再び急になります。
Resize_IMG_1039.jpg


写真では分かりづらいですが、それなりの上り勾配の上に、土がフカフカな為、空転してしまいます。
ここまでか!?
Resize_IMG_1040.jpg


少しバックしては何度も上ってを繰り返しますが、山が減ってきているD605のスペックではちと厳しいようです。
ここでかなりの体力を消耗し、夕暮れ時という事もあり、残念ながら宮地山登頂は断念せざるを得ない状況に。
無念・・・。
Resize_IMG_1041.jpg


しかたなく再びの再び三叉路まで戻ってきました。
Resize_IMG_1042.jpg


もう暑くて暑くて・・・。耐えきれず、ジャケットを脱いでまたここで休憩します。
明らかに体力不足ですね。もっと運動しなきゃなぁ・・・。
Resize_IMG_1043.jpg


しっかり休んでから宮地林道の起点目指して一気に下ってきました。
そろそろ陽が暮れる時間です。燃焼不足の為、最後にもう一本走るかな。
Resize_IMG_1044.jpg


という事で、本日最後の林道は、全線舗装、しかも立派な生活林道である土佐原林道を探索する事に。

寄地区周辺林道探索3へ続く
スポンサーサイト

Posted on 2015/01/31 Sat. 17:13 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

コメント

知りませんでした。

こんなに走る所があったんですね。
以前シダンゴ山へ行った時は、ゲートがあって、それ以上は行かれなかったので、この山はノーマークでした。
貴重な情報をありがとうございます。
探索3も期待しています。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/01/31 22:31 | edit

Re: 知りませんでした。

> こんなに走る所があったんですね。
> 以前シダンゴ山へ行った時は、ゲートがあって、それ以上は行かれなかったので、この山はノーマークでした。
> 貴重な情報をありがとうございます。
> 探索3も期待しています。

シダンゴ行かれたんですね。ゲートがあったんですね。
僕の時はポールしかなかったので、スルーしてしまいました。
僕もずっと気になっていて、何日も地図と睨めっこしていたら気付くとここに居ました(笑)
探索1でシダンゴ山の一歩手前まで行きましたが、あの位置は虫沢林道からの分岐点からも近い場所で、恐らくシダンゴ山山頂を経由する形で繋がっていると思われます。

URL | かっき〜 #-
2015/01/31 23:18 | edit

トラロープが・・・

ここは、トラロープが張ってあったので、行きませんでした。

「寄自然休養村」の方まで上り、大寺観音堂の先を山の中へ入って行きました。
急な坂を登り切ると、シカよけのゲートがあり、すき間から先をのぞくと、階段の登山道でした。
下って来る途中に、舗装された林道があったので、入って行くと、「大寺宮地生産森林組合」の「これより先、私設林道につき関係車両以外の通行できません。」が、ありました。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/02/08 11:08 | edit

Re: トラロープが・・・

> ここは、トラロープが張ってあったので、行きませんでした。
>
今でもロープありましたか。僕はそこをくぐって越えてしまいました。

> 「寄自然休養村」の方まで上り、大寺観音堂の先を山の中へ入って行きました。
> 急な坂を登り切ると、シカよけのゲートがあり、すき間から先をのぞくと、階段の登山道でした。
> 下って来る途中に、舗装された林道があったので、入って行くと、「大寺宮地生産森林組合」の「これより先、私設林道につき関係車両以外の通行できません。」が、ありました。

鹿柵からの登山道は、他の方のサイトで見ていたので気になってました。この付近にも他にも私設林道があったんですね。また気になる林道が増えました。

URL | かっき〜 #-
2015/02/08 13:59 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/18-f2267823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top