takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

夕刻の矢倉沢往還を行く1  

探索日:2015年03月14日


矢倉沢往還と言うと…
言わずと知れた古くは奈良時代に築かれ、江戸時代には江戸の赤坂御門から足柄峠を経て東海道沼津宿へ至る街道として賑わった名道です。
大山への参詣道の一つである事から、大山道とも大山街道とも言われています。

その殆どが現在の国道246号線に沿って走っており、旧道として舗装化され現在も併用されたりしている中、すっかり人が入らなくなったダート区間が伊勢原市善波に残存しているんです。
そんな矢倉沢往還の魅力に吸い込まれるようにやって来ました!

ここは、国道246号線を秦野方面に向かって坪ノ内交差点を左折して一つ目の交差点です。
Resize_IMG_2950.jpg


地図でいうと、ここ。
赤い十字が、上の写真の交差点です。
この交差点を右折(地図では左折)します。
20150323145151d24.jpg


民家を抜けていくと道が細くなりました。
Resize_IMG_2951.jpg


脇の標識には矢倉沢道とあります。
Resize_IMG_2952.jpg


程なくして、このような分岐が現れます。
ここは直進(左方向)します。
Resize_IMG_2953.jpg


ここにも矢倉沢往還の案内板がありました。
迷う事ないですね。
Resize_IMG_2954.jpg


ここからは更に狭くなり、一車線程の幅員となります。
Resize_IMG_2955.jpg


2、3件の民家を最後に、ここからは林道っぽくなります。
Resize_IMG_2956.jpg


左側には矢倉沢往還の案内板があります。
写真には写っていませんが、ちょうどこの左脇には吾妻山へのルートが分岐していました。
Resize_IMG_3056.jpg


歴史が刻まれた道です。
今でこそコンクリート舗装されていますが、賑わった当時はダートだったでしょうから昔の人は苦労が絶えなかった事でしょう。
Resize_IMG_2960.jpg


国道246号線へ至るルートが分岐していました。
このまま直進します。
Resize_IMG_2961.jpg


夕刻の矢倉沢往還を緩やかな勾配に沿って登っていきます。
旧人の方たちもこんな景色を見ていた事でしょう。
Resize_IMG_2962.jpg


国道246号線がすぐそこを並走しています。
まさかこんな所に道があるなんて思いもしないでしょうね。
Resize_IMG_2963.jpg


トコトコ走っていくと路面はダートになり、開けた所には畑がありました。
Resize_IMG_2964.jpg


里山のような景色の中を進んでいくと、今度は竹林の脇を進んでいきます。
Resize_IMG_2968.jpg


竹林が終わると同時に、路面は舗装路となります。
Resize_IMG_2969.jpg


至る所に、矢倉沢往還の案内板があるので迷う事はありません。
Resize_IMG_2970.jpg


この分岐も、右へ行くと国道246号線へと出てしまうので直進します。
Resize_IMG_2971.jpg


程なくして、このような民家が矢倉沢往還沿いに現れます。
Resize_IMG_2972.jpg


矢倉沢往還は、この民家のすぐ脇を左側へ進んでいきます。
真っ直ぐ行くと国道246号線へへ出てしまいます。
ここは道なりに来ると、つい通り過ぎてしまいがちです。実は以前ここを走った時にも間違えたんですが、今回も通り過ぎてしまい、すぐに引き返してきました。
Resize_IMG_2973.jpg


至る所に案内板がありますが、ここの案内板は古くて見にくくなっているので新調した方がよさそうな気がします。
Resize_IMG_2974.jpg


ここからの矢倉沢往還は先程までとは違い、山らしくなってきました。
Resize_IMG_2975.jpg


勾配も急になってきた事もあり、いよいよ善波峠に向かって最後の登り区間となるようです。
Resize_IMG_3057.jpg
果たして善波峠まで抜けられるのでしょうか?


夕刻の矢倉沢往還を行く2へ続く
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/23 Mon. 16:01 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 6

コメント

矢倉沢往還

随分と案内板が多いんですね。
最後の案内板から、がらっと、雰囲気が変わりますね、この先どうなってんでしょうか、気になります~。

URL | ラオ #9K64Lzaw
2015/03/23 18:37 | edit

歴史ある道、昔は人の往来も多く賑わっていたでしょう、
今は訪れる人も少なくひっそりと佇んでいる。
ロマンがありますねぇ!
石碑とか道祖神とか有るんでしょうねぇ。
先が楽しみです。

URL | 中性脂肪600 #-
2015/03/23 18:51 | edit

Re: 矢倉沢往還

ラオさん

歴史ある道なので、それなりに案内板が設置されているんでしょうね。
ここまでは里山の雰囲気があったんですが、ここからは登山的な要素が多くなります。この先は、きっと皆さんが知っている所(!?)に抜けると思います。
次回作にご期待あれ!

URL | かっき〜 #-
2015/03/23 19:26 | edit

Re: タイトルなし

中性脂肪600さん

歴史深い道はいつも昔の賑わいを想像しながら通ったりしています。この区間には、石碑や道祖神は見当たりませんでしたが、他の旧道部分には結構ありますよ。

こうして昔を忘れず、今も自分達のような人間によって開かれている道は大変貴重な財産ですよね。
まさに今昔物語です。

URL | かっき〜 #-
2015/03/23 19:34 | edit

矢倉沢往還

矢倉沢往還と言えば、富士見塚の横を通っていましたね。
沼津まで続く道とは驚きました。
さらには、かっき~さんは初めてじゃないんですね。こんなオーナーと過ごしているセローも、きっと大喜びですね。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/03/23 20:53 | edit

Re: 矢倉沢往還

チェッチェッチェローさん

> 矢倉沢往還と言えば、富士見塚の横を通っていましたね。
確かにあそこにも矢倉沢往還が通っていましたね。こうして走っていると、ちょくちょく矢倉沢往還という名前を目にしますね。

> さらには、かっき~さんは初めてじゃないんですね。
実は以前、RZ50でこのダートを走りました。オンロードタイヤなのに…。
考えてみたら、この頃からオフロードばかり走ってたので、“林道”好きはこの頃からだったようです(^^;)

URL | かっき〜 #-
2015/03/23 22:14 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/45-2c653563
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top