takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ヤビツ峠周辺林道探索1  

今日は、午前中の用事を済ませてお昼過ぎからヤビツ峠周辺の林道探索に向かいました。
今日のルートは、向山林道→小玄台管理道路→桜沢林道→表丹沢林道→菩提林道→再び桜沢林道→小玄台管理道路→向山林道→菜の花台への尾根ルート→羽根林道→鉄塔巡視路→菜の花台展望台を走行するヤビツ峠西側メインのルートです。

2013年9月に小玄台管理道路ゲートでマグナのパニア君を破壊するという苦い経験と、桜沢林道へ完抜出来るのかどうかどうしても気になっていた事から、セローに乗り換えた今、リベンジを果たすべく、まずは秦野の菩提にある向山林道に行きます。

向山林道に行くには、県道705号線が交差する菩提交差点から東に一つ目の十字路を北に進みます。
画像は、東田原から菩提に向かって撮影しています。この交差点を右折します。
Resize_IMG_4911.jpg

右折してすぐに第二東名高速道路の建設予定地である看板が立っていました。
せっかくの景観が台無しですね...
Resize_IMG_4912.jpg

右手にある葛葉川沿いを走るとすぐに向山橋が現れます。ここを右折して、橋を渡りきったらすぐに左折します。
Resize_IMG_4913.jpg

そしてすぐのT字路を右折します。
Resize_IMG_4914.jpg

すると50mほどでこのようなT字路があるのでここを左折します。
ここからが向山林道です。標識などはありません。
Resize_IMG_4915.jpg

9月に来たときは夜だったのでかなり不気味な雰囲気でしたが、鬱蒼とした森の中を進むルートなので昼間でも薄暗いです。
Resize_IMG_4916.jpg

林道に入るとすぐ右手に作業小屋のような建物があり、その傍らには馬頭観世音の碑が祀ってありました。
Resize_IMG_4917.jpg

基本的にコンクリート舗装ですが、杉の葉が大量に落ちていて、調子に乗って飛ばすとタイヤを取られるので注意が必要です。
IMG_5109.jpg

ほどなくお手製の鹿柵に辿り着きました。以前来た時は閉まっていましたが今回は開いていました。
距離から見て、この鹿柵は2つ目の鹿柵かと。1つ目の鹿柵はいつの間にか通り過ぎていたようです。という事は、1つ目も開いていたという事ですね。
Resize_IMG_4920.jpg

左側の崖下には民家がある為、林道沿いには鹿柵があります。路面は相変わらず杉の葉やら枝などが散乱しています。
Resize_IMG_4921.jpg

ほどなくして今日のメインデッシュである菜の花台(展望台)への登山道?(獣道)の分岐にぶつかりました。
IMG_5110.jpg

振り返って進行側から見た画です。左側が登山道で、奥が今走ってきた林道です。
以前来た時は真っ暗で分かりませんでしたが、地図を見るとどうもここが菜の花台から続く尾根となっているようです。
Resize_IMG_4923.jpg

明らかに人の踏跡のような不自然な感じです。しかし、ここは楽しみに取っておいて、ひとまずこの先の向山林道→小玄台管理道路→桜沢林道の完抜出来るのか確認しにいきます。
Resize_IMG_4924.jpg

ここは前回来た時は川になってましたが、今回はひからびていました。
IMG_5111.jpg

しばらく走るとこのような合流に当たります。
菩提マス釣センターから上がってきた道(左側)と合流します。向山林道は右手に進みます。
Resize_IMG_4928.jpg

しばらく進むと、2つ目の川横断ポイントへとやって来ました。今日はそこそこ量があります。
Resize_IMG_4929.jpg

すぐにぬかるみポイントがあります。ここは以前はもっとぬかるんでいましたが、コンクリート舗装という事を忘れていてマグナで通過するのに泥を避けながら通って苦戦した場所です。
今回はこのまま通過します。
Resize_IMG_4931.jpg

鉄塔巡視路へ続く階段が現れました。
IMG_5112.jpg

ふと見上げるとすぐそこには鉄塔が...
Resize_IMG_4933.jpg

新秦野線50と表示されています。
Resize_IMG_4934.jpg

鉄塔を後にし、このようなむかるみポイントを再び通過します。
Resize_IMG_4936.jpg

するとようやく小玄台管理道路の入口ゲートが見えてきました。
Resize_IMG_4937.jpg

水源林整備事業の木柱です。
前回は暗くて分からなかったのですが、恐らく「小玄台管理道路」と彫られていたであろう看板が朽ちて落ちていました。
Resize_IMG_4939.jpg

Resize_IMG_4940.jpg

ゲートのすぐ手前には不動の滝への道が分岐しています。
Resize_IMG_4941.jpg

Resize_IMG_4942.jpg

ゲートの左側は沢が流れていて崖となっています。
Resize_IMG_4944.jpg

左脇は崖ギリギリまでしっかりガードされています。
Resize_IMG_4943.jpg

しかし、右脇はというと...
ご覧の有様です。
Resize_IMG_4945.jpg

前回、マグナで痛い思いをしたにっくきゲートです。
今回はあっさり突破してやりました!
Resize_IMG_4946.jpg

ゲートの先もコンクリート舗装ですが、落ち葉が大量にある上に...
Resize_IMG_4947.jpg

コブシ大くらいの石もゴロゴロしています。
Resize_IMG_4948.jpg

次第に道の両脇にはススキが広がってきました。
Resize_IMG_4949.jpg

ススキ道を抜けると四叉路に出ました。
Resize_IMG_4950.jpg

左側に下る道は、恐らく集落へと抜ける道だと思います。
Resize_IMG_4951.jpg

右側に登っていく道は桜沢林道にぶつかるのかな?いづれも最近出来た道のようです。
Resize_IMG_4952.jpg

とりあえず小玄台管理道路を直進します。
Resize_IMG_4953.jpg

するとゲートがありました。
Resize_IMG_4954.jpg

IMG_5114.jpg

左側は抜けられるスペースはありません。
Resize_IMG_4956.jpg

右側は...余裕です(笑)
Resize_IMG_4957.jpg

やはり桜沢林道へ抜ける事が出来ました。地図では、小玄台管理道路入口のゲートまでしか載ってなかったので、やっと一つの疑問が解決しました。
Resize_IMG_4958.jpg

Resize_IMG_4960.jpg

向山林道起点〜小玄台管理道路終点までのルートです。


ゲートのあるカーブの少し下にはこの道が桜沢林道である確たる証拠の一つである「くずはの泉」の看板がありました。
下った先にあるゲートのすぐ先には豊富な湧き水が湧いています。
Resize_IMG_4959.jpg

どうせ下っても両脇までガードされた屈強なゲートがあって抜けられないのは分かっていた為、桜沢林道を登る事にします。(実は桜沢林道入口ゲートは、脇に秘密の抜け道アリ♥)
Resize_IMG_4963.jpg

桜沢林道からの景色です。この日は、秦野の街並みから遠く伊豆半島の大室山や伊豆大島まで望む事が出来ました。
Resize_IMG_4964.jpg

これから走る予定の表丹沢林道(上)と桜沢林道(下)のガードレールが見えます。
Resize_IMG_4965.jpg

桜沢林道の終点ゲート手前に分岐道がありました。
位置的に、先程の四叉路から右に登っていく道がここに通じているんだと思います。ここは帰りに通って検証する事にします。
Resize_IMG_4966.jpg

そのまま桜沢林道を進むとすぐにゲートがあります。以前来た時は閉まっていましたが、今日は開いていました。
Resize_IMG_4968.jpg

Resize_IMG_4969.jpg

ゲートの左脇はロープでガードされています。
Resize_IMG_4970.jpg

右側はガードレールギリギリまでゲートでガードしています。しかもゲートの隣に柵まで付いています。
Resize_IMG_4971.jpg

桜沢林道(小玄台管理道路ゲート)〜桜沢林道終点までのルートです。


以前も紹介した四叉路です。
左側が菩提林道、右側が表丹沢林道です。
Resize_IMG_4972.jpg

振り返って、左側が今来た桜沢林道、右側が表丹沢林道です。
今日は、東西の表丹沢林道のゲートも開いていました。
Resize_IMG_4973.jpg

東側の表丹沢林道は以前ここへ来た時はゲートが閉まっていて脇から抜けられなかった事もあり、せっかくなので走って県道70号線に抜ける(起点に向かうルート)事にします。
IMG_5115.jpg

左側はバイクを溝に落とせば無事に抜ける事が出来るでしょう。私には無理ですが...(汗)
IMG_5116.jpg

残念ながら右側は抜けられるスペースがありません。
Resize_IMG_4976.jpg

可も無く不可も無く、気持ちよく走行出来ます。
Resize_IMG_4977.jpg

途中で、パラグライダーの滑走デッキが見えました。このデッキの左奥が菩提峠です。
Resize_IMG_4978.jpg

このようなガードレールがひしゃげた箇所もあります。
Resize_IMG_4979.jpg

その反対側のガードレールも見事にひしゃげています。
Resize_IMG_4980.jpg

その先の二股橋の掛かる所でも大規模な土砂崩れによって迂回ルートが出来ていました。
Resize_IMG_4982.jpg

お正月という事もあり、休工中のようです。
Resize_IMG_4981.jpg

それにしてもかなりの量の土砂崩れです。
Resize_IMG_4983.jpg

Resize_IMG_4984.jpg

14tの標識が無惨にも横たわっています。
Resize_IMG_4986.jpg

さて、表丹沢林道も残すところ、あと1kmです。
Resize_IMG_4987.jpg

表丹沢林道は、全線舗装路で走りやすいルートです。
Resize_IMG_4988.jpg

起点のゲートが見えてきました。...と同時に、右側に最近開拓された感じの林道があるではないですか!!
Resize_IMG_4989.jpg

いつ行くの?今でしょ!!(笑)
Resize_IMG_4990.jpg

人工林と思われる中を疾走します。
Resize_IMG_4991.jpg

あちらこちらにこのような木材が置かれていました。
Resize_IMG_4992.jpg

この林道(作業路?)は、あちらこちらに分岐があり、再び合流するという不思議な感じの道です。
採石が敷いてあり、明らかに人工的な道です。
Resize_IMG_4993.jpg

杉林の間から横浜方面の景色が見えました。江ノ島も近くに見えます。
Resize_IMG_4994.jpg

またまた分岐しては合流するを繰り返しています。まさに林道ラビリンスです。
Resize_IMG_4995.jpg

ある程度走るとようやく行き止まりに辿り着きました。
IMG_5117.jpg

GPSで確認すると、ここは菜の花台展望台のすぐ上辺りである事が分かりました。

IMG_5118.jpg

行き止まり地点から振り返ると、尾根に沿って走ってきた事が分かります。
Resize_IMG_4998.jpg

ここで少し遅めのお昼にします。
Resize_IMG_5002.jpg

さて、十分栄養を取ったので、今走ってきた林道ラビリンスを戻ります。
表丹沢林道の起点ゲートまで戻ってきました。
Resize_IMG_5003.jpg
ゲートの少し手前には、植林記念碑と彫られた石碑がありました。
やはり人工的に植林した杉林だったようです。
Resize_IMG_5004.jpg

表丹沢林道の起点ゲートの左側は、注意書きの看板が邪魔で抜けられるスペースがありません。
Resize_IMG_5005.jpg

なので、右側から脱出します。あくまでも自己責任で。
Resize_IMG_5006.jpg

Resize_IMG_5009.jpg

表丹沢林道の菩提林道&桜沢林道合流地点〜表丹沢林道起点までのルートです。


表丹沢林道起点ゲート手前から分岐する林道ルートです。

〜2014.01.02 ヤビツ峠周辺林道探索2へ続く〜
スポンサーサイト

Posted on 2014/01/02 Thu. 00:00 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/5-206fe9c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。