takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

足柄峠の向こう側とこっち側周辺林道探索3  

探索日:2015年2月21日


Vol.3 〜点と点が線で結ばれる刻〜

さて、「足柄峠の向こう側とこっち側周辺林道探索2」で金時川沿いの林道を登ってきた2人。軽快なステップで息一つ乱していないチェッチェッチェローさんと、重い足を引きずりながら酸欠気味のかっき〜はようやく稜線へと辿り着き、なんと秘密のトレーニングコースへ合流。
20150226113302c52.jpg


では、秘密のトレーニングコースを反対方向に進むとどこに繋がっているのでしょうか?
201502261133010bf.jpg


ん?ここは!?見覚えが…
…なんと!金時林道でした。
いつもそのまま通り過ぎていたカーブです。「足柄駅方面へ」というような看板があったので、以前から気にはなっていましたが、まさかこんな所に繋がっていたなんて…。
201502271008181a9.jpg


点と点を線で結んでくれるチェッチェッチェローさん。こういった瞬間って、記憶と記憶が同じ回路で繋がる事によって脳の活性化に繋がるんじゃないかなって思うんですが…自分だけ?(^ ^;)
20150228085347c30.jpg


脳が活性化され頭ん中がスッキリした所で下山します。
20150228085349466.jpg


セロー君達のもとへ戻ってきました。
下りはあっという間ですね。
20150227100821935.jpg


登ってくる際に見た巨大堰堤を通り過ぎ…
2015022710082689d.jpg


今度は堰堤下の分岐を左手に上がってきたと思われる道を降りていきます。
20150227100824a72.jpg


道はかなりガレており、こんな陥没箇所までありました。
20150227100830663.jpg


更にガレ道を下っていくと…
20150228085346caf.jpg


やはり登ってくる際に見た分岐に降りてきました。
左奥から下ってきました。
20150228085346208.jpg


ギャツビィGCまで戻り、外周道路を山の方向に上がっていきます。
20150228085350005.jpg


途中の分岐を入り、急勾配を上がります。
20150228085419f24.jpg


結構な登りの上に、連続カーブを越えていきます。
20150228085420686.jpg


ようやくフラットな場所へと辿り着きました。
20150228085422837.jpg


この先は鉄塔の巡視路のような道です。
ここが、チェッチェッチェローさんの秘密のトレーニングコースとなります。
さぁ!行ってみましょう!
201502280854231b2.jpg


あっという間に終わりです。
楽しくて撮影している余裕がありませんでした。
上がったり下がったり、願ったり叶ったり…!?
20150228085426c11.jpg


ここは先程、「足柄峠の向こう側とこっち側周辺林道探索2」で徒歩で登ってきた分岐です。
201502280854510d3.jpg


金時林道に抜けました。
左奥から出てきました。
チェッチェッチェローさんにポーズをお願いしたら、反応くれました。秘密のトレーニングコースをクリアして2人ともハイテンションです。
201502280854527cb.jpg


金時林道を足柄峠方面へ進みます。
2015022808545565f.jpg


日が当たらない所には、雪が残っていました。
20150228085455ff3.jpg


チェッチェッチェローさんは先日、雪道で転倒してしまったらしく、苦労されていました。
201502280854570aa.jpg


前回もこの堰堤の前で写真を撮りましたね。
20150228085519541.jpg


金時林道の途中にあるこの分岐を下っていきます。
20150228085520dba.jpg


するとすぐに道一面の雪が。
しかも凍結しかけており、踏むと若干硬い状態です。
201502280855232b7.jpg


下りの雪道を気をつけながら進んでいくと、ようやく雪のないダートに。
20150228085524d7a.jpg


そのまま下っていくと、ギャツビィGCの外周道路に出ました。
ここを右折して竹之下金時線へ向かいます。
201502280855264d7.jpg


ん?何だこりゃ?
20150228085554abd.jpg


ゴルフカートですね。
ナンバー無いけど公道走っていいのかな…?
20150228085555a89.jpg


道の脇は、すぐにギャツビィGCがあります。
どうやらこの区間の移動は、ゴルフカートで公道を走るようです。
20150228085557e94.jpg


竹之下金時線の入口までやってきました。
201502280855581c8.jpg


再び金時林道へ向かって登っていきます。
201502280856005fe.jpg


竹之下金時線は残念ながら舗装化が進んでいます。
少し前に来た時は、工事中の為、引き返しましたしね。
2015022808562372f.jpg


でも、未舗装区間の方がまだまだ多くあります。
このまま残して欲しいけど、林業の方達は走りづらいんでしょうね。
20150228085624d66.jpg


ここも道一面の雪が残ってました。
201502280856260ea.jpg


慎重に雪道を進むチェッチェッチェローさん。
20150228085629458.jpg


しかし、ここばかりは2人とも手こずりました。
201502280856523dc.jpg


四輪の轍こそありましたが、完全に凍っていてさすがのTR011ツーリストさえも食いつきません。
201502280856536af.jpg


更にエアーを落とそうかとも思いましたが、雪の無い所から助走をつけてなんとかここまで上がって来る事が出来ました。
20150228085655377.jpg


チェッチェッチェローさんのピレリMT21は雪道は苦手のようで、空転するばかり。
歩いて戻り、チェッチェッチェローさんの後ろを押してなんとか雪の無い所まで登ってきました。
2015022808565624f.jpg


雪中アタックってやつですかね(^ ^;)
20150228085657e86.jpg


先を確認する為に歩いて登っていくチェッチェッチェローさん。
僕はMXブーツで大変だったので、セロー君と先の様子を見に行く事に。
20150228085718751.jpg


確か、もうすぐ金時林道に合流するはず…。
20150228085720518.jpg


思った通り、すぐに金時林道に合流しました。
2015022808572129b.jpg


この辺の雪質は柔らかく、ツーリストのタイヤ跡もご覧の通り。
このワッフル跡が食いつきの証ですね。
20150228085723eaf.jpg


写真を撮っていると、すぐにチェッチェッチェローさんが上がってきました。
20150228085724c37.jpg


金時林道の乙女峠方面はこの通り雪がびっしりです。
20150228085744b23.jpg


しかし、足柄峠方面はほとんど雪はありません。
という事で、足柄峠方面に向かいます。
20150228085746905.jpg


…と、出足は良かったのですが、またもやこんな感じに…。
20150228085747b03.jpg


再び雪中アタックを試みます。
2015022808574934f.jpg


先程の竹之下金時線の勾配ほどキツくはないので、こんな道ですが何とか抜けてこれました。
2015022808575052e.jpg


すると、ついに足柄峠側のゲートが。
201502280858148d9.jpg


2人とも無事脱出です。
201502280858156fa.jpg


休憩もそこそこに、久しぶりに金時山登山道の手前ゲートまで行ってみる事に。
金時山が奥に見えてますね。
20150228085817050.jpg


ゲート手前の駐車場までやってきました。
20150228085818651.jpg


登山道手前のゲートはこんな感じです。
20150228085820f7f.jpg


この辺でよく目にする金太郎の像です。
20150228085842c2f.jpg


駐車場を後にして、足柄峠の県道78号線まで戻ってきました。
20150228085843cd2.jpg


TR011ツーリストはヒゲが全て取れて、全体的に皮むき出来たようです。
201502280858481ff.jpg


お昼を過ぎ、お腹が減ってきたので地蔵堂にある万葉うどんへ向かう事に。
20150228085847e41.jpg


万葉うどんまでは、チェッチェッチェローさんのセロー250をお借りします。
20150228085846af9.jpg
アクセルを開けた時のレスポンスが良くて、凄く乗りやすかったです。
謎の青玉効果のせいもあってか、ハンドルも軽くてキビキビした感じが伝わってきます。
地蔵堂まで下っていく連続ヘアピンである程度倒しても安心して走れました。


足柄峠の向こう側とこっち側周辺林道探索4へ続く
スポンサーサイト

Posted on 2015/02/28 Sat. 23:40 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

コメント

雪道アタッ苦

こんなに雪が残ってるんですね。
大変そうだなぁ、自分のでは上れるかどうか。
でも、楽しそう。
季節によって色々と変化があり、楽しめますね。

URL | ラオ #-
2015/03/01 00:43 | edit

Re: 雪道アタッ苦

> こんなに雪が残ってるんですね。
> 大変そうだなぁ、自分のでは上れるかどうか。
> でも、楽しそう。
> 季節によって色々と変化があり、楽しめますね。

雪道って、アクセルの開度や姿勢などをコントロールしながら進むので大変ですが、色々と考えながら走る事に楽しさを感じます。
冬ならではの醍醐味ですね。
ただ、凍結路となるとコントロール不能に陥り、かなりパニックになりますけどね…。ましてや、下りの凍結路なんて…( ̄O ̄;)

URL | かっき〜 #-
2015/03/01 07:22 | edit

雪道こわい。

舗装路の全面に雪を見た時は、「終わった・・・。」と思いました。
かっき~さんは・・・、行っちゃった・・・。
あー、登って行く・・・、うまいなー。って、どーしよー・・・。
終始、こんな状態でした。タイヤのせいじゃないですよ。
でも、楽しかったですね。
久しぶりに”途方に暮れました。”

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/03/01 08:46 | edit

Re: 雪道こわい。

> 舗装路の全面に雪を見た時は、「終わった・・・。」と思いました。
> かっき~さんは・・・、行っちゃった・・・。
> あー、登って行く・・・、うまいなー。って、どーしよー・・・。

すいません…。
そうとも知らず、楽しくて、ついついその勢いのまま進んでしまいました。
でも、無事に上がれて何よりでした。

URL | かっき〜 #-
2015/03/01 14:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/35-799fb8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top