takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

新旧SEROWで行く箱根周辺林道ツー2  

探索日:2015年03月24日


熱函街道から逸れて一行が向かった先は酪農王国オラッチェ。
初めて来る場所です。
一体、どんな所なんでしょうか。



動物と触れ合ったり、パンやソフトクリームの手作り体験、野菜の収穫体験まで出来るようです。
子供心をくすぐるにはちょうど良さそうですね。



売店を過ぎて外に出ると、ドーン!と構えたトラクターが!
60年代後半に製造されたフォードソンのスーパーデキスター トラクターです。



昭和38年に国の農業構造改善事業の一環により組合から寄贈されたそうです。



ヤギやヒツジがいました。
餌付けをしている子供たちがいます。



チェッチェッチェローさんの以前のブログでも紹介されていましたが、ヤギの瞳は黒目が横長なんですね。
実物を意識して見たのは初めてです。



鯉とカルガモの戯れる姿に平和を感じてしまいました。



時間もお昼前となり、小腹が空いてきました。
温室で軽食を購入します。



コーヒーと照焼きチキン&レンコンパンという聞きなれないパンを購入。
なかなか美味しかったです。



さて、すっかり観光地巡りの旅と化した一行ですが、午後のステージは林ツーメインとなります。
ここで、チェッチェッチェローさんから乗換えてみませんかとの提案を頂き、自分がセロー250を乗らせて頂く事に。



チェッチェッチェローさんのセロー250の前には桜が。



まだ満開ではありましたでしたが、綺麗でした。



ん?
何か変ですね。中間パイプのヒートガードがありません。
チェッチェッチェローさんに窺うと、何処かで落としてきてしまったとの事。こんな物、落ちるもんなんですね〜。ビックリしました。
この事については、チェッチェッチェローさんのブログに記事があります。



オラッチェを出発し、再び県道11号線(熱海街道)を走っていると、チェッチェッチェローさんが停車しました。2kmくらいのピストンですが行きますか?との事。行ける所なら何処でも行ってしまぇ〜って事で、もちろん快諾。
写真右奥にある入口から入って行きました。



いきなり終点の写真ですが、ここまでは全線舗装路ながらも、枯葉や小石混じりの林道をひたすら登っていくコースでした。沢渡りも2ヶ所程ありました。



チェッチェッチェローさんについて行ったら、終点から折れた急斜面を登り切ってました。
ラオさんも多分、ハテナマークを浮かべながら急斜面を登ってきます。
チェッチェッチェローさんが見ている方向には、ほぼ垂直に近いんじゃないかってくらいの立ちはだかった斜面があります。
さすがにあれは登れないですよね(^^;)



急斜面を下りてくるチェッチェッチェローさん。
よくこんな所知ってますね。しっかりチェックされてます。



おっかなびっくりの自分とラオさんに、チェッチェッチェローさんは余裕綽々な表情をされておりました。
ここでラオさんから一言。ここは、「人のバイク借りて来る所じゃないですよ」。さすがラオさん、よく分かってらっしゃいます。でもね、僕的にはここは笑いが止まらなかったです。やっぱりアタック系なのかな…(笑)



再び県道11号線を登っていきます。



分岐に辿り着きました。



おっ!ここは!?



おぉ〜!箱根山林道!
以前から走ってみたかったんですよね。



この林道にはガス管が埋設されているそうです。
林道にガス管だなんて全く想像した事がありませんでした。



起点から直ぐに鉄塔ルートへの支線を発見しました。チェッチェッチェローさんとラオさんが歩いて調査しに行きます。



えぇ〜い!
鉄塔ルートならぜひセロー君を連れていかなくては!
という事で、セロー君と共に支線へ乳輪…じゃなくて、入林。



するとチェッチェッチェローさんが行けそうって合図してます。とりあえず、鉄塔下まで行くと…



その先は急斜面になっており、次の鉄塔が真正面に見えました。



斜面には、伐採された丸太があったり、葦が中途半端に切られていて歩くのもキツい状況でした。



チェッチェッチェローさんがここは無理そうって事で、林道を斜面下まで下りて様子を見てくれました。



無理すれば何とか行けそうですが、ここは諦めました。



下から見るとそんなでもなさそうなんですけどね。
意外とトラップも多く、難儀しそうです。



箱根山林道を先に進みます。



分岐です。
今度はどんな体験が待っているのでしょうか!



新旧SEROWで行く箱根周辺林道ツー3へ続く
スポンサーサイト

Posted on 2015/03/27 Fri. 11:04 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 4

コメント

プチヒルクライム

あの程度のプチヒルでも、登り切ったときは爽快ですね。
流石に登りながら、見えてくる先の丘(山)を目にし、う.そ.だ.ろ~~と心の中で言いってました。
あそこが行き止まりで良かったです。
もう一言、「あの山、崖は子持ちのライダーの挑戦するところじゃないよねぇ 」とも言いました。が、誰でもやめた方がいいですね。

URL | ラオ #9K64Lzaw
2015/03/27 16:41 | edit

林道箱根山線

林道の名前は、「箱根山線」でしたね。
かっき~さんの撮った山羊の顔はとても穏やかな表情をしています。
オラッチェの様子もよく分かりますし、プチヒルも何がおかしかったのか、その場にいなくても、おかしさが伝わってくるようです。
ツー3も楽しみです。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/03/27 18:13 | edit

Re: プチヒルクライム

ラオさん

> もう一言、「あの山、崖は子持ちのライダーの挑戦するところじゃないよねぇ 」とも言いました。が、誰でもやめた方がいいですね。
そうでした!その一言もありましたね。
あのスーパーヒルクライムに挑戦していたら間違いなく命は無いでしょうね。
でも、モトクロスだったら登っちゃうんだろうなぁ〜とか思うと、見てみたい気もします(^^;)

URL | かっき〜 #-
2015/03/27 19:33 | edit

Re: 林道箱根山線

チェッチェッチェローさん

あのプチヒルには本当にビックリしましたけど、笑いが止まらなくなるくらい楽しかったです。
もう少し先まで続いていれば〜なんて思ってしまいました。

あの周辺の林道をくまなく地図を見ましたが…伊豆スカイラインへ抜けている道もありますね。
ハマりそうです(^^;)
今度、また探索しませんか!?

URL | かっき〜 #-
2015/03/27 19:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/48-2840a77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。