takatan blog

The roam diary of forest road by serow225

所縁ある浜居場城跡探索Vol.3  

探索日:2014年07月13日


内山-足柄峠ルートは、この平坦路でひとまず探索を終え、来た道を戻る事にします。
Resize_IMG_3695.jpg


セロー君の待つ場所までシングルトラックを下っていきます。
Resize_IMG_3700.jpg


ただいま〜セロー君。
Resize_IMG_3694.jpg


先程、城郭から下ってきた道を今度は登り返しますが、結構な勾配だったんですね。
Resize_IMG_3706.jpg


写真ではいまいちその角度が伝わりづらいので、加筆してみました。この坂を登り切ると西郭です。
201504160954273f3.jpg


浜居場城跡の案内板まで戻ってきました。
Resize_IMG_3709.jpg


更に急勾配を下り…
Resize_IMG_3710.jpg


林道三叉路まで下ってきました。
お次は、右側のダートを責めてみたいと思います。
Resize_IMG_3711.jpg


いい感じのダートですね。
Resize_IMG_3712.jpg


草に見え隠れしながら、ゴム製の排土板が所々に設置してあります。
ハンドルを取られないように注意が必要です。
Resize_IMG_3713.jpg


この辺りは最近整備されたようです。
チェーンを掛けるポールが左右にありますが、チェーンはありませんでした。
Resize_IMG_3714.jpg


ポールから先は草が伸び放題です。
Resize_IMG_3717.jpg


かなり荒れ放題ですね。
突き進みます。
Resize_IMG_3718.jpg


どこが道なのか分からない状況の中で更に追い討ちを掛けたのが、雨水によって侵食された路面でした。すぐ左側は崖になっており、ただでさえ緊張感を余儀無くされるステージですが、所々裂け目が入った悪路に高度なテクニックを要求されます。
Resize_IMG_3719.jpg


荒れ放題地帯を無事にクリアすると、辺りは一変、下草だけのダートに変わりました。
Resize_IMG_3720.jpg


しかし、安心してはいられません。
相変わらずの路面の裂け目は忘れた頃にやってきます。
気を許すと、崖下に真っ逆さまです。
Resize_IMG_3721.jpg


この辺りは穏やかな状況です。
…と言いたいところですが、このすぐ先の草の中に排土板があり、一瞬バランスを崩しました。
Resize_IMG_3723.jpg


おや?先は…!?
Resize_IMG_3724.jpg


終点のようです。
この“オモシロイ”林道をクリアした選ばれし者だけに見る事を許された姿。
道の終わりが私の探索心にも終わりを告げてくれます。
20150414114337c55.jpg


終点の先に見えるのは、木に草に霧…木に草に霧…。
これだけです(^^;)
Resize_IMG_3726.jpg


ここまでは、林道三叉路から約700m程の距離でした。
Resize_IMG_3728.jpg


しっかりお土産を頂きました。
Resize_IMG_3729.jpg


左側(崖側)を覗くと、濃霧で木々の先の見通しは全く効きませんが、この下には矢倉沢の集落があります。
Resize_IMG_3733.jpg


雨がポツリと降ってきたので、休憩もそこそこに来た道を引き返します。
Resize_IMG_3734.jpg


路面の裂け目に排土板のダブルトラップ。
草に埋れて発見が遅れるのでトラップに引っかからない様、ゆっくりと走ります。
20150414114400075.jpg


ここは、かなり裂け目が大きく、危うくハマるところでした。
こういった片側が崖でもう片側が山の斜面の場合、基本的には山の斜面側を走るようにしていますが、路面の裂け目を避ける為に崖側に移る場合は細心の注意を払わなくてはなりません。
Resize_IMG_3736.jpg


こういう変化に富んだ林道は大好きですが、崖に落ちてしまっては元も子もないですね。
危険だと思ったら無理せずバイクから降りて押しながら通過します。
Resize_IMG_3737.jpg


スリルがあるからこそ、オモシロイ体験の出来る林道でした。
Resize_IMG_3738.jpg


今回走ったGPSの軌跡です。
私はいつもRyoteiというGPSロガーアプリを使っています。
20150416115224e15.jpg


速度、標高のみならず、緯度、経度、移動距離、移動方向、移動時間、水平誤差、垂直誤差まで記録でき、誤差もそれ程大きくはありません。24時間記録可能で、好きな時間設定での記録も可能であり、自由度が高く、手軽に使いやすいアプリなので愛用しています。
201504161152235bb.jpg
今回は、歴史ある史跡に幻想的な美しさを感じる事の出来た探索でした。
探索ついでにその土地の歴史に触れてみるのもいいものですね。

今回、参考にした書物は、“小田原市史 別編 城郭”という定価8400円もする古書でしたが、久しぶりに図書館へ出向き、歴史調査してみました。
当時の情景を思い浮かべながらの探索も魅力的でした。


〜終わり〜
スポンサーサイト

Posted on 2015/04/16 Thu. 21:54 [edit]

category: 林道

thread: オフロードバイク関連 - janre: 車・バイク

tb: 0   cm: 5

コメント

霧中散策

流石ですね、浜居場城跡も発掘調査本が図書で紹介されてましたね。
図書館利用もしばらくありませんが、たまには行ってみるのもいいですね。
ryotei、とても見やすいですね。
Android用はもう、あるのかな。

URL | ラオ #9K64Lzaw
2015/04/17 01:18 | edit

Re: 霧中散策

ラオさん

ラオさんも流石ですね。しっかり調べられて“探索心”に火が付きましたかね(^^;)
僕は図書館は約10年ぶりでしたよ。

> ryotei、とても見やすいですね。
> Android用はもう、あるのかな。
残念ながらAndroid用はまだ出ていないようです。このアプリは、軌跡に色が付いていて、速度や標高を選択出来て、それぞれの設定で色を変化させて表示してくれるので、例えば速度に設定すればマップを見て一目でどこでスピードを出していたか等が分かります。

でも、ラオさんがお使いのMyTracksもいいですね。Googleドライブで記録の同期や共有が出来るみたいですね。ブログの掲載にも役立つのではないでしょうか(^^)

URL | かっき〜 #-
2015/04/17 05:31 | edit

スリル満点。

草が生い茂る中の探索は、大変そうですね。
何もない林の中で突然終わる林道は、その後延びるのでしょうか?
霧の中の幻想的な風景を、ありがとうございました。

URL | チェッチェッチェロー #-
2015/04/17 09:29 | edit

Re: スリル満点。

チェッチェッチェローさん

草丈が長い放置林道はトラップが多くて大変ですが、楽しかったですよ。

> 何もない林の中で突然終わる林道は、その後延びるのでしょうか?
この林道を走った時は濃霧で気付きませんでしたが、航空写真で見ると北側(山側)は植林地になっているようですので、植林用の作業道かと思います。今後、延伸するかは不明ですが、矢倉沢の集落からも上がってこれる道が伸びてくれたら繋がって完抜け出来るんですけどね。夢のまた夢かもしれません…。

URL | かっき〜 #-
2015/04/17 23:28 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/04/18 21:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://forestroad.blog.fc2.com/tb.php/59-f41e3279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top