takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エンジンオイル交換  

整備日:2015年04月04日


前回の交換から走行距離1500km程ですが、半年経過したのと、若干のオイル滲みが確認されたのでエンジンオイルを交換する事にしました。

その前に、エンジンオイルについて考察してみたいと思います。

自分のセロー225は、98年式なので17年前の製造であり、現代の車両のように化学合成油が必ずしも良いかというとそういう訳ではないようです。
旧い車両に化学合成油を使用すると、ゴム系シールを痛めて結果的にオイル滲みを起こすと聞いた事もあります。

ちなみに前回使用したオイルは、

モチュール5100 10W-40
適合規格
API:SL
JASO:MA
ベース:半化学合成油

であり、二輪にも適したオイルです。

ショップのオススメもあり、1年ほど使用してみましたが、やはりオイル滲みが気になる時がありました。100%化学合成油ではもっと滲んでいたかもしれません。
そこで今回は化学合成油はやめて、オイルの基本となる鉱物油を入れてみようと思いました。

一般的に、高いオイルを長く使うよりも、安いオイルを早めに交換したほうが良いと言われます。
私の乗っているバイクは既に旧車の部類に属しますので、より潤滑性のいいカリカリの化学合成油よりも素直な鉱物油のほうが適しているのではないかと考えました。
まぁ、鉱物油がオイルの基本ですから“基本に忠実に”というルールに従えば間違いないかと(^^;)

じゃあ、素直にセローの純正の指定オイル「ヤマルーブ スタンダードプラス 10W-40」を入れればいいじゃないかと思われる方もいるかと思いますが、少ないお小遣いとへそ曲がりの自分はこういう所も“探索”してみたいと思い、探検心から色々なオイルを試してしっくりくる物を探したいと思います。

そこで、街へ繰り出すとこんなオイルがありました。



JX日鉱日石エネルギー(旧新日本石油)のUTC バイク用4サイクルオイルSJです。
適合規格
API:SJ
JASO:MA
ベース:鉱物油



値段こそ税込821円と安いですが、評価もそれなりにあるようです。
更に純鉱物油なのでゴム系シールに最もなじみが良く、オイル漏れに関するトラブルを未然に防いでくれることと期待しています。

今回は、コスパも意識してコイツを入れてみます。
いつものオイルパックも用意しました。



まずは、アンダーガードを外します。



アンダーガードはM10六角ボルト1本で止まっていますので、簡単に外れます。
先日の探索で泥だらけですね…。



外したアンダーガード。
いつもこんな風に葉っぱや泥などが詰まっています。



アンダーガードを外すと、エンジンオイルのドレンボルトが見えます。
赤矢印の部分です。



M19のメガネでドレンボルトを外します。



ドレンボルトを外すと勢いよくエンジンオイルが出てきます。
あらかじめ、その辺を少し走ってエンジンオイルを温めてサラサラにしておきます。但し、ドレンボルトを外した時に勢いよく出てきたエンジンオイルでヤケドをしないように注意が必要です。



外したドレンボルトにスラッジは全然溜まっていませんでしたが、パーツクリーナーで古いオイルを落としておきます。オイルフィルターは網タイプですので、破れない限り再使用出来ます。同様にパーツクリーナーで洗浄しておきました。



ドレンパッキンは潰れかけていたので、新品に交換しておきました。



エンジンオイルを抜いている間に、泥だらけのアンダーガードを掃除しました。



新しいオイルをオイルジョッキに移します。



ドレンからのエンジンオイルが抜け切った事を確認してからドレンボルトを元に戻し、車体の反対側に回って給油口から新油を注ぎ込みます。

エンジンを掛けてみます。…普通です。
少し走ってみましたが、特に変化は感じられず…。
バイクは、エンジンとクラッチの潤滑を一つのオイルで行っているので、オイルによってクラッチが重くなるとか軽くなるとか言われますが、そこら辺に関しても特に変化は感じられませんでした。

ひとまずこれで様子を見たいと思います。
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/05 Sun. 19:01 [edit]

category: 整備

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 8

コメント

オイル

オイルにも色々ありますね。
先日、ちょっと見に行っただけでもホント、メーカーも種類も多いですね。
自分ももう少ししたら交換しないと。
ヤマルーブになってしまうかもしれませんが。
丁寧な説明で参考になりましたよ。
有り難うございました。

URL | ラオ #9K64Lzaw
2015/04/05 20:07 | edit

Re: オイル

ラオさん

そうですね。オイルの種類はピンきりで、どれがいいのか悩みますね。
まぁ、メーカー指定のヤマルーブがいいに越したことはないでしょうが、色々と目移りしてしまいます。

ラオさんは購入されたお店での交換でしょうか?

URL | かっき〜 #-
2015/04/05 22:37 | edit

偶然ですね。

こんばんは。

じつは、昨日セローのオイル交換をしました。と言っても、秦野のレッドバロンに持ち込んで、オイルリザーブ会員のオイル交換をお願いしました。

セロー225はちょうど1ℓですよね。セロー225に乗っていた時は、一年に一回しかオイル交換はしませんでした。その代わり1ℓが1万円のオイルを使っていました。アタックレーシングのオイルです。

セロー250は、オイルエレメントを交換しない場合は、1.1ℓです。
去年の11月の24カ月点検時にオイルとエレメントを交換をしました。
2500kmほど走ったので交換しましたが、今回はオイルのみ交換でしたので、アタックX1を100cc入れ、エンジンオイルは1ℓでした。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/04/05 23:15 | edit

Re: 偶然ですね。

チェッチェッチェローさん

こんばんは。
なんとチェッチェッチェローさんもオイル交換されてましたか。
アタックレーシングと言うと、高価なオイルで有名ですね!それだけ愛情を注いであげればセローも本望ではないでしょうか。
自分は、1万円もするオイルを入れたら小遣いが半分無くなっちゃいますので、安物でガマンしてます…(> <)

アタックx1というと、燃費向上にも交換があると聞きましたが、30km/ℓを切らない燃費は効果覿面でしょうかね。
250はオイルのみ交換だと1.1ℓなんですよね。そういう意味でも、225はキリのいい1ℓで助かってます(^^;)
オイル交換って意外と奥が深いので、色んな方の意見を聞いてみたかったので非常に参考になります。ありがとうございました。

URL | かっき〜 #-
2015/04/05 23:52 | edit

オイル

ホント、ピンキリなんですね!
自分で交換するつもりです。

URL | ラオ #9K64Lzaw
2015/04/06 06:50 | edit

Re: オイル

ラオさん

ご自分でやられるんですね。
オイル選びは悩む分、効果の期待度などを考えながらやってみるのも楽しみですね。

URL | かっき〜 #-
2015/04/06 08:34 | edit

こんばんわ!
オイルって交換時なら気軽にいろいろ試せるのが面白いですよね。

XRはワコーズ・トリプルR(10W-40?)を入れ続けて、
10万kオーバーでもエンジンは元気いっぱいです。
以前、左側タペットホールからニジミが出ましたが、
熱による持病らしいので、ある程度のパッキン類は消耗品ってカンジです。

SL230はプロステージを半年毎で換えてます。
モデルが違うのであんまり関係ないかもですが、ご参考までにどうぞということで(笑)

URL | ペ☆ヤング #-
2015/04/08 03:31 | edit

Re: タイトルなし

ペ☆ヤングさん

コメントありがとうございます。
XRは10万キロ越えしてるんですね!手入れをしっかりすればバイクもちゃんとその距離でも乗れるんですね。
トリプルRは知ってましたが、入れた事はありませんでした。プロステージもトリプルRも結構評価も高そうなので非常に参考になります。
色々と試してみたいと思います。
ありがとうございました( ^ω^ )

URL | かっき〜 #-
2015/04/08 13:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/55-2a0bcd83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。